映画の語り部・淀川さんの想い出 < その1 >

◆ ハイ、またお会いしました・・・

 「淀川さんの想い出」つったって、個人的な思い入れはないし、原稿を依頼したり、受け取ったり、といった仕事の上でのお付き合いもない。ただ映画ライターをしていて、各映画会社の試写室に映画を観に行って、その都度、そのお姿を遠くから拝見していたってことにすぎないわけで、そんな程度の事だから「想い出」もなにもないのだが、最近の若い人たちは 田中角栄 すらも知らないというから、ジャズめが抱いている 淀長 ( ヨドチョー、淀川さんのニックネーム。あと〝サヨナラおじさん〟ってもありますね)さんの印象や想い出を書いておいてもいいだろう、と思って、久し振りにブログに載せた次第です。


 今から40年ほど前、中学に上がるか上がらないか、ってあたりから、ジャズ野郎はテレビで放映される映画を見始めましたが、その頃、淀川さんはすでに万人に映画を紹介する、有名な映画解説者であり、博識な映画評論家でありまして、なによりその独特な語り口が楽しいスピーカー( 話芸の持ち主 )でありました。今、テレビ朝日の 「日曜洋画劇場」 (日曜夜9時)の枠では映画をたまにしか放送しなくなりましたが、この番組が絶好調の頃、オープニングとエンディングに登場してその日に放送する映画の紹介を、見どころや監督・スターの話題とともに面白可笑しく伝えていたのが淀川さん。

 そのやや早口でユーモラスな語り口は名人芸の域で、モノクロ・サイレント時代の明治・大正期から昭和の戦前戦後にかけてずっと映画を観ており、大量の映画の記憶を有しているから話題も教養も豊富(確か、生まれた直後の記憶があるとかで、自分が産まれてきた時、母親の胎内から押し出されてくる産道の映像を覚えている、とかなんとかスンゴイ事を語ってました・・・まさに〝ホンマでっか!〟です)。

        だから子供心にも、映画といったら淀川さん。

 映画評論家・淀川長治 という名は、あの人なつっこい黒縁メガネのお顔とともに脳裏にしっかと刻み込まれたのでありました。   〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

映画の語り部・淀川さんの想い出 < その2 >

◆ 名作がテレビで次々と放映された昭和 51 年春・・・

 ジャズ野郎が小学校から中学に上がった年(昭和51=1976年)の春には、テレビで アラン・ラッドの西部劇 『シェーン』 (1953・米) や ナタリー・ドロン ルノー・ベルレー 『個人教授』 (1968・仏) などの名作映画が放送されて、それらを観て「あー、映画って面白いなあ」と思ってたら、映画評論家の 荻昌弘 さんが解説をしていたTBSの 「月曜ロードショー」007シリーズの第1作 『ドクター・ノオ』 (1962・英) が放送されて、それで一遍に ジェームズ・ボンド にイカレた。ジャズと同じ世代の50代前後の人で、映画好きになったって人には、大体この辺りで007映画に出会って夢中になった向きが多いんじゃないかな。

 『ドクター・ノオ』 と 『サンダーボール作戦』 (1965・英) は「月曜ロードショー」で、 『ゴールドフィンガー』 (1964・英) は 水野(晴郎)さんの 「水曜ロードショー」(日テレ) での放映だったと思うけど・・・といった具合に、当時、テレビで映画を紹介したり、解説したりしていた人達には、荻昌弘とか水野晴郎とか 小森和子(小森のオバチャマ) なんて人がいて、あと評論家じゃないけど、フジテレビの 「ゴールデン洋画劇場」 で解説していた「イエ~!」のかけ声でお馴染みの俳優の 高島忠男 がいました。小森のオバチャマは、(テレビ放映の)映画の解説はしていなかったけど、情報番組やワイドショー的な番組で映画について話していた、と記憶してます。
 ただ、映画のコアな話(評判、批評)ってより、男と女の話(色恋沙汰の話)が多くて、ガキのジャズめは苦手だった(小森さんの〝男女の話〟は、昭和60年代になって、より体験的に、より濃密に、より下世話になっていきましたな)。

 とにかく、当時、映画解説者にはこういう人たちがいた。で、その中でも、淀川さんはピカイチだった。やっぱり、名人芸と言われた、あの語り口が魅力的だった。そして、今、お笑いの若手芸人達が売れようとしてキャッチーなウケるギャグをゲットしようと必死だけど、淀川さんにはすでにそれがあった。

 それは、もう、あまりにも有名な「日曜洋画劇場」のシメの台詞--

        「 ハイ、ではまたお会いしましょう。 サヨナラ、 サヨナラ、 サヨナラ 」

 この「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」の後、画面はフェイドアウトして、スターの声をアテた声優さんやスタッフのクレジットが映し出されるのだが、そこにかかっていた重々しい曲が コール・ポーター 作曲の 『ソー・イン・ラブ』 。このクラシック然とした荘厳なエンディング曲を聴くと、

   「ああ、日曜も終わりだな、明日からまた学校かァ・・・」なんて気分が暗くなったもの。

 でもこの曲がコールー・ポーター作曲だったってのは、今から10年ほど前に公開されたポーターの伝記映画 『五線譜のラブレター』 (2004・米) で初めて気づいたんですけどね。軽くてお洒落でセクシーなポーター調と違うんで、「エッ、アレってコール・ポーターなんだァ?!」と、ちょっと意外に思いましたが・・・。   〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


映画の語り部・淀川さんの想い出 < その3 >

◆ 面白かった、年末の正月映画特番

 映画業界の稼ぎ時は、昔からお盆と正月。つまり夏休みの時期と年末年始で、コレにかつての邦画メジャー・大映のプロデューサーの 加賀四郎 (加賀まりこの尊父)が名づけたといわれる ゴールデン・ウィーク (4月末から5月の連休)を加えた3季だと言われている。

 特に正月にはズラッと興行価値の高い大作や秀作がラインナップされますが、ジャズ野郎が中学生の頃は、その公開作の紹介をテレビで特集番組を組んでやってました。こういう番組、今も時々やってますけど、ジャズめが観ていた時のそれは、並んだ作品が良かったせいか、なにかとっても豪華に思えました。正確な番組名は忘れちゃったけど、確か 「お正月映画全部見せます!」 ってヤツです、日テレ系の(他局でも同種の特番があったと思う)。
 当時はまだ アラン・ドロン の全盛期(のやや落ち目になり出した頃)で、お正月映画っていえばドロンの新作がかならずフィーチャーされていた。憶えているのだけでも 『フリック・ストーリー』 (1975・仏=伊 ) 『ブーメランのように』 (1976・仏)とか。大作では 『キングコング』 (1976・米、ジョン・ギラーミン監督版) 、『カサンドラ・クロス』 (1976・伊=英=西独)、ピーター・フォンダの 『アウトロー・ブルース』 (1977・米)とか。いや、もっともっと有名どころがあったハズだけど、今、パッと頭に浮かぶのはこんなところ。

 ア、イーストウッド 『ガントレット』 (1977・米)も、その頃の正月映画だった! コレは初めて見た時よりも、その後、見返した時の方が面白く、楽しめましたね。オープニングの呑んだくれてヘベレケになった刑事のイーストウッドが夜明けの街を情けない格好でブラついているところにかかる、気だるいテーマ曲をあの アート・ペッパー が吹いている、なんて事は、ずっと後に気付きました。ジャズ&ブルース好きのイーストウッドだからペッパーを起用するなんて造作もないこと・・・と今なら分かるけど。

 ア、これまたついでに言うと、イーストウッドの新作 『ジャージー・ボーイズ』 (イーストウッドのミュージカル! マジか!)には感激しました! 今年のジャズめのベストワンです (9月27日公開)。

 話が横道に逸れました。とにかく、この「お正月映画全部見せます」で紹介された映画をせっせと観に行ったわけですけど、実は事前に映画誌 「スクリーン」 「ロードショウ」 で正月にどういう作品が公開されるのかは大体知っていて、知っているけど、予告編やクリップ映像を改めて見て「ワー、凄いなぁ、こんなシーンあんのか!」なんてやってるわけです。ソレが楽しかった。

 今は事前に新作の情報を入れたくないので、ネットや何かでサラッと「文字」で仕入れて、映像はあまり見ないようにしてます。観ちゃうとつまらないから・・・で、実際に観てホントにつまらないと、作り手を恨むばかりじゃなく、自分をも呪いたくなるでしょ。


                イジましいですな、映画ファンってのは。

 
 で、この「お正月映画全部見せます」には、あるお約束のオフザケがあった。そのおフザケに淀川さんが関係しているんです。さー、なんでしょう???   〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





映画の語り部・淀川さんの想い出 < その4 >

◆ 小松政夫による、史上最笑の淀川モノマネ <前篇>

 この 「お正月映画全部見せます」 式の番組というのは、局アナや芸人さん、タレントさんがMCで出て来て、順序よく作品を紹介してゆく。大体、目立つ大作っていうのは洋画だから、例えば 『007/私を愛したスパイ』 (1977・英) とか 、『ジョーズ2』 (1978・米)とか、 『マッドマックス』 (1979年・豪、今、来年公開の新作 『マッドマックス 怒りのデスロード』製作中)あたりから紹介されていき、中頃あたりで〝男はつらいよ〟シリーズとか〝トラック野郎〟シリーズ 、加えて 高倉健&吉永小百合 が共演した 『動乱』 (1980、コレは正月第二弾だったかな。劇中、札幌は中島公園にある 豊平館 が大本営本部かなにかの軍司令部として出てくる)なんて邦画の目玉(特作)が出てくる。

 MCの局アナやタレントさんは紹介作品の間をつなぐわけですが、「お正月映画全部見せます」だとそのツナギの途中で〝淀川さん〟が出てきて(!)、作品解説をする。「日曜洋画劇場」はテレビ朝日で、当時の淀川さんはいわばテレ朝専属みたいな感じがあったけど、他局にも出てました(テレビ東京では「淀川長治 映画の部屋」って新作映画の紹介番組もやってたし)。NHKにもよく出ていた。
 でも、こういう映画特番で日テレに出てくるのはちょっと、なんだか、場違いみたいな気がするナ・・・と思っていたら、この〝淀川さん〟は淀川さんじゃないのですな。小松政夫さんのモノマネなんです。

 小松政夫 さんってコメディアン、今の若い人は馴染みが薄いかもしれないけど、植木等の運転手から芸人に転身して、植木ほかクレージーキャッツの面々とザ・ピーナッツが出ていた伝説のTVバラエティ 『シャボン玉ホリデー』 とか当時のお笑い番組で人気を博した笑芸人。
 一番有名なのは、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったアイドルの キャンディーズ がコントをやってた、テレビ朝日のバラエティ 『みごとたべごろ笑いごろ』 で、派手な猛獣使いの衣裳を着た 伊東四朗(ベンジャミン伊東) さんとともにやった〝電線マン〟のコント。

   「 人の迷惑顧みず、やってきました、デンセン音頭~ッ! 」
 とベンジャミン伊東がけしかけるように紹介すると、

   〝 チュチュンがチュン! チュチュンがチュン! 〟
 の合いの手にのせられてテンション高の小松さんがちゃぶ台に上がり、

   「 デンセンに~ッ! 雀が三羽とまってたァ・・・ 」

 と唄いながら(いや、絶叫しながら)踊り狂う、という何がなんだか分からないシュールな寸劇というかコントが人気を博した。

 かと思うと、思いっきり悲愴なポーズで小松さんがさめざめと--

    「し~らけ鳥、飛んでいく、南の空へ、ミジメ、ミジメ・・・」
   
 と唄う「シラケ鳥の唄」って定番ギャグ(っていうかコミックソング)もあって、とにかく全力投球でやってました・・・コレ、今、DVDが出てますから、そちらをご覧あれ。      〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





映画の語り部・淀川さんの想い出 < その5 >

◆ 小松政夫による、史上最笑の淀川モノマネ <中篇>

 しかし、ジャズめは〝デンセン音頭〟や〝シラケ鳥〟のような派手なヤツよりも、小松さんが時々発する、小松さんならではの、特異で意味不明なコトバの数々(ギャグといえばギャグですかネ)! コイツが好きだった。
 それは大体、鼻唄を歌うような、いい調子で語られるもので--

         ♪ ニントス・ハッカッカ、ハァ、ヒジリキ・ホッキョッキョッ ♪

と、意味のないコトバを早口でポッと言う。コレがその前後の間(マ)がいい事もあって、もう腹を抱えて笑っちゃうわけです。
 「ヒジリキ・ホッキョキョ」ッて何? なんてマジメに考えちゃダメですよ! 意味なんかないんだから。コレ、すべて小松さんの巧妙かつシュールな言語感覚からくる、インスピレーションの賜物です。
「ニントス~」以外にもこういう小松コトバってあって、あと好きだったヤツ(ダジャレ)に、小松さんが他の人と喋ってて、いきなり、

     ♪ アー、アレいいねッ! アレよし、アレよし、アレよし(有吉)佐和子 ♪ 

 とダジャレる・・・アハハ、クダラね~!
 コレ、作家の有吉佐和子がその場にいたわけでも、話に出て来たわけでもない。ただ〝アレよし〟と〝有吉(アリよし)〟の語呂が似てるから、「有吉佐和子」って言ってるだけなんだけど、そんな人を突然出してくるところが凄い。

         このコトバ選び(チョイス)のセンス、天才ですな。

 でも一般的な小松政夫のイメージ(ギャグ)は、オカマ口調になってすねる--

    「シラナイ、シラナイ!」
     とか
    「ドーシテ、ドーシテ○○なの? オセェーテ」
     とか、
   十円ハゲのあるカツラをカブった小学生姿の小松さんが、母役の伊東四郎に向かって言う、
    「おカアーたま(お母さん)!」
     とか、
    ヤクザの親分に扮した着流し姿の小松さんが、子分に呼ばれて、奥から--
    「ズンズンズンズンズンズンズンズン、小松の大親分!」
    と自ら言いながら登場してくる・・・。

 そして、困った状況になって責められそうになると、両手をこめかみに当て、顔の皮を後ろに引っ張りながら、両目を細~~~く横に伸ばして--

    「ドーカ、ひとつ、長~~~い目で見てヤッテください!」

     と哀願するポーズですかネ・・・アハハハ、思い出したら笑っちゃう。

 とにかく、ジョークを言うときに、何故かオカマ口調になったり、ノドを詰まらせたようにして 「アハッ、アハッ、アハハハーーッ」 とエヅいたように笑うのが、いわゆる小松政夫流です。 〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
19位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR