市川團十郎、節分の日に逝った事の意味

 去る2月3日、歌舞伎の大名跡である第十二代・市川團十郎が急逝した。そしてその日は節分であった。歌舞伎や梨園については何にも知らず、狂言(演目)を1本も見たこともないジャズ野郎が言うのも何ですが、「まさか、節分に逝くとは…」とちょっと絶句しました。
 なぜ絶句したかというと……いや、その理由を言う前に、歌舞伎役者・市川團十郎が持つ重い意味について、読みかじった各種の歌舞伎書籍をもとに説明してみましょう。

 初代の團十郎は万治3年(1660)江戸の和泉町生まれ(通説)。團十郎の父は名を堀越重蔵(または十蔵)といい、この初代は由緒ある役者の家に生まれたといいたい所ですが、先祖は武田・後北条の浪人だったというから武士の出です。初代の幼名は“海老蔵”といいますが、その由来は-

 父の重蔵の頃から江戸の劇場街にほど近い和泉町に住みついた。この人はなかなかの利け者で地主組合の組合長になり、町の顔役でもあった。一方またその当時有名な侠客であった唐犬十右衛門とも親交の間柄にあり、彼自身、菰の重蔵とも呼ばれる侠客仲間でもあった。それで、初代団十郎が万治三年(一六六○)に生まれた時、侠友唐犬十右衛門はみずからその名付け親になって、これに海老蔵と命名したと伝えられている。
                  (『人物叢書 市川団十郎』西川松之助、吉川弘文館)


 父の重蔵は侠客の唐犬十右衛門(とうけん・じゅうえもん)と関係があっただけではなく、自身も“菰の重蔵”と呼ばれる盗賊であったとの説もあり、顔役としても顔が利く、いや市川家のお家芸に倣って言えば“にらみ”が利く剛毅な男だった。 
 ということで海老蔵という幼名を付けたのが侠客、つまり“ヤクザ”で、父親もそれに類する“顔役”であったという、この2点をまずはご記憶願いたい。

 この14才の初代団十郎は中村座で、悪霊を成敗する坂田金時というスーパーヒーローを演じて大評判をとる。この狂言「四天王稚立(してんのう・おさなだち)」は要するに“大江山酒天童子”で知られている妖怪退治の物語で、長谷川一夫(酒天童子・役)・市川雷蔵・勝新太郎・本郷功次郎(坂田金時・役)共演で映画化もされています(昭和35=1960年・大映京都、田中徳三監督)。
 この時、団十郎は“荒事”という派手で豪放な、今でいうなら超ダイナミックなアクション演技を創始したと言われ、並みいる役者達を押しのけてドンドン出世し、芝居の台本作りも手掛けて一座を取り仕切る座頭に成り上がる。座頭は演出・脚本・主演と何役もこなし、芝居全般を一手に引き受けて指揮する大立て者(ワンマン)ですが、中でも團十郎はその神がかった人気ぶりから“お江戸の守り神”としてまさに神的な存在に祭り上げられる。そして、そこには成田山との関連があった。

 代々の団十郎は下総国(千葉県)成田山新勝寺の不動明王を信仰し、舞台でしばしば不動尊像の分身になって示現する「分身不動」を見せた。そして屋号を成田屋と定めた。このことも団十郎を指して「江戸の守護神」「役者の氏神」などと讃仰する傾向と深く繋がっている。
                       (『市川團十郎代々』服部幸雄、講談社)
 

 上記の服部先生の解説の中にある、分身は“ぶんしん”ではなく“ふんじん”と読み、それは--

“團十郎が不動明王に扮して登場するのではなく、不動明王の憑依を得て、不動明王そのものになって示現するという、宗教的な観念を表現する”                       (前掲書)

という意味で、團十郎が不動明王を“演じる”のではなく、憑依、つまり不動明王が天から下りてきて團十郎と一体化し、不動明王そのものとなって芝居小屋の舞台(ステージ)にまかり出て、江戸町人の前で悪霊や悪者を懲らしめた(懲らしめる芝居を見せた)。不動明王本人が目の前で悪党どもをやっつけてくれるのだから、これに憑依された團十郎が観衆からヤンヤ、ヤンヤの喝采を浴びたのは当然で、成田山とも強い結びつきが生まれた。屋号の“成田屋”もここからきている。

 だから成田山新勝寺では、邪や悪運を象徴する鬼を退散させる節分の日には、歴代の市川團十郎が豆をまくのが恒例になっている。新勝寺には重要な行事がいくらもあるでしょうが、年末年始の初詣に匹敵する最大のイベントはおそらく團十郎が参内するこの節分でありましょう。鬼退散の豆まきの日は、大相撲の横綱や俳優、アイドル、人気タレント達がまいてもいいが、とにかくそこに市川團十郎がいないとお話にならない。

 今年、十二代目が永眠したのは、よりによってその節分の日だった--こんな因縁、そうあるもんじゃない。
〔続く〕

※出典及び参考文献 :『人物叢書 市川団十郎』 西川松之助、吉川弘文館 /『市川團十郎代々』 服部幸雄、講談社 /『大江戸歌舞伎はこんなもの』 橋本治、筑摩書房



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

市川宗家を貫くワイルドな血脈

 ただし、市川宗家としては十二代目が今にも息を引き取るという段であっても、成田山に詣でて、大勢の参集者に豆を投げねばならない。
 そこで今年は息子の海老蔵が代参した。己の増長萬から暴力事件を招来して大怪我を負い、「團十郎の後継者という威を借るドラ息子」という印象がぬぐえない中で、死に向かう父に代わって豆をまいていた海老蔵の胸中はいかばかりであったか--。

 ここで前コラム【市川団十郎、節分の日に逝った事の意味】で念押しした “ヤクザ”“顔役” を思い出して下さい。そしてあの暴力事件の時に報道された、顔を殴打され血だらけになって這々の体で逃げ出した、という海老蔵の状態をそこにダブらせてみる。
--ねッ、一つに繋がるでしょう。そうなんです、市川家とはもともとそうした因果に絡んだ、相当にワイルドな客血をはらんだ一族なのです。だからジャズ野郎は海老蔵事件の時、「あー、やっぱり血は争えないもんだなー」と思ったのです。

 市川宗家の、市川團十郎の、“何がヤクザか、どこが因果か”、といえば、そもそもその初代が人に殺された、という事実からしてそうなのです。この江戸の守護神、神のように崇められ、ギャラを800両もとった初代・團十郎は、元禄末に舞台の幕間(中休み)に楽屋で役者仲間の生島半六に刺し殺されている! その原因はいろいろ取りざたされていますが、高額なギャラをとり、“江戸歌舞伎において市川團十郎に並ぶ者なし(=随市川)”となった團十郎の高慢・怜悧が恨みを招いたとも言われており、天保期の8代目に至っては32才にして謎の自殺を遂げている……。

 人の注目(好事)や金銭が集中する芝居や芸事には、売れる売れないの運・不運、当たる当たらないの縁起の善し悪しがつきまとい、それを行う者は霊怪な出来事(災難)に見舞われる事がしばしばある。
 市川宗家は“随市川”と呼ばれて、江戸歌舞伎イコール市川家のような巨大な名跡であるが、巨大なだけに被る災難も多大なのです。

 やがて十三代目を襲名する今の海老蔵、彼が今年まいた豆が悪縁を追い払ってくれれば良いが、まだ自分の蒔いた暴力事件の“種”すら拾えていないように見えるんですが……。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >




号外コラム  今一番気になる〝逃げてるふたり〟

◆ エドワード・スノーデンとローラの親父 <前編>

 洋の東西(日本とアメリカ)で、同じような出来事が期せずして同時期に起こる、って事が、事実あるもんです。

 アメリカによる盗聴行為をバラした元CIA局員のエドワード・スノーデンと、日本の人気モデルでタレントのローラの父親ジュリップ・エイエスエイ・アイ(長いので、以下、ジュリップ)、このご両人、ともに自分がいた国を出国して他国へ〝逃げている〟。

 映像を見ると、エドワード・スノーデンはオシャレな眼鏡をかけてて、いかにも優インテリ風なソフトな面持ちで、ハリー君を彷彿とさせます・・・ハリー君ってのは、ハリー・キャラハン(『ダーティハリー』クリント・イーストウッド 扮する刑事の役名)じゃありません、『ハリー・ポッター』のハリー君です。あの夢見がちな童顔はまさにハリー・ポッターって感じですが、映画のハリー君に似て、彼も過剰に正義漢であったのか、国家公務員法(日本の場合ですが)違反も守秘義務違反もめげず、アメリカ政府がやっていた(というか、ヤラセていた)盗聴行為を暴露して、祖国を飛び出し、今や〝流浪の民〟となっている。
 モスクワの空港で足止めされている、との噂だが、ロシアを訪問していたボリビアの大統領が「国へ帰ろっ」と乗りこんだ専用機にスノーデンが乗ってる、との情報(デマ?)が流されて、ウィーンに緊急着陸させられたり、その機が上空を飛ぶのをフランスやポルトガルが拒否したり、とまさにスパイ映画ばりの面白さで、毎日楽しませてもらってマス。






 ジャズ野郎はこれを勝手に〝スノーデン・アイデンティティ〟と呼んでいますが、もうアレですな、次の007の企画は決まりですな。
 『007/ジェームズ・ボンド vs スノーデン』です・・・なんか『エイリアン vs プレデター』とか『カウボーイ & エイリアン』みたいですが(主演がダニエル・クレイグだから『カウボーイ&スノーデン』の方が適当か)。あ、『007/スノーデン・フォール』 『慰めのスノーデン』 なんかでもいい(ま、どーでもいいんです!)

 ジャズ野郎の読みでは、スノーデン氏はすでに暗殺されていて、スノーデン氏にクリソツに整形したCIA局員がエクアドルの空港かどっかでアメリカ側に拘束され、刑務所にブチ込まれて、そこで回想録かなんかを書く。速効、死刑になっちゃえば、回想録は無理ですが、おそらく〝恩赦〟かなんか与えて釈放してやり、「アメリカ政府はこんなに心が広いんだゾ」ってな事を内外にアピール。その一年後、スノーデンは謎の自動車事故で死亡する・・・という暗殺を匂わす暗雲たる結末でチャンチャン(終り)!

 いや、本当のスノーデン氏は殺されずに、殺されたように見せかけて姿を隠し、身分を偽ってどっかの国に潜入しているのかも(となると『スノーデンは二度死ぬ』ですな)。
 そうなると、一番隠れやすいのは日本ですな。すると、 〝スノーデン・スプレマシー(第2弾)〟 は日本が舞台、って事になる。東京は新大久保のコリアン・タウンに、コリア好きの米国人を装って入り込み、ほとぼりを冷ます・・・実際、 『地獄の黙示録』 (昭和55=1980年)がその出来も批評も興行も不本意に終わった時、ヤケッパチになった フランシス・F・コッポラ監督 はあの辺(新宿~大久保界隈)に安アパートを借りて数カ月フテ寝してたって話(って村上龍が書いてたか、テレビで喋ってた。村上龍ですぞ、春樹じゃありません)だから、スノーデンがいたって不思議じゃない。
 でもって、アレですよ、日頃、アメリカ政府に従順な日本政府がこの時ばかりはなぜか反旗を翻して、スノーデンを掌中〔拘束〕にしてなかなか米国側に渡さない。
 そして--

「スノーデンを渡すから、その代わりに沖縄の米軍基地と交換だ! (米軍基地の土地を沖縄の地元民に帰せ)」

 てな、日米安保条約を破棄しかねない要求をして、オバマ(政権)を慌てさせる・・・。

 完結篇の 〝スノーデン・アルティメイタム〟 (好評につき第3弾!)となると、さらにタイヘンです!
 アメリカを裏切ったハズのスノーデンは、自分を匿ってはくれたが「米軍基地撤廃」を言いだした日本政府に不信感を抱き、ついに「親方日の丸」を裏切って(アメリカを裏切って、さらに日本を裏切る、となるとこれはもうトリプルクロスという事になる)、自分さえこの国(日本)にいなくなれば交換条件は成立しなくなる、と日本脱出( 吉田喜重 監督の映画にありますな、 『日本脱出』 〔1964年〕ってのが!)を図って中国に入り、シルクロードを西下して、イスタンブールにむかう。

 その頃になると、トルコは エルドアン首相 によって反政府派は制圧されて暗黒支配となっていて(コレ、あくまでも仮説です)、スノーデンはまたまた正義派ぶりを発揮してエルドアン政権打倒の裏工作に奔走し、NATO軍=アメリカ軍の介入を誘導し、ついでにアメリカ軍は揉めてる近隣のシリアやエジプトなんかもまとめて攻撃〔制圧〕してイスラム勢力の弱体化を図る・・・・とこうなると、アメリカの盗聴工作を暴露した、ってのはイスラム撲滅を最終目標とした 〝予定の行動〟 ってことになるわけですが、ここまで描くとなると〝アルティメイタム〟の第3弾では足りませんな。
 〝ロード・オブ・ザ・スノーデン〟 ってな4作目をこさえないといけない(〝ボーン〟シリーズから〝ロード・オブ・ザ・リング〟シリーズへ!)・・・コレ、すべて、ジャズ野郎の創作(妄想)ですからネ、真に受けないように ( って、受けるかい! )。    〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





号外コラム  今一番気になる〝逃げてるふたり〟

◆ エドワード・スノーデンとローラの親父  <後編>

 〝スノーデン・アイデンティティ〟4部作に夢中になって、ローラの親父さんの事がすっかり後手になってしまいましたが、ネットで紹介されているローラの幼少期を読むと、もー同情を禁じ得ませんな。
 ローラが生まれた後、ロシア系二世の生みの母は家庭を捨てて逃げ、親父のジュリップさんは中国系の女性と再婚するけれど、ローラの下に双子の弟がいて、その中国人の継母にも子供がいたり、その親(ローラにすれば祖父母)もいて、一時期、東京・国立(くにたち)のアパートで家族8人が同居していた、という。
 この同居してたのが平成11年(1999)あたりだってことで、その頃、ジャズ野郎は隣町の国分寺に住んでおり、よく国立に遊びに行ってたから、どっかでローラとすれ違っていたかもしれない。それを思うと、より情が深まります。
 「オッケー!」なんてノーテンキに叫んで、ホッペの横に指の輪っかを当ててノンシャラン、って感じだったローラにあんな辛い過去があるなんて・・・学生時代は双子の弟達をお守りして(オシメを替えてたとか・・・まるで〝昭和〟じゃないか)、家計を助けるためにホームセンターでバイトもしていたとか。

 ムムム、苦労してんのね・・・。

 先日放送された『いきなり黄金伝説』の3時間スペシャル(6月27日放映、テレビ朝日系)、トカラ列島・宝島での「よゐこ」浜口とのサバイバル対決では、意外に賢く器用なところを見せていたローラだったが、あれは苦労した子供時代に身についた〝智恵〟だったのか。

 とにかくローラの父ちゃん、早く日本に帰ってこーい!

<コレはおふざけじゃありません。ジャズ野郎の心からの叫び、お願いであります>

 このままずっとバングラディシュに居続けしてると娘の好感度も下がっちゃう。世論はそんなに甘くない。一番同情されてる今の時期に、「スンマセン…」って帰ってきて頭を下げれば、ローラもアナタも(恐らく)許される(ジュリップ氏の方は、勿論、それなりの償いはさせられるでしょうが)。

 いや、もしかしたらローラの親父は、当局(日本の警察)の追及を逃れて、バングラディシュを出てイスタンブールに入り、そこにも居られずにシリアかエジプトへ逃亡することに・・・と、それじゃ、また〝スノーデン・アイデンティティ〟になっちまう! ・・・おアトがよろしいようで。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >



  

ブログ1周年記念エッセイ <フィルムに埋もれる> その1

◆ 編集機材を借りてはみたけれど

 今日1月16日でちょうど 1周年 と相成った当ブログ。
 昨年の同日にアップした「大島渚もまた死す」がその第1回でしたが、つい先日も淡路恵子さんが亡くなったので本来ならば淡路さんのことを書くべきかもしれません。でもいつも他人の書いた映画本・書籍の引用ばかりしているので、たまには自分のことを綴りましょうか。来週までアニバーサリー・ウィークということで〝10日間〟ほど、回顧談をアップします(清水宏監督の話は、またしてもしばしお休みです)。お付き合い下さい。

                    *****

 ずっと以前に書いたコラムで、ジャズ野郎が大学で松竹や日活で活躍した〝コバケイさん〟こと小林桂三郎監督に教えを請うた事を書きましたが (2013年5月11日付【Coffee Break 監督と助監督 その3 〔松竹編〕 】) 、その学校を卒業するためには1本、映画を撮らなくちゃいけない。この卒業製作、ビデオで作ってもよかったけれど、「映画」を撮りたくてそこに入ったのだから、4年の卒制は当然、16㎜のフィルムで撮りました。
 今、振り返っても〝地獄だった〟としか思えない、約半年にわたる(てんやわんやな)撮影を終え、ようやく編集に入ったのが10月だったか、11月だったか。
 校舎4階の編集ルームに、朝から晩まで居座って、フィルムを切ったり繋げたりする毎日。
 編集は、最初(タイトル、オープニング・カット)からドラマ部分を経て最後(ラストシーン、エンドマーク、クレジット)まで繋いでいくわけですが、その編集には鉄製の支柱がついたリワインダーとかモニター画面のついた編集機(ホントは映写機器だけど、面倒だから編集機で通します)などの一式が必要となる。もしこれらを移送しようとすると、重い上に嵩張るから、車に積まないと運べない。 

 で・・・編集室に入って1ヵ月程すぎても、ジャズ野郎は自作の編集を終えられなかった。たかが30分内外の他愛のない寸劇(もはや映画とは呼べません)にも拘わらず、不器用ゆえに編集作業はちっとも捗らない。
 そして年末。大学は正月休み。その間、学校は閉まり、編集室にも入れなくなるから、編集中であろうが、なんだろうが、我々映画学科の学生の製作はストップということになる。
 だが、「それじゃ、オレの映画は完成しない」と思い、焦ったジャズ野郎は担当講師に頼んだ。

「年末年始の間、編集機材を下宿に持ち帰ってもいいですか!」

 と、こんな感じで言ったかどうか覚えてないけれど、実際、借りてこられたわけだから、そんな事を言って頼んだのでしょう・・・いや、本当を言うと自分から頼んだ記憶もないのです。だから・・・きっと、その担当講師に

「お前は作業の進行がノロいから、フィルムと編集機を家に持ってって、やってこい!」

 とドヤされた。ウン、コッチの方が正しい。なにせ、その講師(現・教授)は高圧的で、年がら年中、上からガミガミ言ってるオッサンでしたから。
 とはいえ、そんなふうにガミガミ言わないと「ヤレない」のも事実でして、だからジャズ野郎はこの講師の事を悪く思ってないし、むしろ、「卒業」させてくれたから恩人だと半ば感謝もしています。
 とはいえ、「家に持ってって、ヤレー!」と怒鳴ったその講師は、こう釘を刺した。

「いいか、この編集機材は高いんだ。だから本来は門外不出、貸し出しちゃいけないことになってる。そこを曲げて、特別に貸すんだ。だから、いいか、正月明けの学校初日、朝イチに機材を持ってきて、返却しろ。もし遅れて来たら・・・」

「遅れたら、何なんですか?」

「ブン殴るからな!」

「 ・・・ 」
                                        〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
17位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR