巨匠のムチャブリ-黒澤明 『トラ・トラ・トラ!』事件の真相 その1

 日本映画にはいろんなタイプの名監督、個性の強い大監督がいるが、大監督とて人間である。いつも衆目を唸らせるような名演出・名采配をするばかりではない。むしろ彼らは公私にわたって「エー、なんでこんなマヌケな事やっての?!」とか、「助監督をそんなに殴ったり蹴ったりして、それでもアンタ、人間か!」と思われるような事をしでかす、とんでもなくヒドい奴らである。これから当ブログでは数ヶ月間は、こうした日本映画史に残る、とんでもない大監督のトラブル誌を「巨匠のムチャブリ」 と題してお届けいたします。

 まず、その一番手はやはり、日本の映画監督でもっとも知名度の高い、世界のクロサワ、こと黒澤明監督(1910-1998)から--。

                    *****

 田草川弘氏が著した『黒澤明vs.ハリウッド』 (文藝春秋)は、黒澤明監督について書かれた書物の中で、最上のひとつである。この本と、黒澤作品『七人の侍』等で助監督を務めた堀川弘通の『評伝 黒澤明』(毎日新聞社)、そしてやはり黒澤監督と脚本を共作した黒澤シナリオチームのひとりで大脚本家・橋本忍の『複眼の映像』 (文春文庫)、この3冊を合わせて読めば黒澤映画と黒澤明のことはほぼ分かる。といっても、この3冊を読みこなすには、クランク・イン(アップ)、ラッシュ、「どんでん」などといった映画用語や業界言葉、映画製作全般に関する理解、そして何より黒澤映画についてのマニアックな教養がなければ無理ですが……。

 『黒澤明vs.ハリウッド』は世界で最も知名度の高い日本の映画監督に関して、ファンはもちろん誰もが知りたかったある事件の真相、つまり1968年末、真珠湾攻撃を描くアメリカ映画『トラ・トラ・トラ!』の撮影中に起こった、黒澤明監督解任事件の全容をついに白日に下に晒した点で非常な価値がある。今までも様々な黒澤研究本でその事件の概容や細部は伝えられてきたが、監督解任の前後、撮影現場の黒澤監督に何があったのか、といった核心部分は謎に包まれていて〝籔の中〟であり、黒澤監督が小道具に紛れ込んでいたヤクザの「果たし状」に激怒して助監督を一列に並ばせて殴った、とか、東映京都撮影所のセットの窓を壊して京都太秦署に逮捕された、というとんでもない事件の数々は、「果たし状」が「血判状」になったり、太秦警察に「逮捕」ではなく「自首」したのだ、という具合に細部が違って伝えられ、「いったい何が真実なんだ?」と多くの黒澤ファンを長く戸惑わせてきた。

 この度、田草川氏が膨大な調査の末に解明した真相の数々は、彼が『トラ・トラ・トラ!』の日本語版シナリオを英語台本に直す翻訳者として黒澤監督に雇われたため、映画を製作するアメリカの映画会社20世紀フォックスとの脚本改訂や打ち合わせなどの場面で監督と行動を共にし、実際に目撃・関与した事実を元に掘り起こされている。だからその信頼性は他の黒澤本の比ではない。
 とはいえ、田草川氏は東映京都撮影所で黒澤監督による珍事件が頻発した時、肝心の撮影現場にいて密着していたわけではない。しかし綿密な取材によって明らかにされた撮影前の情況や、撮影所で発生した12件ものトラブルの詳細は今まで伝えられてきた真相の中でもっとも確度が高く、しかも抜群に面白い!
 
 その12件のトラブルとは--

【 照明器具落下事件 】
【 夏服事件 】
【 果たし状事件 】
【 カーテンのしわ事件 】
【 ヘルメット、ガードマン事件 】
【 本棚事件 】
【 ガラス割り事件 】
【 鍵谷の控え室事件 】
【 壁塗り直し事件 】
【 神棚事件 】
【 壁壊し事件 】
【 屏風事件 】


 などで、これらを通じて、これぞ〝ムチャブリ〟 という巨匠の奇行と素顔を覗いてみることにしましょう。  〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

巨匠のムチャブリ-黒澤明 『トラ・トラ・トラ!』事件の真相 その2

◆ すべては【照明器具落下事件】から始まった

 照明器具とは映画撮影用のライトのことである。5キロ、10キロなどとワット数が増えるに従って外観やレンズが大型化するムービー・ライトはセット撮影の必須のアイテム。この大振りな鉄の塊が演技者を照らすセットの上部から落ちて、俳優やスタッフにでも当たれば大けがはもちろん、当たり所が悪ければ死に至る。

 そんな取り扱い要注意な危険物がいきなり黒澤監督の目の前にドーンと落ちてきた。撮影に入って3日目の1968年12月4日のことである。咄嗟に監督は

「オレは京撮(東映京都太秦撮影所)の連中(スタッフ)に命を狙われている

と思い込んでしまい、妄想が膨らんで後にさまざまな異常行動を起こすようになり、スタッフに過剰な無理難題をふっかけるようになっていく。

 もともと黒澤監督というのは、完全主義の指針のもと、撮影中にムチャな要求をする事が多い。
 侍武将役の三船敏郎に向かって夥しい弓矢を本当に射らせて、三船に死ぬほどの恐怖を味あわせたり(蜘蛛巣城)、キャメラのフレームに入る一軒の民家を「あの家が邪魔だ」と取り壊させて、撮影後に同じように復元したり(天国と地獄)、といった話はあまりにも有名である。これらのムチャブリは黒澤明の偉大さを示すもので、「なッ、だから黒澤映画は凄いんだよ」といった感じで黒澤伝説を過剰に喧伝してきた。

 しかし、殊、『トラ・トラ・トラ!』で彼が引き起こした事件の数々は巨匠の名を貶める、常軌を逸した、みっともない、情けない失態の数々で、その12件もの事件は自身の偉大なキャリアに泥を塗るようなラインナップである。
 そのすべてが、撮影現場レベルで見る限り、このライト落下に始まっている。もっともライトが落下したといっても、それで黒澤監督が怪我をしたわけでも、他のスタッフが怪我をしたというわけでもない。みな無事で、普通なら「あー、ビックリした。気をつけろ、コノヤロー!」ですむことだが、黒澤監督は「命を狙われている」と過剰反応して、疑心暗鬼を深めてゆく……。   〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





巨匠のムチャブリ-黒澤明 『トラ・トラ・トラ!』事件の真相 その3

◆ 東映京都撮影所に漂う、侠気な気風(ムード)  <前編>

 “命を狙われている”と思い込んだのは、当時、東映はヤクザ映画全盛で、撮影所内には着流し&雪駄姿の扮装をした役者や賭場の監修などをしにきた本物のヤクザがうろちょろしており、ヤクザ嫌い(ヤクザ映画も当然忌避)で知られる黒澤監督は、彼らから襲撃されるのではないかと身の危険を感じていた。

 また黒澤監督と東宝助監督時代から親しい佐伯清監督によると、黒澤監督はセットに向かう時、仁侠映画を撮影しているステージを嫌い、その前を避けてわざと遠回りしていたという。ヤクザ映画を撮っていて、そこに本物のヤクザがいたとしても、別に黒澤監督を襲ういわれはないのだから、ドーンと構えていればよいものを、この時の黒澤監督はナーバスな状態であったから、そうした野卑な雰囲気(この時の京撮には“黒澤明がなんぼのもんじゃい”とか“世界のクロサワのお手並み拝見といきましょうか”といった、小馬鹿にしたような雰囲気が多分にあったと、深作欣二監督が語っている)に過剰に反応してしまう。

 黒澤監督の初期の代表作である『酔いどれ天使』 (昭和23=1948年)は、三船敏郎のヤクザを主人公にしたヤクザ哀詩ともいうべき作品だったのに、当の監督は大が付くほどのヤクザ嫌いなのである(ヤクザが好きだ、という人はそういないと思うが・・・)。

 しかし・・・黒澤監督は知っておくべきだった。いや、同じカツドウヤなんだから、その意味することは分かっていたハズである。東映京都撮影所でライトが落っこちてきた、その真の意味を。これは(偶然の)事故ではない、故意である。

 ただし、それは黒澤監督が察したような、命を狙うといった殺伐としたものではなく、
「京撮へようこそ」といった名刺代わりの挨拶なのである。

 東映京都で、セットでライトが落ちてくる、ライトを落とされる、というのは外部からやってきた映画人に対して、「わてらをなめたらあかんデー」というスタッフからの“威嚇(警告)”なのであり、実は多くのスターや監督がこれをやられている。

 一例を挙げれば、宍戸錠。彼が『三池監獄・凶悪犯』 (1973年、小沢茂弘監督)に出演するため京撮に赴いた時、多くの取り巻きを連れていき撮影所内を練り歩いていた、という。するとセットで足もと30㎝のところにライトが落ちてきた。震え上がった彼は、京撮スタッフの反感を察してそれまで連れ歩いていた大勢の取り巻き連を東京に帰し、心を入れ替えて撮影に臨んだという(『嗚呼!活動屋群像』土橋亨、開発社)

 余談だが、この時期の東映京都の作品で、三下(さんした)役やチンピラ役などでちょくちょく顔を出していたのが川谷拓三(彼の父は元・映画キャメラマンで、彼の義父、つまり奥さんのお父さんはサイレント期の監督・仁科熊彦である)である。彼は、他愛ない殴られ役や殺され役で3000回死んだ と豪語するバイ・プレーヤーで、大概の過酷な扱いには慣れて平気だったが、中でも「これは死ぬ」と思うくらい酷かったのが、この『三池監獄・凶悪犯』だった。川谷は自著でこんなふうに書いている。

 映画界は狂気がなければ生きていけないと先ほど申し上げたが、狂気になることの好き嫌いは別にして、人間であることを忘れ本当に狂わなければ、本当に死んでしまうことだってある。

 その典型例が『三池監獄』という映画である。

 この映画のロケは、今までの僕の役者人生の中で、最も苛酷なロケとして脳裏に焼きついて離れない。もっとくだけた話をすれば、できうることなら二度とこんなロケはご免だ、とまで思う映画である。
 この映画で僕がいただいた役というのは、名もない囚人。当然のように台詞もない。鉄製の重い手かせ、足かせをつけて、一面に降りしきる雪の中を、ただひたすら歩くという役である。しかもいでたちは、素足の上にワラジ1足。当然時間が経つにつれ手足がまっ赤に腫れ上がってくる。やがて、手足の指先の感覚がなくなって……。凍傷にならないのが不思議なくらいのコンディションであった。…(略)…
 それにしても、これは本当に寒かった。いや寒さをとおり越して、それが痛みにとかわっていく。やがて手足がしびれ、その感覚さえなくなってしまうのだ。
「やばい、ホンマに死んでしまうで……」 
  (『3000回殺された男 拓ボンの体当たり映画人生』 川谷拓三、サンマーク出版)


 川谷はあまりの寒さにどうしても暖をとりたくなって、自分の小便を手足にかけて温めた、というが、コレではまるで本当の“囚人”ではないか。おまけにこの映画では、俳優イジメや裏方イビリでは“定評”のある小沢茂弘監督と主演の鶴田浩二が衝突して仲違いするなどロクな事がなかった。

 黒澤監督の話とは関係ないが、東映京都撮影所の気風がいかに苛烈だったか、がこれで分かっていただけると思う。  〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


巨匠のムチャブリ-黒澤明 『トラ・トラ・トラ!』事件の真相 その4

◆ 東映京都撮影所に漂う、侠気な気風(ムード)  <後編>

 京撮のスタッフにライトを落とされた、宍戸錠はそれほどまでに高慢な態度だったのか、というと確かに態度は横柄だったようだ。
 しかし、役者や監督がそうした態度に出る裏には、映画界における“京都”という街の特殊性が作用している。京都以外の監督やスターたちにとって京都の撮影所というのは特別な場所である。なぜなら京都は日本における映画製作の発祥の地、老舗であり、腕っこきの、職人気質まる出しの玄人スタッフが揃っている、との認識があって、それに飲まれまいと神経質になるあまり、「舐められてたまるか」といった感じで過剰に構えてしまう、というのだ。

 『陽暉楼』 (昭和58=1983年) 『極道の妻たち』(昭和61=1986年)で知られる武闘派監督・五社英雄は、 『鬼龍院花子の生涯』 (昭和57=1982年)を撮るために初めて東映京都にやってきた時、京都勢にナメられまいとして気張りに気張った恰好で門をくぐった。撮影所前に黒塗りのタクシーで乗り付け、白い麻の上下のスーツ(!)に真っ白なエナメルの靴、パナマ帽を被って目にはサングラス、その帽子を脱ぐとイガグリ頭という、ヤクザ映画からそのまま飛び出してきた恰好で現れたという(『映画美術とは何か 美術監督・西岡善信と巨匠たちとの仕事』山口猛・編、平凡社)

 あの強面な五社監督にしてこのビビリようだ。もっとも五社監督はすぐに気っ風の良さをスタッフにさらけ出し、首に手拭いを巻いたカツドウ屋スタイルになったため、京都のスタッフは彼に親しみを感じ、〝仲間〟に迎えた。よって五社監督はライトを落されてはいない。

 宍戸錠の一件は黒澤監督の事件(1968年)よりも後の出来事だが、虚勢を張る東京のスターや監督・スタッフに対して京都の映画人は手厳しい鉄槌を喰らわせる。怪我をさせない程度にライトを落として脅しをかけるのは「アンタ、生意気だぜ」という反感を持っている印で、これは東映京都、いや東映以外の映画会社でもよく見られた昔からの慣例らしい。

 これに類する話としては、歌手の北島三郎が東映のヤクザ映画に出た時、殺陣の最中に小道具のドスでケツをブスッと刺されたとか、売り出し中の若手俳優が殺陣で斬られる際に刀(竹光)で思い切り体を叩かれて骨折させられたとか、落石をよける演技の最中に発泡スチロールではなく本物の巨岩を落とされた、などの逸話があって枚挙にいとまがない。

 それゆえに「東映京撮は怖い」と囁かれる。

 だからライトが落ちてきた時、黒澤監督が、自分は京撮の連中に嫌われているようだ、と察したならば、この後に続く、泣きっ面にハチ、といった観のある異常事件の連鎖は抑止できたかもしれない。  〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >




巨匠のムチャブリ-黒澤明 『トラ・トラ・トラ!』事件の真相 その5

◆ “自作自演”の【夏服事件】

 では黒澤監督も “エースのジョー” (宍戸錠のニックネーム。錠さん、自宅全焼にもめげずガンバレ!)ばりに、配下の黒澤組スタッフ、または黒澤プロダクションのお付きの者をぞろぞろ引き連れて、京撮内をふんぞり返って闊歩していたか、というと、決してそうではない。

 黒澤監督とともに京都入りして常時そばにいたのは、
○キャメラマンの斎藤孝雄、
○照明の度会伸(わたらい・のぶる)、
○助監督の松江陽一(セット撮影の途中から参加)、
そしてこの『トラ・トラ・トラ!』事件で黒澤監督を籠絡した張本人といわれる製作アシスタントの青柳哲郎の4人だけ。

 実はこの、監督のことを理解する身内(黒澤組)の人間が4人だけと少数だったことが『トラ・トラ・トラ!』監督解任劇の遠因ともいわれるのだが、では東映京都のスタッフは黒澤監督の何が気に入らなかったのか。

 クロサワという巨匠の威光に対する本能的な反発がまずあったと思われる。ハリウッド大作を製作するとして京都に乗り込んできた黒澤監督に対して、
“巨匠のお手並みとやらをひとつ拝見してやろじゃないか”、
 とか
“黒澤天皇ってどれだけ凄い事をやるんだろう”、
といった好奇心ややっかみがスタッフの心中にはあった。
 
 黒澤監督は山下五十六他の主要な軍人役に一般人(ズブの素人)を配して、彼等を役になりきらせるために、それぞれ軍服を着せて、控え室からセットのあるステージまでの道筋に赤絨毯を敷かせて、豪壮な「軍艦マーチ」を鳴り響かせた中を行進させる、という〝儀式〟を撮影前に毎日励行させた。
 はなから巨匠を斜に構えて見ていた感のあるスタッフたちは、好餌とばかりにこれに飛びつき、陰で嘲笑い、呆れかって巨匠を愚弄した。
 スタッフの雰囲気に人一倍敏感な黒澤監督だけに、撮影所全体のムードを察知すると、巨匠の威光を示さんものとますます力みかえり、ムチャブリにも一層、拍車がかかっていく。

 やがて起こったのが【夏服事件】である。
「山本五十六長官の夏用の白い軍服の替えをもってこい」と助監督の後藤俊夫に命じた黒澤監督がスペアの軍服にも満足せず、
「撮影に際して、衣裳は同じ物を3着作っておくのがあたりまえだ!
との説教を垂れるが、実は撮影前の準備の段階で、黒澤自ら
「軍服は1着だけでよい、スペアの2着は取り消しだ」
と言っていたという。
 軍服のスペアを自分でいらないと言っておいて、撮影で入用になると「何で3着用意してないんだ!」と激昂した。これが【夏服事件】であり、助監督始めスタッフにしてみれば〝一体、何のこっちゃ?!〟であった。
 監督から事前に「1着で良い」と命じられても2着目を用意していたのは後藤助監督のお手柄だったと思うが、それを認めようせず、黒澤監督は
「変えろ、新しい物を今から2着作れ。全ての軍服は3着作れ
と怒鳴ったという(!?)。
 これからシーンを撮り始めるというのに、全部の軍服を3着作る、なんてことをやっていたらスケジュール内にクランクアップできるわけがない。勢いで言ったにしてもムチャすぎる指示であった。 〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
夏フェスのお供に甘いスイーツを ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
17位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR