号外コラム  今一番気になる〝逃げてるふたり〟

◆ エドワード・スノーデンとローラの親父 <前編>

 洋の東西(日本とアメリカ)で、同じような出来事が期せずして同時期に起こる、って事が、事実あるもんです。

 アメリカによる盗聴行為をバラした元CIA局員のエドワード・スノーデンと、日本の人気モデルでタレントのローラの父親ジュリップ・エイエスエイ・アイ(長いので、以下、ジュリップ)、このご両人、ともに自分がいた国を出国して他国へ〝逃げている〟。

 映像を見ると、エドワード・スノーデンはオシャレな眼鏡をかけてて、いかにも優インテリ風なソフトな面持ちで、ハリー君を彷彿とさせます・・・ハリー君ってのは、ハリー・キャラハン(『ダーティハリー』クリント・イーストウッド 扮する刑事の役名)じゃありません、『ハリー・ポッター』のハリー君です。あの夢見がちな童顔はまさにハリー・ポッターって感じですが、映画のハリー君に似て、彼も過剰に正義漢であったのか、国家公務員法(日本の場合ですが)違反も守秘義務違反もめげず、アメリカ政府がやっていた(というか、ヤラセていた)盗聴行為を暴露して、祖国を飛び出し、今や〝流浪の民〟となっている。
 モスクワの空港で足止めされている、との噂だが、ロシアを訪問していたボリビアの大統領が「国へ帰ろっ」と乗りこんだ専用機にスノーデンが乗ってる、との情報(デマ?)が流されて、ウィーンに緊急着陸させられたり、その機が上空を飛ぶのをフランスやポルトガルが拒否したり、とまさにスパイ映画ばりの面白さで、毎日楽しませてもらってマス。






 ジャズ野郎はこれを勝手に〝スノーデン・アイデンティティ〟と呼んでいますが、もうアレですな、次の007の企画は決まりですな。
 『007/ジェームズ・ボンド vs スノーデン』です・・・なんか『エイリアン vs プレデター』とか『カウボーイ & エイリアン』みたいですが(主演がダニエル・クレイグだから『カウボーイ&スノーデン』の方が適当か)。あ、『007/スノーデン・フォール』 『慰めのスノーデン』 なんかでもいい(ま、どーでもいいんです!)

 ジャズ野郎の読みでは、スノーデン氏はすでに暗殺されていて、スノーデン氏にクリソツに整形したCIA局員がエクアドルの空港かどっかでアメリカ側に拘束され、刑務所にブチ込まれて、そこで回想録かなんかを書く。速効、死刑になっちゃえば、回想録は無理ですが、おそらく〝恩赦〟かなんか与えて釈放してやり、「アメリカ政府はこんなに心が広いんだゾ」ってな事を内外にアピール。その一年後、スノーデンは謎の自動車事故で死亡する・・・という暗殺を匂わす暗雲たる結末でチャンチャン(終り)!

 いや、本当のスノーデン氏は殺されずに、殺されたように見せかけて姿を隠し、身分を偽ってどっかの国に潜入しているのかも(となると『スノーデンは二度死ぬ』ですな)。
 そうなると、一番隠れやすいのは日本ですな。すると、 〝スノーデン・スプレマシー(第2弾)〟 は日本が舞台、って事になる。東京は新大久保のコリアン・タウンに、コリア好きの米国人を装って入り込み、ほとぼりを冷ます・・・実際、 『地獄の黙示録』 (昭和55=1980年)がその出来も批評も興行も不本意に終わった時、ヤケッパチになった フランシス・F・コッポラ監督 はあの辺(新宿~大久保界隈)に安アパートを借りて数カ月フテ寝してたって話(って村上龍が書いてたか、テレビで喋ってた。村上龍ですぞ、春樹じゃありません)だから、スノーデンがいたって不思議じゃない。
 でもって、アレですよ、日頃、アメリカ政府に従順な日本政府がこの時ばかりはなぜか反旗を翻して、スノーデンを掌中〔拘束〕にしてなかなか米国側に渡さない。
 そして--

「スノーデンを渡すから、その代わりに沖縄の米軍基地と交換だ! (米軍基地の土地を沖縄の地元民に帰せ)」

 てな、日米安保条約を破棄しかねない要求をして、オバマ(政権)を慌てさせる・・・。

 完結篇の 〝スノーデン・アルティメイタム〟 (好評につき第3弾!)となると、さらにタイヘンです!
 アメリカを裏切ったハズのスノーデンは、自分を匿ってはくれたが「米軍基地撤廃」を言いだした日本政府に不信感を抱き、ついに「親方日の丸」を裏切って(アメリカを裏切って、さらに日本を裏切る、となるとこれはもうトリプルクロスという事になる)、自分さえこの国(日本)にいなくなれば交換条件は成立しなくなる、と日本脱出( 吉田喜重 監督の映画にありますな、 『日本脱出』 〔1964年〕ってのが!)を図って中国に入り、シルクロードを西下して、イスタンブールにむかう。

 その頃になると、トルコは エルドアン首相 によって反政府派は制圧されて暗黒支配となっていて(コレ、あくまでも仮説です)、スノーデンはまたまた正義派ぶりを発揮してエルドアン政権打倒の裏工作に奔走し、NATO軍=アメリカ軍の介入を誘導し、ついでにアメリカ軍は揉めてる近隣のシリアやエジプトなんかもまとめて攻撃〔制圧〕してイスラム勢力の弱体化を図る・・・・とこうなると、アメリカの盗聴工作を暴露した、ってのはイスラム撲滅を最終目標とした 〝予定の行動〟 ってことになるわけですが、ここまで描くとなると〝アルティメイタム〟の第3弾では足りませんな。
 〝ロード・オブ・ザ・スノーデン〟 ってな4作目をこさえないといけない(〝ボーン〟シリーズから〝ロード・オブ・ザ・リング〟シリーズへ!)・・・コレ、すべて、ジャズ野郎の創作(妄想)ですからネ、真に受けないように ( って、受けるかい! )。    〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

号外コラム  今一番気になる〝逃げてるふたり〟

◆ エドワード・スノーデンとローラの親父  <後編>

 〝スノーデン・アイデンティティ〟4部作に夢中になって、ローラの親父さんの事がすっかり後手になってしまいましたが、ネットで紹介されているローラの幼少期を読むと、もー同情を禁じ得ませんな。
 ローラが生まれた後、ロシア系二世の生みの母は家庭を捨てて逃げ、親父のジュリップさんは中国系の女性と再婚するけれど、ローラの下に双子の弟がいて、その中国人の継母にも子供がいたり、その親(ローラにすれば祖父母)もいて、一時期、東京・国立(くにたち)のアパートで家族8人が同居していた、という。
 この同居してたのが平成11年(1999)あたりだってことで、その頃、ジャズ野郎は隣町の国分寺に住んでおり、よく国立に遊びに行ってたから、どっかでローラとすれ違っていたかもしれない。それを思うと、より情が深まります。
 「オッケー!」なんてノーテンキに叫んで、ホッペの横に指の輪っかを当ててノンシャラン、って感じだったローラにあんな辛い過去があるなんて・・・学生時代は双子の弟達をお守りして(オシメを替えてたとか・・・まるで〝昭和〟じゃないか)、家計を助けるためにホームセンターでバイトもしていたとか。

 ムムム、苦労してんのね・・・。

 先日放送された『いきなり黄金伝説』の3時間スペシャル(6月27日放映、テレビ朝日系)、トカラ列島・宝島での「よゐこ」浜口とのサバイバル対決では、意外に賢く器用なところを見せていたローラだったが、あれは苦労した子供時代に身についた〝智恵〟だったのか。

 とにかくローラの父ちゃん、早く日本に帰ってこーい!

<コレはおふざけじゃありません。ジャズ野郎の心からの叫び、お願いであります>

 このままずっとバングラディシュに居続けしてると娘の好感度も下がっちゃう。世論はそんなに甘くない。一番同情されてる今の時期に、「スンマセン…」って帰ってきて頭を下げれば、ローラもアナタも(恐らく)許される(ジュリップ氏の方は、勿論、それなりの償いはさせられるでしょうが)。

 いや、もしかしたらローラの親父は、当局(日本の警察)の追及を逃れて、バングラディシュを出てイスタンブールに入り、そこにも居られずにシリアかエジプトへ逃亡することに・・・と、それじゃ、また〝スノーデン・アイデンティティ〟になっちまう! ・・・おアトがよろしいようで。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >



  

Coffee Break 小津安二郎のたなごころ <その1>

◆ 迷える後輩・渋谷実を盛り立てたOZU

 先に書いたように島津保次郎は製作準備中だった企画『暖流』を、いわば吉村に託す形で東宝へ移籍した。

 監督が他の映画会社へ移籍する時には、子飼いの助監督やキャメラマンなどを一緒に連れていくことが多い。松竹から東宝へ移籍した 成瀬巳喜男 は助監督だった 山本薩夫を連れて出ているし、 斎藤寅次郎佐藤武 を同行させ、日活から東宝へ移籍した 山中貞雄 は腹心の 萩原遼 を連れて行く、といった具合である。

 因みに成瀬は東宝移籍の際(昭和9年)、最初はチーフ助監督だった 渋谷実 を連れて行こうとして、渋谷に声をかけた。
 しかし渋谷はそれを断り、自分の代わりに山本薩夫を連れて行って欲しいと推薦する。渋谷は松竹に残る道を選んだわけだが、この頃の彼は監督に昇進する前であり、成瀬が去った後は五所組の助監督になるのだが、その五所平之助 『花籠の歌』 (昭和11=1936年)を撮るとかねてから悪化していた結核の治療で伊豆に引きこもり、療養生活に入ってしまう。
 つまり(大船)撮影所からいなくなってしまったので、『花籠の歌』の編集などポスト・プロダクションは渋谷が引き継いで、作品を仕上げた。

 そんな時、〝ティークラブ〟の大庭秀雄や原研吉らに監督昇進の打診があり、渋谷もそろそろ監督昇進がかかった微妙な状況になってくる。成瀬や五所といった自分を監督に推薦してくれる師匠が撮影所にいない、というのは自分にとっては大いにマイナスであるから、渋谷は焦りと不安で思い悩むことが多くなる。
 先に触れたように、このちょうど同じ頃に吉村も焦っていたわけで、先行する大庭や原を横目に見ながら、二人はともに苦悶していた。


 そんなピリついた渋谷を見かねた所長の 城戸四郎 は彼を小津組につかせる。

 その作品は昭和12年(1937)の 『淑女は何を忘れたか』 。後にアップする 【色情監督・原研吉】 のところでも触れるが、原研吉は自身が招いた女のトラブルが原因で小津の信頼をなくしていた。そこで渋谷はそんな原の代わりに小津組のチーフ助監督になるのだが(渋谷より先に監督昇進の打診があった原研吉はこの小津作品で編集にまわる)、その撮影現場で彼は成瀬や五所とはまったく違う小津の映画りを間近に見ることになる。

 表面はいつも通りダンディに構えているが、その裏で映画と必死に格闘する小津の姿にも触れ、衝撃を受けた。
 やがてこの撮影中、渋谷に監督昇進の辞令が出る。 『松竹映画の栄光と崩壊』(升本喜年、平凡社 )にその際の小津安二郎と渋谷実のやりとりが感動的に紹介されている。

 撮影が終わったのは、二月十四日の夜明けだった。
 …(略)…
 最後のカットが「OK」となり、「ごくろうさまァ」「お疲れッ」という歓声があがった。そのあとで、小津が渋谷に言った。
「チャンスが来たらしいな。君に、脚本が用意してあるそうだ。くだらん脚本でも、断わらず、やった方がいいよ。俺は、はじめての時、断ったがね」
 小津が強力に推してくれたということは、ずっとあとになって知った。


 〝くだらない脚本でも、断らず、やった方がいいよ。俺は、はじめての時は、断ったがね〟などというクールなアドバイスを後輩に送る一方で、小津は助監督として渋谷の働きを認めて、監督にしてほしいと上層部にかけあっていた・・・というのだからカッコイイ。

 松竹の場合、こういうイイ話はみんな小津安二郎のものである。

 渋谷は最初、この用意された脚本を嫌がったが、小津のように断ることなくそれを撮った。その作品 『奥様に知らすべからず』 (昭和12=1937年)が渋谷実のデビュー作となった。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





新作プレビュー  『終戦のエンペラー』

◆〝耐え難きを耐え、忍び難きを忍んだ〟一枚の写真の物語

 〝エンペラー〟とは、日本の天皇、つまり太平洋戦争で日本の敗戦をラジオで呼びかけた昭和天皇のことで、この映画はその昭和天皇がいかにして〝戦犯〟を免れたか、を描く大作です。天皇の戦争責任とか、進駐軍がいかに日本を占領統治し、戦後の日本の道筋をつけたか、という小難しいテーマは評論家センセイに任せますが、そういう事よりもジャズ野郎は『真珠の首飾りの少女』(平成16=2004年)で注目された ピーター・ウェバー 監督(イギリス人)が、つまり外国人が日本の終戦をどのように描くのか、それに興味があって試写を見たわけですが・・・。

 こういう事を言うとアレですが、史実に基づきながらフィクションを織り交ぜて慎重に描いていく語り口はまるで「NHKスペシャル」のようで、判りやすい。フィクションというのは、〝天皇が戦争を始めた首謀者である〟という事実がないことを調べさせられる、フェラーズ准将(マシュー・フォックス)と日本人女性・アヤ(初音映莉子)のロマンスの事ですが、こういう甘い話もないと終戦直後の話だけに映画全体が殺伐とした暗いムードで塗りつぶされてしまうから、まぁ、アクセントとしては必要かもしれません(進駐軍の米兵に身体を売って稼いでいた日本女性の娼婦街なんか出て来ますが、そのバラック内部の装飾などがどことなく中国っぽくて・・・奇異な感じがしましたが)。

 しかし、建国以来初めての敗戦、というショックに直面した当時の日本の状況は、もっともっと混迷と混乱、失望と悲惨と飢えに満ちていたハズだから、こんなにスッキリと語られる物語ではなかったのでは? という気もする。
 とはいえジャズ野郎は戦後18年も経ってから生まれた〝戦争を知らない子ども〟でやんすから、まぁ、そんなにエラソーなことも言えない。実際、終戦についての映像的イメージは、当時の記録映像や日本の戦争映画に依るものでしかないわけで、この当時の事は関連書などを読んで追想するしかない。
 
 そんな物識らずのジャズめが見ながら思ったのは、先日の〝従軍慰安婦〟発言で物議を醸した方とか、今も米軍基地に苦しめられている沖縄の人達、または中国、韓国といった〝今そこにある適性国家〟の人達はどのように、コレを見るかなぁ、という事。
 特に、クライマックスの、というか、この一枚の写真のためにこの映画が作られたわけですが、例のマッカーサー元帥と昭和天皇の2ショット写真。コレが撮られるまでの山あり谷ありの軌跡が、『終戦のエンペラー』のストーリーなんですが、要するに天皇がマッカーサーに言う〝私はどんな責任も負う、その代わり日本国民を助けて下さい〟という意味の心情吐露--コレ、日本人なら泣けますが、中・韓の国民はどう感じるのか・・・ただの責任逃れ、と見るか、泣き落としと見るか・・・それを考えると気が重くなる。

 戦争は攻めた側と攻められた側じゃ、感じ方が180度違うのは当たり前で、それが180度もうひと回りして、同じ観点に立って、ようやく互いの心情がわかり合えるみたいに思います。実際、アメリカと日本はそんな感じになってるわけですが(完全にそうなってるワケじゃないけど)、中・韓ともそうなる日が来るのかな・・・なんて見ながら思いましたね。

 あと、途中で、天皇の敗戦の詔(みことのり)を録音した〝玉音盤〟を巡って、日本軍の青年将校がクーデターを起こし、皇居を占拠する、という大宅壮一のルポ 『日本のいちばん長い日』 で詳述された有名な事件がチラッと描かれます。
 コレは昭和42年(1967)に 岡本喜八 監督によって、東宝創立35周年記念大作として映画化されていて、ジャズ野郎が最も好きな(岡本)映画です。皇居内に侵入した反乱軍の手を逃れ、すったもんだの果てに放送局に届けられた玉音盤。コレを放送で流そうとする(昭和20年)8月15日の正午直前、その玉音放送を護衛した 井川比佐志の中尉 が、突然、いきり立って軍刀を振りかざし、

「終戦の放送などさせてたまるか! 奴らを皆叩き斬ってやるッ!」

と叫んで放送スタジオに乱入しようとする。即座に中尉は周囲の兵に制止される。と、中尉の手から軍刀がもぎとられ、それが廊下にカタンと堅い音をたてて落ちた瞬間、画面は時計にきり変わって、正午を示す時報がポ~ンと鳴り響く・・・この一瞬の快感ったらない。

 ジャズ野郎はこの一瞬を見るために、上映時間2時間38分の『日本のいちばん長い日』のビデオを、終了と同時に巻き戻して頭から見直しました。同じ作品を見終わって、すぐにまたド頭から見直す、という〝連続2度見〟をした作品は、この『日本のいちばん長い日』だけです。ま、『終戦のエンペラー』とは関係ないですが(それに井川比佐志の中尉の件は『終戦~』には出てきません、念のため)。

 ただ〝終戦の放送などさせてたまるか!〟という想念(思い)は、当時の日本国民の素直な心境-〝やっと戦争が終わった、よかった〟-とは背離しつつも、確かにこの8月15日にはあった。
 その8月15日が今年もやってくる。その日を迎える前に・・・『終戦のエンペラー』は、我々が見ておくべき映画、ではあるかもしれない。

          ■  7月27日より全国一斉ロードショー  配給:松竹  ■


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
17位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR