Coffee Break 小津安二郎のたなごころ  <その2>

◆ ムチャブリを役者に詫びたOZU

 恫喝したり、何度も同じことをやらせたりして、俳優が自然に顔に浮かべる素の〝怒り〟や〝疲れ〟をそのまま役の状況に利用して〝演技〟として撮影する--というこのテクニックは 小津安二郎 もよく使う手で、池部良は島津ばかりか小津にも同じような目に遭わされている。
 池部は小津に呼ばれて松竹で 『早春』 (昭和31=1956年)に出るのだが、その時、タバコの箱を回すという何でもないシーンで小津から何度もダメ出しを食らった。
そして小津監督に--

「お前、やる気があるのか、ねえのか。そのくらいのこと、何で出来ねえんだ。俺がやってみせるから、よく見てろ」             (『心残りは…』池部良、文藝春秋)


 とドヤされて大いにクサった。
 数日後、昼食に誘われた池部は小津からこう言われる。

「ところで、お前さん、俺を恨んでいるだろ。タバコの箱が回せねえって、どなって。 実はな、箱がどう回るかは、どうでもいいんだ。お前さん、いくらやってもお坊ちゃん面して、のんびりした顔だから、ちょいとおどかして、びっくりさせてやったんだ。
 案の定、何とも言えねえいやな顔になったよ。あのカットはいいと思うよ。すまなかったな」
 とおっしゃった。涙が滲む。                 (前掲書)


 というわけで、この場合の恫喝も〝演出〟であった。
 島津オヤジも「そういう、いやな顔でやっておくれよ」と言ったが、小津も「何とも言えねえいやな顔になったよ」と言った。両巨匠とも池部にそういうムッとした表情を求めたということは、その頃の池部良はよっぽど緊張感のない、坊や坊やした顔だったことになる。このお坊ちゃん面が暗い翳りと鬱屈を臭わす渋~い顔になるのは、 篠田正浩 監督の 『乾いた花』 (昭和39=1964年・松竹大船)あたりからで、その演技を見た東映の 俊藤浩滋 プロデューサーによって東映の任侠映画 『昭和残侠伝』 シリーズに 高倉健 とともに出演し、その中年男の翳りは本領を発揮する・・・。






 池部の中年の翳りはさておいて--島津といい、小津といい、年季の入ったベテラン監督の俳優の動かし方にはそつがない。しかも俳優の心にグサリと楔を打ち込んで、終生の戒め(アドバイス)とするあたり、まことに見事である。

 映画スターや俳優の書いた本やスタッフの証言などでも紹介されているが、こうした〝荒療治〟をした後、小津安二郎は叱った相手にその理由を述べて、必ず「悪かった」「すまなかった」と頭を垂れる。ここが小津の「凄いところ」だと思う。他の監督も「あの時はこうしたかったら、君に無理を言ったんだ」といって、撮影現場での無理強いやゴネた理由を説明をすることはあるだろうが(プライドの高い巨匠ならば、それすらもしないが)、謝罪めいた言辞は吐かない。頭を下げるというのは律儀な小津安二郎なればこそだ。

 もっとも 島津保次郎 なら謝罪はしないだろう。謝罪する代わりに島津好みの美味い酒席に役者を呼んで、その時の事情を面白おかしく語って一席伺ったに違いない。 『隣の八重ちゃん』 (昭和9=1934年・松竹蒲田)で八重ちゃんの母親に扮した 飯田蝶子 は語っている。

「私の役は、姉娘が出戻りで帰ってきてヒステリーを起こしたりするんですが、島津さんは、わりあい気が小さくて、ハッタリが強くて、がんがんどなって、あとでお世辞を言う。このときも、大スターの岡田嘉子さんにはあまり言えないから、子飼いの私なんかに当たり散らして、それでこちらがふくれていると、そっと来て〝怒んなよ〟と言ったり、喫茶店でコーヒーをのませてくれたり、おもしろかったですね」               (『日本映画の誕生』平井輝章、フィルムアート社)

 こんな具合に島津は怒鳴りつけたり、無理をさせた俳優らを食事や酒に誘った。その時の島津の稚気あふれる歓談が楽しくて、シゴキにあった吉村公三郎や木下恵介などがその辛さや恨み辛みを忘れ、逆にオヤジの虜となって、彼に尽くしたわけである。

 監督(ひと)それぞれに、人との接し方というものがある。

 島津も小津も同じ江戸っ子(もっと言うなら五所平之助も中村登も渋谷実も江戸っ子だ。さらに言うなら溝口健二も成瀬巳喜男も!)だから、役者の〝操り方〟〝あやし方〟が似てくるのはそのせいかもしれないが、やはりコレは 松竹蒲田・大船の伝統 であろう。 〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


スポンサーサイト

新作プレビュー 『31年目の夫婦げんか』

◆ 熟年から老年へ--♂(オス)も♀(メス)もともに悩む・・・

 〝宇宙人ジョーンズ〟ことトミー・リー・ジョーンズと、〝鉄の女〟サッチャー元英国首相役でのオスカー受賞の記憶も新しいメリル・ストリープが、夫婦ってのも凄いが、この二人が慢性化した夫婦生活を改善しようと〝けんか〟しまくるアメリカン・コメディ。

 夫婦げんか、と言ったって 『ローズ家の戦争』 (1989年)みたいに暴力的なバカ騒ぎ(バトル)をやるわけじゃ、ありません。子供も育て上げたベテラン夫婦、でもその日常生活は無味無臭、無刺激の〝空気〟みたいな関係・・・。メリル扮する妻ケイは、まだセックスをしたいのだけど、夫の アーノルド (トミー・リーね)の方はアッチの元気がないから、ソファにひっくり返ってゴルフ番組なんかを見ている方が(体力を使わないから)いい。
 ケイはそんなエッチも、刺激も、愛もない日常がたまらなく嫌! だから嫌がるアーノルドをひっぱって、1週間の 〝カップル集中カウンセリング〟 (まぁ、愛の「合宿免許」みたいなもんですか)に連れて行く。

 ココで出て来るのが、アイツです、 スティーヴ・カレル ! スティーヴ・カレルで分かんなきゃ、〝40歳の童貞男〟クンですよ。あのお目々パッチリな、清廉潔白ヅラがなんとも可笑しいこの人が、
「…で、昨日、私が言った通り、オーラルSEXしてみましたか?」
なんて際どくカウンセリングしちゃうところが、超可笑しい!
 〝40歳の童貞男〟のどことなくマヌケな、クソまじめキャラで売ってるカレルは、本来ならカウンセリングされる側で登場してくるハズなのに、そこを逆手にとってのこのキャスティング! 見事です。ジャズ野郎はこの人が出て来るたんびに笑ってました。

 笑えるといえば、トミー・リーですな。もう精力が減退して、ものぐさなオヤジに堕したアーノルド--始終、〝股間を押さえてうな垂れる〟みたいなショボくれたポーズが可笑しいし、カレルに性的な質問をされて激怒しちゃったりするあたりの大人げなさ&情けなさには失笑。初老オヤジ(熟年オヤジとは呼べません)のモノ哀しさがよく出てる。
 この映画の試写を観た翌日が 『終戦のエンペラー』 の試写会ですよ。で、見たら、なんとトミー・リーは(〝男の中の男〟の )マッカーサー元帥 をやってんですからね! まー、さすがに〝役者〟でやんす。

 アーノルドは、妻のケイにこういうエッチをして欲しいと要求するけど、ケイはどうしてもソレは嫌だ、と拒否したり、いわゆる「老年からの幸福なSEX講座」みたいな部分もあって、なかなか生々しいのだけれど、これはそれこそ同世代の老年世代が見ても楽しいし、中年の方々はもちろん、20代や10代(PG-12って鑑賞制限されてますが)の若い人が見ても楽しめるように出来てるように思う。
 セックスをネタにして笑わせるけど下品に扱ってはいない。それよりも、今は自由にやれてる事(?)も年を取れば、こうなっちゃうんだゾ、みたいな教育的な面(?)もあるし、それじゃあ、結婚って何? 愛情って何? といったところにまで手が届いている。
 こういう題材を扱って、こんな風に描けるのがアメリカ映画の大らかさ、知性ですな(監督は 『プラダを着た悪魔』 〔2006年〕の デヴィッド・フランケル 。優秀ですね、この人)。

 加えて、メリル・ストリープがなかなか〝可愛い〟。ジャズ野郎は、長編テレフィーチャー 『ホロコースト/戦争と家族』 (昭和53=1978年)あたりからこの人を見てますが、演技は巧いかもしんないけど、美人だとか可愛いとか思った事は一度もなかった。
 でもこの映画の中のメリルは、年甲斐もなく〝萌え〟ちゃってイイんですよね。この歳になっても、まだちょっと〝ときめきたいの〟てな感じで頬を赤らめたり、自分で自分を慰めちゃうあたりの〝楚々〟(?)とした感じが、なんか可愛いんです。エロくはない、可愛いんですわ。
 あんな国家を代表する女首相を演っておいて、ここでは夫を取り戻そうとするけなげな主婦役ですもんね・・・やっぱメリルも〝役者〟だわ。

■全国順次公開中 ◇札幌では8月31日よりシアター・キノにてロードショー 配給:ギャガ  ■


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
夏フェスのお供に甘いスイーツを ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
17位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR