新作プレビュー  『 ゴーン・ガール 』  < 前編 >

◆ 『セブン』のフィンチャー監督による超ミステリアスな〝ある愛の物語〟

メイン
▲ ニック(B・アフレック、中央)は妻の失踪をマスコミを通じて全米に発
  表し、協力を求める。 (C)2014 Twentieth Century Fox 


 年間、そんな大量に映画を見るわけじゃないし、贔屓のイーストウッド監督が 『ジャージー・ボーイズ』 なんてのを撮ってくれちゃうと、すかさず「これだァ、これが今年のベストワン」と即決しちゃう早計なジャズ野郎ではありますが、見た中で選ぶベストワンっつう事になるとコレですな。

 『ゴーン・ガール』にはマイッタ。面白い上に、ズシンと重く考えさせられる・・・ただ、何について考えさせられるのか、ってのを語る事はNG。そう、ミステリーなんですよね、それも見ている間中かなり頭を働かせる巧妙なヤツ。だからあまり内容を語れない。
 
 今、テレビで流れている同作のCMでも、各方面からの賛辞の他には、

        妻がいなくなった・・・
                  夫が失踪妻(殺害?)に係わった容疑者に・・・?


 って事ぐらいしか情報として流してない。アレはもうアレ以上はヤバイって事なんだ。
 夫が警察から容疑者として疑われて・・・ってあたりまでは洩らしてもいいかもしれないが、スリラーに強い映画通ならパッと先読みしますわな。

 妻がいなくなって、殺されてるかもしれない? それで夫が犯人、てか? それじゃ、実際にあった フォン・ビューロー事件 ( *1 ) を映画化した 『運命の逆転』 (1990、バーベット・シュローダー監督)じゃねえか、とか。
 エ、妻がいなくなるの? それじゃロマン・ポランスキー監督の 『フランティック』 (1988)じゃん・・・とか(あと他にも何作か出したいところだけど、それじゃ、内容がバレちゃうから、この辺で)。

 ジャズめもそんな事を思いながら、映画を見てましたが・・・ウーン・・・ヤルんだよなぁ、デヴィッド・フィンチャー
 この人のこの種の映画っていえば、ブラピの『セブン』(1995)とか、なんとなく最初からオチがまる判りだった『ゲーム』(1997)とか、『ゾディアック』(2007)なんてのがあるけど、フィンチャーさんって元々CMやミュージシャンの映像クリップ(PV)出身の人だから、どれもこれもヴィジュアル先行のデコラティブなモノばかり。
 クリップ出の監督ってそういう人が多いですな。で、画作りや展開が派手な割りに内容は薄くて、なんとなくペラい感じで締まりのないまま、映画が終わる。

 でもフィンチャー監督は 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (2008)あたりから変わったような気がする。
 やはりスリラーだった前作 『ドラゴン・タトゥーの女』 (2012)もそうだった。いや、アレでもオープングのエラく凝ったタイトルを含め、映像的にはキレまくっていたが、なんというのかな、より〝人間の内部を見つめる〟ようになった気がしたんですよね。
 『ドラゴン~』では、ダニエル・クレイグの記者が数十年前に失踪した娘を捜す、というメインの事件(ココでも女性が失踪してましたね)については、いつものフィンチャー・タッチで軽快に綴っていましたが、ジャズめが面白いと思ったのは、ルーニー・マーラが演じていた孤独で知的な烈女・リスベット( 彼女が〝ドラゴン・タトゥーの女〟)の描き方。すべての事件が終わって、思いを寄せていたクレイグが元の恋人のところに戻って、窓に映った彼の姿を建物の外から覗いていたリスベットの姿がなんとも切なく、心に残った(愛おしくさえ、なりましたな)。
 〝チェッ、フラレちまったか・・・〟てなとこですが、若くして壮絶な体験をしてきた彼女の心に観客の心が寄り添っていくような、そういう演出をフィンチャー監督はして見せたから、
「へえー、芸が細かくなったなあ」と。
(このオチ、オリジナルのスウェーデン映画 『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』 には、ない、部分でしたから余計に印象に残ったネ)。

 でもそれは「芸が細かい」ってよりも、書いたシナリオライター(優れ者のスティーブン・ザイリアン)がエラかったって事で、今回の『ゴーン・ガール』にしても原作者で脚本も担当している ギリアン・フリン って女性作家が優秀だったせいかもしれない。

 しかし・・・いずれにしても、出来上がったら作品は監督のモノ。 
 それにまた、そういうイイ企画やスクリプト(脚本)を掴むのも監督の才能の一つだし、そういう強運を有してるって事はイイ監督の証、とも言える。

 そういう意味では『ゴーン・ガール』で、フィンチャー監督は〝掴んだ〟んじゃないでしょうか。畢生の企画を。とにかく映画のデキはいいです。

 と・・・内容にあまり触れられないから、余計な話ばっか書いてお茶を濁してきましたが、次回は、もうちょっと内容に触れますか。配給元の20世紀フォックスさんに怒られない程度に・・・ネ。 〔続く〕

         ポスター
▲ この映画タイトル〝GONE GIRL〟=〝いなくなった女〟を、〝THE LADY VANISHES〟=〝淑女失踪〟としなかったところがミソ。ザ・レディ・バニッシュは、ヒッチコック監督の『バルカン超特急』〔1938・英〕の原題。 (C)2014 Twentieth Century Fox 

     ※『 ゴーン・ガール 』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/

 ■ 12月12日より東京・東宝シネマズ日劇、札幌シネマフロンティア、
   ユナイテッドシネマ札幌ほかにて全国ロードショー  配給:20世紀フォックス映画 ■

*1 「フォン・ビューロー事件」  1982年、法律家で演劇評論家だった クラウス・フォン・ビューロー は当時住んでいたアメリカ・ロードアイランド州ニューポートの自宅で、妻マーサの殺害を意図した容疑で逮捕、起訴された。マーサは低血糖症だったため、インシュリンを常備していたが、意識不明で発見された時、その摂取量が通常の10倍であったことから、夫のクラウスに嫌疑がかかった。
 裁判では一審で懲役30年が言い渡されるも、クラウスは控訴して無罪を勝ち取る。現在も健在で、ロンドン在住。
 殺されかけた(?)妻のマーサは一命は取り留めたものの、意識不明のまま28年の間、病床に臥し、2008年に世を去った。
 その映画化『運命の逆転』でクラウスを演じた ジェレミー・アイアンズ は、その年のアカデミー賞(第63回)で主演男優賞を受賞、妻を演じた グレン・クローズ は主演女優賞にノミネートされたが受賞は逃した。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

新作プレビュー  『 ゴーン・ガール 』  < 中編 >

◆ 失踪した人妻をめぐって男と女の過去と現在が曝かれる・・・

  サブ1
  ▲ マスコミが食いつくスキャンダラスな事件が〝専門〟のボルト弁護士
    (タイラー・ペリー、左)に相談を持ちかけるニック(B・アフレック)。
   (C)2014 Twentieth Century Fox 


〔 ミズーリ州の閑静な田舎町で、人妻の失踪事件が発生する。
 亭主でライターのニック(ベン・アフレック)が帰宅すると、5回目の結婚記念日を共に祝うはずだった妻エイミー(ロザムンド・パイク)の姿が消えていた。室内には荒らされた形跡があり、何者かに誘拐されたよう。
 地元警察の女刑事ボニー(キム・ディケンズ)と部下のギルピン(パトリック・フュジット)は、誘拐現場の見聞でニックの自宅を訪れた時にある違和感を抱いたが、ボニーはそれを抑えて極めて事務的に捜査を進める。
 いなくなったエイミーは親が有名な作家で、彼女はその親により幼少の頃から人気絵本のモデルにされていたから、全米にその名を知られたセレブな存在であった。ためにこの失踪事件は国中の関心を集め、マスコミがこの町に殺到。ニックに取材陣が殺到するだけでなく、ニックの妹で町でバーを切り盛りするマーゴ(キャリー・クーン)の許にも雲霞の如くリポーターが押し寄せる。
 今や全米注視の的となったニックだが、やがて彼はインターネットのソーシャル・サイトに激励や同情だけでなく、やっかみ半分のウソ情報を流され、その揚げ句 ・・・ 〕


 ストーリーはこんなところだが、一見すれば、実は〝夫が自分で妻を誘拐(殺害)しといて被害者を装う〟という映画ばかりか現実にもよくある偽装事件(偽装誘拐、偽装殺人)に思えるし、またそういう趣向の映画は先の < 前編 > にも示した通り、幾らもあるんですが、『ゴーン・ガール』が従来の作品と違うのは、いかにもスリラー映画風の凝ったヴィジュアルでゴリ押し的に描いていく、というのではなく、ソフトなタッチでとてもデリケートに描いてゆく。そのタッチの差ですかね。一連の謎めいたスキャンダラスな騒動をじっくり、ゆっくり見せていく手際が慎重。
 もっと言えば、題材の扱い方が大人です。

 その証拠に、この映画は失踪した妻の事件を追いながら、時々、ニックとエイミーが何時どこで出会って、どのように恋に落ち、結婚するに至ったか、という彼らの愛の遍歴(年譜)を挟み込む。この時制を逆行させる < 前説 > の挿入はちょっとウザくて、「サッサと本筋を描いてほしいな」とジャズ野郎は思いましたが、これがグググッと効いてくる。2時間半という、スリラーにしちゃやや長い上映時間の後半に、このニックとエイミーのなれそめと結婚生活の有り様がヒタヒタと絡んでくるのです・・・。

 ウ~ム、もっと書きたいけれどなあ・・・書くわけにはいきません。
 でもココにこそこの映画の〝本筋〟があるわけですが、まぁ、コレを読んでる人は観ちゃいないわけだから、黙っときましょう。

                      サブ2
                      ▲ 〝疑惑の人物〟ニックに殺到する全米のマスコミ。 
                        (C)2014 Twentieth Century Fox 

 マスコミがあることないこと書くのは今に始まったことじゃないですが、現代(いま)はインターネットってものがある。一般人がニックのプライベートを撮影して、それをネットに流す。ツイッターやフェイスブックなどのSNSに、いらぬコメントを付けてアップしちゃうと、それが嘘っパチでもネット上では〝事実〟とされて、あらぬ誤解を受ける。おかげでニックは人生最大のピンチに陥っていくわけですが、このネット禍のくだりはかなりリアルで、フィンチャー監督は 『ソーシャル・ネットワーク』 (2010)ってのを作っているから、なおさら見せ方、捌き方が上手い。


 ・・・さて、これ以上はなんも書けません。でも強いて書くなら、姿を消す人妻エイミーを演じた ロザムンド・パイク ですか。かつてボンドガールを演じた事(『007 ダイ・アナザーデイ』)もあって、『プライドと偏見』(2005)とか『17歳の肖像』(2009)なんかでジャズめも気に入ってる女優さんなんですけど、彼女が時折、見せる、泣くでもない、怒るでもない、あやうげな〝表情(マスク)〟。コレを見逃して欲しくないですな。このマスクにすべてが隠されています。

  エイミー・アップ
  ▲ 微笑むエイミー(R・パイク)。先頃、発表されたゴールデングローブ賞では主演女優賞に
    ノミネート・・・トーゼンかも。因みにゴールデングローヴのドラマ部門の主演女優賞は、
    『アリスのままで』のジュリアン・ムーアが受賞。(C)2014 Twentieth Century Fox 

      ※『 ゴーン・ガール 』 公式サイト: http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/

 ■ 12月12日より東京・東宝シネマズ日劇、札幌シネマフロンティア、
    ユナイテッドシネマ札幌ほかにて全国ロードショー  配給:20世紀フォックス映画 ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





新作プレビュー  『 ゴーン・ガール 』  < 後編 >

◆ 女を知り尽くした溝口健二監督のお言葉 ・・・

  サブ3
  ▲ 妻失踪のナゾに繋がる人形を見つめるニック(B・アフレック)
    (C)2014 Twentieth Century Fox 


  前項で〝強いて書くなら妻役のロザムンド・パイクで・・・〟と書いたけど、では夫役の ベンアフ ( ベン・アフレック )はどうでもいいのか、というと、そうではない。

 我々男性陣にとってこのベンアフの右往左往こそが重要で、人によっちゃ、俄然、感情移入しちゃって涙なくしては見られないかもしれません(そういう人は、大概、オイタをしている、女関係にだらしのない人でしょう)。しかもこのベンアフ演じるニックを通じて、我々男どもは〝ある事実〟を徹底的に思い知ることになる。

 それは何か ・・・・・ もちろん、それも書けません。

 書けないけれども、代わりにちょっとそれを暗示させる話を紹介しましょう。

 長い日本映画の歴史の中で、男に虐げられた女性の姿や生き様を描いた作品は多々ありますが、中でも 溝口健二 監督の諸作は群を抜いて光っている。このリアリズムの大監督は、男(や社会)にヒドい目に遭う女(主に芸者などの花柳界や娼婦などの廓・赤線関係の女性ですが)を冷徹に見つめ、突き放して描く名匠ですが、若い頃はその花柳界に遊び、酔った揚げ句に芸者の髪を掴んで振り回して、髷を潰したり、呼んだ娼婦の腹にゲロを吐くなどのムチャをしまくり、その果てに付き合っていた女に背中を斬られた、というハチャメチャな男。
 まさに女に入れこみ、女に遊んで、女がいかに怖いものであるかを肌で知った男こそ、この溝口健二なのですが、この人が、後年、自分の弟子の 成澤昌茂 からある相談を受けた。

 時は敗戦後だから昭和20年とか21年あたり、戦地に出兵し、復員して日本に還ってきた成澤は、職どころか食うモノがない騒然とした日常の中で、踊り子の女性と恋に落ちた。戦時中から溝口に師事し、溝口の身の回りの世話をしたり、撮影現場では助監督のさらに下のような位置で下働きをし、その合間に成澤はシナリオを習作。復員後もまだ筆一本で食える身分ではなかった。
 ところが進駐軍のキャンプを回って米兵慰問のショーを行い、そのステージに立つ踊り子は、行った先でアメリカ兵と浮気して帰ってくる。成澤はそれが許せないが、売れないシナリオライターの分際だから強くは言えない。
 終いに、踊り子の女は成澤に「ヒモになれ」と言ってくる。そいつはあんまり男をバカにしてる ・・・ しかし女とは別れられない。苦慮した成澤は、その話を京都・御室駅から乗った嵐電(嵐山電車)の中で溝口監督に話した。
 すると溝口健二は、

 「〔そんな女と付き合うのは〕 オモシロイんじゃあないのかな。
                   頼んでも、そんな勉強は、させてもらえませんぜ 」
                                   と言った後で、こう続けた。


       「 男と女の仲ってやつは、さしずめ 戦争 ってとこかい? 」  


  ( 「人間 溝口健二」 成澤昌茂、『別冊太陽 生誕百年 映画監督溝口健二』 〔平凡社〕 より ) 
                                ※ 〔〕内、ジャズ野郎註 



 

 上記の成澤昌茂のエピソードがただちに 『 ゴーン・ガール 』 に直結しているわけではない。むしろ関係はあまりない。関係あるのはこの溝口の「男と女の仲は戦争だ」という言葉である。

 さて、この言葉にリンクするくだりやシーンが、一体、どこに出て来るか ・・・ それを劇場で確かめよ!

出会いのエイミー
▲ ニックと出会った頃の初々しいエイミー(R・パイク、右)
 (C)2014 Twentieth Century Fox 

     ※『 ゴーン・ガール 』 公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/

  ■ 12月12日より東京・東宝シネマズ日劇、札幌シネマフロンティア、
    ユナイテッドシネマ札幌ほかにて全国ロードショー  配給:20世紀フォックス映画 ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
19位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR