新作プレビュー  『 ヴィンセントが教えてくれたこと 』  < その1 >

◆ 根暗な〝高田純次〟ビル・マレー主演のちょっとイイ話

 〝新作プレビュー〟はその名の通り、公開前の新作を紹介するコーナーですが、先月、突然、PCが故障してそれに絡む厄介な事態に翻弄されて、この映画の原稿を書こう書こうと思いつつ、気づいたらすでに公開されていてもう2週間余も経っていた(9月4日封切)。
 また『グローリー 明日への行進』の時みたいに書かずにすまそうか、とも思いましたが、紹介せずにすますのは惜しい、捨てがたいところがこの映画にはある。なので、主人公のヴィンセントのごとく、脱力感100%、いや1000%でつらつらと綴っていきましょう。どうか、おつきあいのほどを。

                 *********

 ○1 sub3_large_convert_20150920003702
 ▲ 〝この世にマシな人間は俺ひとり〟 てな自惚れ顔をするヴィンセント(B・マーレイ)
            (C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.


 ジョン・ベルーシダン・エイクロイドエディ・マーフィーらと同じアメリカNBCのお笑いバラエティ「サタデー・ナイト・ライブ」で売り出した〝SNL芸人〟のビル・マーレイには当初から、客を容易に懐に入らせない、ちょっと嫌味にも思える狷介な感じが漂っていた。
 アイヴァン・ライトマン監督のヒット作(で今、リメイクが進行中の) 『ゴーストバスターズ』 (1984)みたいなみんなで大騒ぎする〝オチャラケていい映画〟でも、一人だけクールというか、シラケた醒めた目線で周囲を見みているような、そんなところがあった。
 それがこの人の個性というか、真骨頂なのは分かるけど、アメリカのコメディ・シーンの中ではどうなのかな? 大衆に心やすく受け入れられるのかな? なんて思っていたら、案の定、その後の彼はメイン・ストリームでガンガンいくって感じじゃなくて(メインストリームってのは、ひと頃のジム・キャリーとかアダム・サンドラーみたいな主演級ってこと)、
ロバート・デ・ニーロの 『恋に落ちたら…』 (1993、ジョン・マクノートン監督)、
ジョニデの 『エド・ウッド』 (1994、ティム・バートン監督)、
ケビン・ベーコン&マット・ディロンの 『ワイルドシングス』 (1998、J・マクノートン監督)
あたりで助演に徹し、そこで彼らしいクセ者ぶり(持ち味)を見せていた。

 真面目にまっとうに生きる、なんて事は生まれた時から心になく、行き当たりばったりな、そしてどこか捨て鉢な生き様を己のものとし、その割には妙に哀感があって、(退廃的な)色気がある。

 その色気があるあたり、脱退した荒井注の代わりに加入してファンの子供達に嫌われ囂々たる非難を浴びたにも関わらず、めげずにバカをやり続けた〝6人目のドリフ〟=志村けんの若い頃を思わせる。フジテレビの「ドリフ大爆笑」の初期の頃、当時、人気絶頂の沢田研二と志村さんはよくコントで共演してたけど、今観るとジュリーと張り合えるほどに男の色気がある。嘘だと思ったら観てごらん(とはいえ、志村さんのその頃の色気は若者特有のギラギラした感じが横溢しててアンチャンっぽいというか、チンピラっぽいというか。子供ファンが当時の志村けんを拒否したのは、愛された荒井注のグズな〝おやじキャラ〟とは違うってことだけではなく、そのギラギラした色気(性欲)を生理的に嫌ってたってことにあると思う)。
 でも、いい加減で投げやりで無責任、といった個性なら、志村けんよりもむしろ高田純次なのかもしれない。高田純次も色気あるからね。でも高田さんは陽性でノーテンキに明るい。マーレイはお世辞にも明るいとはいえないから、まあ、根暗な高田純次ってトコですか。

 でも、そんなとっつきにくい感じの男なのに、前述したアイヴァン・ライトマンやウェス・アンダーソン、ソフィア・コッポラって監督陣には大いに好かれたようで、彼らの作品に常時出演。特にアンダーソン監督とのコラボは重要で、『天才マックスの世界』 (1998) 『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 (2001)以降、近作の『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)まですべてに出演。あのカラフルに渇ききったオフビート調と呼んでもいいような、アンダーソン監督のヘンテコな作風(様式)に彼がマッチしたのは頷ける。ヘンテコな作品世界の中では、彼のシラケきった目線も時々やらかす無責任なオバカもさほど気にならないばかりか、むしろまともにさえ見えてくる。アンダーソン作品は登場人物がみな変人だから、乙にすましたマーレイのシラケ顔が良識的というか、作品の良心を代表しているふうにも・・・というのは褒めすぎだけど、まあ、ハマッてたよね。
 そしてそんな彼のステータスをもっと引き上げたのはソフィア・コッポラ(あの『ゴッドファーザー』や『地獄の黙示録』のコッポラ監督の娘)の 『ロスト・イン・トランスレーション』 (2003)。実はジャズ野郎、この作品、未見でありまして、この原稿を書く前に観ておこうと思いましたが、頭に書いたような次第で果たせず・・・このシルバーウィーク中にでも観ますかね。

 で、そんなこんなで、この作品のヴィセントですよ。ハマッタといえば、こんなにハマッタ役柄もないんじゃないかな。主人公の性格設定も脚本もまさにビル・マーレイのパーソナリティに基づいて組み立てられているようだから、さもあらんとは思うけど、劇中でグダグダやってるマーレイにはいつも以上に、力が入っていない。

                 脱力しっぱなし!

                 でも、そこが良いのです。

        くだらなくて、堕落しきった、情けないクソジジイぶりが!       <続く>

          ポスター
           (C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

        ※『ヴィンセントが教えてくれたこと』 公式HP: http://vincent.jp/

■ 東京・TOHOシネマズ日本橋、札幌・ディノスシネマズ札幌劇場ほか
               全国で公開中             配給:キノフィルムズ ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


スポンサーサイト

新作プレビュー  『 ヴィンセントが教えてくれたこと 』  < その2 >

◆ シラケた不良老人ビル・マーレイに学ぶ、よりよい〝意地悪ジジイ〟になる方法

 VメインP3
 ▲ 昼下がり、優雅なひとときを過ごすヴィンセント(B・マーレイ、右)とオリ
  バー少年(J・リーベラー)
       (C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.


        では、あら筋をば--

〔 七十手前か、せいぜい60代のヴィンセント (ビル・マーレイ) は、朝から恋人のストリッパー・ダカ(ナオミ・ワッツ)とベッドで一戦交えてる。ダカのお腹はポッコリふくらんで・・・そう、彼女、妊娠してるのだが、そんな事お構いなしに朝からセッセと励むふたり。事を終えたダカはヴィンセントに毒づくとさっさと家を出て行く。
 とっちらかった家の中に一人取り越されたヴィンセントは、愛猫のフェリックスを抱いてソファで昼寝だ。誰に煩わされることもなく、文句を言われることもない日常は、ひたすら自堕落で、ショボクレてはいるもののすこぶる快適である。

 そんな彼の日常に波風が立ち始める。隣に、シングルマザーのマギー(メリッサ・マッカーシー)一家が越してきたからだ。マギーの引っ越し業者に家の柵を壊されたヴィンセントは、その文句をマギーに言い、弁償しろと詰め寄る。実はその前から柵は壊れていたのだが、この思いつきのペテンとイカサマ、ゴリ押しクレーム、そしてギャンブルと酒をたのみに彼は今まで生きてきた。

 そんな不良老人ともいうべきヴィンセントは、ひょんな事からマギーの一人息子・オリバー(ジェイソン・リーベラー)を昼間預かるシッターの役を仰せつかる。マギーは看護士で朝も早よから働き、夜勤もあるから小学生のオリバーの世話ができない。女手ひとつのけなげな奮闘に、ふてくされジジイのヴィンセントもさすがに同情して・・・なんてことはなく、時給12ドルという高額謝礼をふんだくった上に、〝こんな俺が、わざわざ、この子の面倒を見てやるんだぞぉ〟と言わんばかりに恩を着せ、〝上から目線〟のシッター就任である・・・観ているコッチも胸くそが悪くなってくる。

 おまけに、ヴィンセントは学校で虐められたオリバーにけんかの仕方を教えてイジメッ子をブッ飛ばさせ、競馬場で子供に金を賭けさせ、場末のバーまで付き合わせる・・・社会勉強と言うにはまだ早い! 
 ヴィンセントじいサンのやってる事はほとんど〝不良のススメ〟、アンタは社会悪そのものか、と思っていたら、じいサン、オリバーをある施設に連れてった。そこにはヴィンセントの大事な人が・・・・ 〕



 少々長くなったけど、枝葉を書けばもっといろいろあるのだが、まあ、後は映画館で確認して下さい。

 とにかくオリバーの面倒を見ることになったとはいっても、スナック菓子を与えるだけでロクに飯は食わさないし、ストリッパーの恋人がうろつく自宅に連れてきて一緒に生活させるという、およそ教育上よろしくない事ばかりをやらかすヴィンセント。子供がいるから遠慮するとか配慮するなんてことは、最初から頭になく、それらを母のマギーに窘められても 「だってアナタがオレに息子を見てくれ、って頼んだんだろう!」 と開き直る始末。
 まったくとりつく島もないほど、自堕落でグータラで、そんな自分を変えないヴィンセントなのだけど、そんな彼にもいろいろね、ま、あるわけですよ。グータラしていても、ダテに長くは生きてない。やっぱあるんです、人に言えない事が・・・

    そいつもやっぱり劇場で確認かなあ、言っちゃうとつまんないから。      <続く>

     ※ 『ヴィンセントが教えてくれたこと』 公式HP : http://vincent.jp/

■ 東京・TOHOシネマズ日本橋、札幌・ディノスシネマズ札幌劇場ほか
                全国で公開中               配給:キノフィルムズ ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





新作プレビュー  『 ヴィンセントが教えてくれたこと 』  < その3 >

◆ どんな人にも伝記作家は必要だ <前編>

 VP4
 ▲ ヴィンセントからケンカの勝ち方を習うオリバー
         (C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.


 〝 どんな人にも伝記作家は必要 だ〟-- コレは映画に出てくる言葉でもなんでもない。ジャズ野郎がある時期から思っている事で、そうだなあ、親父が死んだ頃からかな。

 うちの父親は堅く生きた人で、国から大層な賞をもらったりはしなかったが、家族のために一生懸命働いてくれた。まあ、どこにでもいる普通の父親だったと思うけれど、その子供である私にはやはりかけがえのない存在で、あの時はこうだった、あの時はこうしてくれた、というありがたい思い出しか、今は浮かばない。それらはイチイチ私の脳裏をかすめ、そのたびに頭を垂れ、思い沈むけれども、そうした父のしてくれた行為(偉業)というものは、私の記憶には残るけれども、他人の人にはまったく伝わらない。ま、伝わらなくてもいいのだが、コレがやはり遺子の息子(ジャズめ)となると、〝こういう男がいた事をなんとかどこかに残したい〟と思う。
 だから人は親や家族の思い出をエッセイとかなにかの文章に残したりするんだろうけど、いわゆる政治家とかのお偉いさんとか作家、画家などの芸術家、タレント、芸能人の娘だとか息子とかなら、書き残しても本になったりして、それが売り出されてみんなが知ることができる。
 そこへいくと、名もない一般人は、せいぜいブログかフェイスブックに書く程度じゃないですかね。それでも昔と違ってインターネットやSNSがあるから、そんな事もできるわけですが。

 それはともかく、ウチの父のような名もない人の生死を、その人生を、どのように生きてきたのかを側にいて観察し、事細かく記録してくれるような、そんな存在って必要なんじゃないのかな、といつの間にか思うようになってきた。
 
 生まれて成長して、学校に上がって、就職して、結婚して、子供が生まれて、その子供を育てて・・・という誰もが同じように営む、しがない人生であっても、人それぞれに違いがあって、まったく同じ人生というものはないハズだ。学校に上がったり卒業したりはほぼ同じでも、学校生活の中身は違うに決まってるし、就職なんかみんな違う。結婚する人もいれば別れる人もいたり、子供がいる人もいれば、いない人もいる。
 と、そういう、その人物だけの人生のピンキリをずっと観ていて、何かに残しておく。別に文章じゃなくてもいい、写真でも、ビデオでも(個人的には、映像はちょっと心に食い込みすぎるので、やっぱ文章程度でいいように思いますが)。

 そんな風に何かに残しておかないと、亡くなって火葬場で焼かれて灰になったら、その人の思い出ってのは心の中だけにしかないってことになる。それでもいい、と最初は思っていたけど、その思い出を有している自分が死んじゃえば、親の記憶もなくなるんだ・・・なんて思い始めてからですかね、「伝記作家は必要だ」なんて考え出したのは。                  <続く>

 VP5
▲ 「ホントは隣のぐうたらジジイさんに預けたくなんだけど・・」と思ってる母の
  マギー(M・マッカーシー、右) (C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

     ※『ヴィンセントが教えてくれたこと』 公式HP: http://vincent.jp/

■ 東京・TOHOシネマズ日本橋、札幌・ディノスシネマズ札幌劇場ほか
             全国で公開中               配給:キノフィルムズ ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





新作プレビュー  『 ヴィンセントが教えてくれたこと 』  < その4 >

◆ どんな人にも伝記作家は必要だ <後編>

 VP7
  ▲ 競馬場でオリバーに馬券の買い方を教えるヴィンセント。
           (C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.


 いやウチの親父のことだけじゃない。4人に1人が高齢者(65歳以上)ってこの国で、公園や路上に寝泊まりするホームレスとか生活保護で老後を暮らす簡易宿泊所のおじさん、おばさんとか、そういう人たちにも、やはり聞けば胸打たれる人生の出来事、軌跡ってものがある。なにか、そういうものを何かに残せないものか。死んでしまえば、その軌跡 -- 人生上の教訓や生き方のヒントになるかもしれない貴重な経験 -- も失われてしまう。だとしたら、そういう人たちの述懐をなんらかの形で残しておくべきではないか。

 〝伝記作家〟はホントは〝 座付作家 〟としたいのだけど、座付作家っていうと、その昔の歌舞伎の座頭役者、新派・新劇の劇団に付き従って、その座頭役者(や主演級の俳優)が映える狂言(演目)を書く専属の劇作家というのが本意。その役者の人となりや人生を書く、のではなく、その人が演じる物語を書くのだから、意味は違ってきちゃうので伝記作家が正しいのだけれど、常に側にいて役者の一挙一動を見守ってないと、役者にあう役柄やストーリーというものは生まれてこない。
 だから、〝どんな人にも座付作家は必要だ〟としたかったんだが・・・まあ、いいや。


 ・・・で、なんで〝伝記作家は必要だ〟なんて事を書いたかというと、 『 ヴィンセントが教えてくれたこと 』 の中に、まさにそれを実現したようなシーンが登場するのです。

               やー、まったく予想もしなかった。

 シラケたふて腐れ老人ビル・マーレイが自由気ままに〝呼吸する〟、ダル~~~イ日常を見せつけるだけ、と思っていたNY下町( ブルックリン )のやや猥雑な日常スケッチに、こんなステキなワンシーンが登場するなんて!


              嬉しかったねえ、いつになく・・・。


 しかも、先に言っちゃうけど、この映画のエンド・クレジットは腹ボテのマーレイがビーチチェアにどてッと寝腐って、ボブ・ディランを口ずさむってシーンで、これのダラダラした怠惰な感じはオープニングのそれとほぼ同じである。


 しかし、何かが違う。寝そべって昼間からビールを食らうビル・マーレイの、不良じじいヴィンセントの何かが変わったのではない。実際、彼は何も変わってはいない。


          彼を見つめる、我々観客の心が変わったのである。


 少しだけ彼を見つめる視線が優しくなったのだ。私たちの心の中に、こういう人生もまたいいのでは、と思う余裕と寛容が芽生えたに違いない。もしそう思えたら、例えば老人ホームにいる要介護のお年寄りにも、いや街行く普通のお爺さん、お婆さんにもちっとは温かい気持ちで接することができるのでは?

 近い将来、このビル・マーレイのようなクソジジイになるであろう〝不良老人予備軍のジャズ野郎〟( コレ半分ジョークで半分マジ。アハハハ ・・・ ン? )は、かくも考えたのでありました。    <終>


◆ 監督・脚本は、CM界出身で、短編やドキュメンタリーで各種の映画賞に輝いた セオドア・メルフィ

VP6
▲ 「なんでヴィンセントの子供を産まなきゃなンないの! しくじったワ」と思っ
  てる恋人のダカ (N・ワッツ、右) (C)2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

     ※『ヴィンセントが教えてくれたこと』 公式HP: http://vincent.jp/

■ 東京・TOHOシネマズ日本橋、札幌・ディノスシネマズ札幌劇場ほか
            全国で公開中               配給:キノフィルムズ ■


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
夏フェスのお供に甘いスイーツを ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
17位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR