新作プレビュー  『 LA LA LAND 』

◆ Rhythm & Dancin' - 試写会で踊り出した淀川さん <前編>

汚れた顔の天使・表紙
▲『汚れた顔の天使 ジェームズ・キャグニー自伝』 ジェームズ・キャグニー著
 手元にある1981年版には「訳者・山田宏一」とだけあるが、映画評論家の宇田
川幸洋さんも翻訳に協力していて表紙にお二人の名が載った版もある。また出
版社も「出帆社」とあるものが多いが、手元にあるのは「出帆新社」。同書は19
90年に早川書房から『ジェームズ・キャグニー自伝』として再発売されている。
 書名の〝汚れた顔の天使〟は言うまで
もなく、1938年のキャグニーの名作(マイケル・カーティス監督)から(原書の
タイトルは〝CAGNEY BY CAGNEY〟)。


       来週に迫ったアカデミー賞授賞式にちなんで、オスカーがらみの話を一席。


 ギャング映画で鳴らした往年のハリウッドスター、ジェームズ・キャグニーはもともと街角で芸を見せるボードビル(大道芸)出身で、そのボードビルから舞台に、舞台から映画に進出し、ワル役のみならず、唄って踊れる多彩なエンターテイナーとして活躍、広く映画ファンに愛された。当然、彼はアカデミー賞をもらっていて、1942年の『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』で主演男優賞に輝いている。

 「ジェームズ・キャグニー自伝」の副題を持つ彼のバイオグラフィー『汚れた顔の天使』(ジェームズ・キャグニー著、山田宏一・訳、出帆新社)にはそのあたりの事が書かれているのだが、ここで紹介したいのはキャグニーの話ではない。この本の後書きである。翻訳者の映画評論家・山田宏一さんが書いている後書き「ダーティ・キャグニー-後記に代えて」を初めて読んだ時、そこに書かかれていた〝伝説〟に思わず胸が高鳴った。

 『ワーナー映画五十年史/映画が私たちを作った』〔★1〕 という、WB(ワーナー・ブラザース)の社史のような未公開のフィルム・アンソロジーがあって、そのささやかな試写会が行われたとき、『ヤンキー・ドゥードル・ダンディー』のジェームズ・キャグニーが見事なタップ・ダンスを披露するシーンを見て、感極まった淀川長治さんが、思わず試写会の椅子から立ち上がって、いっしょに踊り出した、という伝説的なエピソードがある。
 「ほんとうですか?」と淀川さんにお会いしたときにたずねたところ、
 「大げさですよ、そんな。踊り出したなんて? ほんのちょっとですよ」
 とのお答えで、このはげしく完璧な〝同化〟を否定しはしなかった。
(『汚れた顔の天使 ジェームズ・キャグニー自伝』ジェームズ・キャグニー著、山田宏一・訳、出帆新社)
                                     ※〔〕内、ジャズ野郎註。



 マスコミ試写会というのは、ベテラン映画評論家の怖いセンセイや大手新聞社のウルサ型の記者さん、業界のお偉方が集まる厳粛な、ちょっとナーバスな場所である。そんなド緊張ものの所で、映画に感化されて〝踊り出した〟淀川さんを私は一も二もなく尊敬する。

 映画を観ていて、感極まる瞬間というのはいくらでもある。
 まして『ヤンキー~』はミュージカルだ。ミュージカルには唄って踊りたくなるような、ハイ・アンド・ハイな高揚感に突き上げられる場面が付きもの。歌唱シーンやダンスシーンの間はそんな、肌が総毛立つというか粟立つというか、頭の芯がジーンとする、胸ドキドキの、限りなくトランスめいた状態にはなるから、我慢できなくなって踊り出しちゃうのも判るけど、お堅いセンセイ方ばかりのマスコミ試写会ではねー。上映中、席を立つのだって気が引ける。

    なのに淀川さんは踊ったってンだから! 凄いよね。 <続く>


        『 LA LA LAND 』 公式HP : http://gaga.ne.jp/lalaland/



https://youtu.be/lV5XmoWC8Mo

 ■ 2月24日より東京・TOHOシネマズ日本橋、札幌シネマ・フロンティア、
            ユナイテッド・シネマ札幌ほかで全国ロードショー 配給:GAGA ■



★1 『ワーナー映画五十年史/映画が私たちを作った』 は1973年製作。ウエブサイト「KINENOTE」(http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=73938)の解説によれば、

「 ワーナー・ブラザース映画創立50周年を記念して、その歴史を約100本にも及ぶ名作のモンタージュで構成したドキュメンタリー。1973年10月3日、東京・有楽町 朝日講堂で行われた「キネマ旬報東京ご愛読者特別試写会」にて上映。(以後、福岡、大阪、高知などで上映)」

 と言うことで淀川さんが参加したのはおそらく東京の朝日講堂だったろうから、〝踊り出した〟とすれば割と大きな会場で、という事になる。映画会社の狭い試写室ではないようです。

                   *****

 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
『 ラストシーンの余韻 』、紙の書籍で発売中!

ラスト表紙200  著者(発行者)・高村英次 価格2100円(税、送料とも込み)

 

 ◇ 廉価な電子書籍版の 『 ラストシーンの余韻 』 はこちらから
   ◆アマゾンKindleストア   AND   ◇楽天ブックスで発売中!




スポンサーサイト

新作プレビュー  『 LA LA LAND 』

◆ Rhythm & Dancin' - 試写会で踊り出した淀川さん <後編>

J・キャグニー
▲ジェームズ・キャグニー 〔1899 - 1986〕
出典:ウェブサイト「ジオンティーズ」http://www.geocities.jp/h2o_classic/j-cagney.html
※『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』は1942年のワーナー映画。監督:マイケル・カーティス
  出演:ジェームズ・キャグニー、ウォルター・ヒューストン、ジョーン・レスリー


 キャグニー自伝『汚れた顔の天使』を読み終わってすぐの頃、私は訳者の山田宏一さんにお会いしてお話しさせてもらう機会があったので、さっそくこのヨドガワ伝説について訊いてみた。


私  「『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』は1942年製作で、日米が戦っていた太平洋戦争真っ最中の作品で、当時、日本ではアメリカ映画は敵性映画で上映禁止。戦後も未公開にされたのでアカデミー賞に輝いたキャグニーのダンスが見られなかったわけですよね。すると淀川さんは、その〝幻のダンス〟が『ワーナー映画五十年史~』で偶然観られた事に感動して、踊ってしまったんでしょうか?」
山田さん  「うーん、それはどうかわからないけど」
私  「でも本当に試写会で踊ったんですか?」
山田さん  「〝踊ったといっても、ほんのちょっとですよ〟とおっしゃってたから、立ち上がってタップを踏んだぐらいじゃないですか」
私  「でもマスコミの重鎮、お歴々も多くいる、ピリついた雰囲気のマスコミ試写で、よく踊れましたね」
山田さん  「それだけキャグニーのダンスにマイッちゃったんじゃないですか」


 この時、私はまだ『ヤンキー~』を観ていなかったので、さっそくビデオを借りてきて観てみた。『ヤンキー~』はブロードウェイの偉大な興行師ジョージ・M・コーハンの半生を描いた伝記ミュージカルで、コーハンへのリスペクトを謳いあげているのはもちろんだが、製作時は太平洋戦争中だったから「日本軍をぶっ潰せ!」といった戦意高揚を意図したプロパガンダ的な要素も強く感じられる映画で、戦後も日本で未公開にされたのはよく判る(1990年代になって劇場公開された)。

 しかし『ヤンキー~』を観ることは観たが、その中のどのシーンが『ワーナー映画五十年史/映画が私を作った』に使われたのかが判らないので、淀川さんがどの〝踊るキャグニー〟に感激して踊り出したのか、は判らなかった。
 だがおそらくそのシーンは、英国のダービーに参加しながら失格になったコーハン(キャグニー)扮するジョッキーがNYに帰還する一行を見送る波止場で唄い踊る、「ジョニー・ジョーンズ」でのワンシーンではないか、と察せられた。

 なぜそう思ったかというと、そこでのキャグニーのダンスがもの凄かったからである。

 ミュージカル映画におけるダンスといえば(フレッド・)アステア、(ジーン・)ケリーだと思っていた私は、このどちらかと言えば小柄(短躯)の、動きはすばしっこそうだけど、さほど華麗なダンシングをするとは思えなかったキャグニー(彼の伝記を読んでいたにも関わらず、ナメていた)が、圧倒的なリズム感とダイナミズムで踊りまくるのを観て、呆気にとられた。

              「コイツはすげぇーーや!」

 ギャグニーのステップ&ダンスには、アステアの優雅さも、ケリーのようなバレエ仕込みのしなやかさもない。独特な、もの凄く速い脚さばきとジャンプが身上で、とにかく速い! パッと飛び上がって、身体を左・右に傾けながら右の脚を左の脚で叩き、次に飛ぶ時には左の脚を右の脚で叩く。コレってよくミュージカル(40~50年代)に出てくるステップで、その昔、ジャズのキャブ・キャロウェイなんかもやってかと思うけど、それを目にもとまらぬ素早さでやり、腰の所で身体をくの字に曲げて、脚を突っ張ったようにしてダダッ子みたいにズンズンズンズン歩くかと思いきや、これまた凄いスピードでタップを踏んで飛び跳ねる。とにかく身が軽い。身が軽くなきゃ、こんな動きはできない。

 そしてダンスの最後にクルッと一回転して正面(観客)の方に向き直り、両手を広げてパッと止まる(ここが見事!)。私も思わず踊り出したくなったが、淀川さんみたいに踊ることはなく、しかしこのシーンを何回も何回も繰り返して観た。感激した・・・そして痛感した。

      「そうか、これじゃ、淀川さんも試写会で踊るわけだよな」

 <続く>

      『 LA LA LAND 』 公式HP : http://gaga.ne.jp/lalaland/

https://youtu.be/aM4ouq7iPZY

▲『LA LA LAND』の挿入歌 「SOMEONE IN THE CROWD」。この映像クリップ、映画の劇中
カットも登場するが、エマ・ストーンやバックダンサーらの群舞はPVと思われる。だが映画を
上回るほど踊りも編集もメチャメチャ素晴らしい仕上がりだ。


 ■ 2月24日より東京・TOHOシネマズ日本橋、札幌シネマ・フロンティア、
              ユナイテッド・シネマ札幌ほか全国でロードショー 配給:GAGA ■


                  *****

 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
『 ラストシーンの余韻 』、紙の書籍で発売中!

ラスト表紙200  著者(発行者)・高村英次 価格2100円(税、送料とも込み)

 

 ◇ 廉価な電子書籍版の 『 ラストシーンの余韻 』 はこちらから
   ◆アマゾンKindleストア   AND   ◇楽天ブックスで発売中!





新作プレビュー  『 LA LA LAND 』

◆ ついにやってきた、俺たちのリズムが! 

 かくもミュージカル(映画)とは、そうした至上の昂揚感を観る者に与え、幸福感で包み込むSingin' & Dancin' のスペクタクルではあるが、そんなこの上なく胸がときめくというか、普段、ダンスなんかしない人をも踊り出させてしまうようなゴキゲンな瞬間がこの『LA LA LAND』にもあるのです。

 キャグニーみたいな凄いダンスやステップがある、というのではなく、それを観た時に感じる、熱い鼓動情熱がほとばしる瞬間がある!

 先に書いた「Rhythm & Dancin' - 試写会で踊り出した淀川さん」の<前編><後編>を読めば、ジャズ野郎がミュージカル好きだと判ると思いますが、『LA LA LAND』はそんなミュージカル・マニアが夢中になる程度の〝ご陽気な映画〟なんだろう、と思うかもしれない。ご陽気はご陽気だがこの映画の舞台はロス、つまりハリウッドだ。ハリウッドには陽気な面ばかりじゃなく、度しがたく暗い面もある。要するに〝光と影〟ってヤツですよ。だから、いろいろあるわけです。

 でも、それにしても、嬉しい! 嬉しい映画だった。

 何が「嬉しい」かは言わないことにしましょう。実際、私は『LA LA LAND』の具体的な中身については何も語っていないのだけど、それはこの監督デイミアン・チャゼルの前作『セッション』を紹介した時(2015年4月17日付け、http://ag4nematwc.blog.fc2.com/blog-entry-408.htm)にもそうしたように、具体的な中身や良さについては何にも語りたくないのです。
 ただただ観ていただきたい。でもそれだけだと2、3行ですんでしまって、間が持てないからJ・キャグニーの話なんか持ち出したわけですが(笑)。

 先入観なしに虚心でご覧下さい。ジャズ野郎が言いたいことは、ただひとつ。



    この〝 青春 <えいが> の輝き 〟を見逃すな!



       『 LA LA LAND 』 公式HP : http://gaga.ne.jp/lalaland/

https://youtu.be/0pdqf4P9MB8

La La Land (2016 Movie) Official Trailer – 'Dreamers'
※ギャガさんには悪いが、このオリジナル予告編の方が日本版よりずっといい。

 ■ 2月24日より東京・TOHOシネマズ日本橋、札幌シネマ・フロンティア、
         ユナイテッド・シネマ札幌ほか全国でロードショー  配給:GAGA ■



                      *****

 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
『 ラストシーンの余韻 』、紙の書籍で発売中!

ラスト表紙200  著者(発行者)・高村英次 価格2100円(税、送料とも込み)

 

 ◇ 廉価な電子書籍版の 『 ラストシーンの余韻 』 はこちらから
   ◆アマゾンKindleストア   AND   ◇楽天ブックスで発売中!




緊急コラム 番狂わせとミステイク - 決定!第89回 アカデミー賞<1>

◆ 〝許されざるミステイク〟は誰のせい?

LAポスター350


 20年余、映画ライターをしているが、試写で観てとても気に入り、再度、金を払って劇場に観に行った映画というのは3本しかない。

 ミシェル・ファイファー&ブリッジス兄弟(ジェフとボー)の『恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』(1989、スティーブ・グローヴス監督)、
仲里依紗&中尾明慶の『時をかける少女』(2010、谷口正晃監督)、
そして今公開中の『LA LA LAND』(デイミアン・チャゼル監督)。

 『時かけ』は、筒井康隆さんのムック(「筒井康隆の『全仕事』大研究」洋泉社)制作のために、つまり〝仕事で〟観に行ったから、実質的には『ファビュラス~』と『LA LA LAND』の2本ってことになるが、まあ、それだけ『LA LA LAND』が気に入ったってわけです。

 観に行った2月27日にアカデミー賞の発表があるのは百も承知で、朝の1回目を観に行き、観終わって劇場を出る時、ロビーやエントランスの壁に貼ってあるポスターに「第89回アカデミー賞作品賞受賞!!!」って書いたシールがうやうやしく貼り付けられているだろうな・・・・と思っていたが、11時20分頃に劇場を出たがポスターはそのまんま。一緒に『LA LA LAND』を観ていたらしいカップルが近くにいて、カレシがスマホをいじりながらカノジョに「もう、作品賞の発表があったかなと思ったら、まだ決まってないんだ」とかなんとか言ってたので、「あー、そうか、そういう事か」と思い、映画館のあるサッポロファクトリー内をブラブラ散策して家路に着いた。

 ところが驚いたのなんのって! 

 家でニュースを観たら作品賞は『ムーンライト』だっていうじゃないか!!!
 まさか、まさかのオスカー落選・・・落選っていっても、エマ・ストーンは主演女優賞に、D・チャゼルは監督賞に、ゴキゲンなミュージカル&ジャズのナンバーを作曲したジャスティン・ハーウィッツは作曲賞と歌曲賞に、とめぼしい賞はゲットしたのだが、それにしても作品賞を落とすとは・・・!

 しかも、一度は「And Winner Is ・・・ 」か「Oscar Goes To ・・・」かでもって、

      『LA LA LAND!』    WaoooooooooooooOH!!!!

 とその受賞が発表され、監督その他の受賞スピーチもあったというのに、それが終わってから、受賞は間違いで本当の勝者(受賞者)は『ムーンライト』と訂正発表された、というなんとも笑えないオチがついた。
 これはその昔、フランク・キャプラ監督が「受賞者は・・・フランク・・・」とファーストネームを聴いただけで自分が獲ったものと早合点して、ステージにのこのこ出て行こうとしたら、

           「・・・(フランク・)ロイド!」

と別の監督の名前が呼ばれて、スゴスゴと席に戻ったという赤っ恥ものの実話(第6回の授賞式)を元に作られた、『オスカー』(1966、ラッセル・ラウズ監督)みたいじゃないか!

 好事魔多し・・・世の中、本当にいろんな事があるもんだ。 <続く>

                      *****

 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
『 ラストシーンの余韻 』、紙の書籍で発売中!

ラスト表紙200  著者(発行者)・高村英次 価格2100円(税、送料とも込み)

 

 ◇ 廉価な電子書籍版の 『 ラストシーンの余韻 』 はこちらから
   ◆アマゾンKindleストア   AND   ◇楽天ブックスで発売中!




02/27のツイートまとめ

JAZZyaro

『ラ・ラ・ランド』上映前、座席下のライトが明滅してたので、係の人に直してもらった。ユナイテッドシネマ札幌3階の「9番スクリーン」担当のお兄さん、ありがとう。 https://t.co/jbDtUGzH6l
02-27 21:48

緊急コラム 番狂わせとミステイク - 決定!第89回アカデミー賞<2>

◆ 主演男優賞に輝いたケイシー・アフレックのこと(1)


マンチェスター300
▲『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(5月13日公開、配給ビターズエンド、パルコ)
公式HP:http://www.manchesterbythesea.jp/
(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.


 もちろん、アカデミー作品賞を逃したと言っても、ジャズ野郎の『LA LA LAND』に対する愛情はなんら変わらないわけだが、それにしてもプロ顔負けのピアノタッチを見せたライアン・ゴズリングが主演男優賞を逃した、ってのは至極残念。

 しかもそのライアンを押しのけて主演賞を射止めたのが、あのベン・アフレックの実弟ケイシー・アフレックだっていうから驚きよー! 
 なぜって、ジャズめはこの人に会っている。18年前の1999年秋に『200本のたばこ』(1999、リサ・ブラモン・ガルシア監督)って映画のPRで来日した時、雑誌『マリ・クレール』の取材でインタビューした。マット・デイモンとともに『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997、ガス・ヴァン・サント監督)で売れた兄ベンに比べ、幾分、影が薄いような感じがしたが、誠実そうな好青年で、

「『マリ・クレール』のインタビュ-なら何をさしおいても受けますよ」

なんて嬉しい事を言ってくれて、小一時間楽しく歓談した。

 その後、ブラピの長~い西部劇『ジェシー・ジェームズの暗殺』(2007、アンドリュー・ドミニク監督)でアカデミー助演賞ほか各映画賞の男優賞の候補になったり、受賞したりして、
「へー、あの弱々しく思えた、ナイーブなケイシーが玄人好みのイイ芝居するようになったなあ」
 と思っていたら、今回、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』って作品で、見事、主演男優賞獲得!

 人ごとながら嬉しいネ。兄貴のベンは脚本賞だけでなく、製作・演出・主演を兼た『アルゴ』(2012、ベン・アフレック監督)で作品賞も獲ってるが、〝演技〟での賞は弟の方が先に獲っちまった。凄い兄弟だよネ。 <続く>

                      *****

 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
『 ラストシーンの余韻 』、紙の書籍で発売中!

ラスト表紙200  著者(発行者)・高村英次 価格2100円(税、送料とも込み)

 

 ◇ 廉価な電子書籍版の 『 ラストシーンの余韻 』 はこちらから
   ◆アマゾンKindleストア   AND   ◇楽天ブックスで発売中!




The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
19位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR