巨匠のムチャブリ-黒澤明 『トラ・トラ・トラ!』事件の真相 その2

◆ すべては【照明器具落下事件】から始まった

 照明器具とは映画撮影用のライトのことである。5キロ、10キロなどとワット数が増えるに従って外観やレンズが大型化するムービー・ライトはセット撮影の必須のアイテム。この大振りな鉄の塊が演技者を照らすセットの上部から落ちて、俳優やスタッフにでも当たれば大けがはもちろん、当たり所が悪ければ死に至る。

 そんな取り扱い要注意な危険物がいきなり黒澤監督の目の前にドーンと落ちてきた。撮影に入って3日目の1968年12月4日のことである。咄嗟に監督は

「オレは京撮(東映京都太秦撮影所)の連中(スタッフ)に命を狙われている

と思い込んでしまい、妄想が膨らんで後にさまざまな異常行動を起こすようになり、スタッフに過剰な無理難題をふっかけるようになっていく。

 もともと黒澤監督というのは、完全主義の指針のもと、撮影中にムチャな要求をする事が多い。
 侍武将役の三船敏郎に向かって夥しい弓矢を本当に射らせて、三船に死ぬほどの恐怖を味あわせたり(蜘蛛巣城)、キャメラのフレームに入る一軒の民家を「あの家が邪魔だ」と取り壊させて、撮影後に同じように復元したり(天国と地獄)、といった話はあまりにも有名である。これらのムチャブリは黒澤明の偉大さを示すもので、「なッ、だから黒澤映画は凄いんだよ」といった感じで黒澤伝説を過剰に喧伝してきた。

 しかし、殊、『トラ・トラ・トラ!』で彼が引き起こした事件の数々は巨匠の名を貶める、常軌を逸した、みっともない、情けない失態の数々で、その12件もの事件は自身の偉大なキャリアに泥を塗るようなラインナップである。
 そのすべてが、撮影現場レベルで見る限り、このライト落下に始まっている。もっともライトが落下したといっても、それで黒澤監督が怪我をしたわけでも、他のスタッフが怪我をしたというわけでもない。みな無事で、普通なら「あー、ビックリした。気をつけろ、コノヤロー!」ですむことだが、黒澤監督は「命を狙われている」と過剰反応して、疑心暗鬼を深めてゆく……。   〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
夏フェスのお供に甘いスイーツを ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
15位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR