Coffee Break - 排除される変革者、松竹を変えようとした人々 <その1>

< 清水宏が松竹の大船撮影所を追われた > ところで 【清水宏 恐るべき子供〝天使と悪魔〟】の連載はひと休みとして、この当時(終戦前後)の撮影所の様子を大製作者・城戸四郎の動向を横目に見ながら、その城戸(蒲田=大船システム)に逆らった者たちの知られざる反抗(ドラマ)を紹介していくことにしましょう。

                 *****

◆ 松竹を松竹たらしめた大製作者・城戸四郎の功罪

 松竹映画に 蒲田=大船調 という独特のカラーを敷き、時代劇を製作した一方の雄・京都勢と拮抗する形で、日本映画のオーソドックスな形式(スタイル)を築いた、大船撮影所長の 城戸四郎 は東大卒のインテリであり、自称〝リベラリスト〟だった。
 偉大な製作者であり、日本映画の功労者であることは論を待たないが、しかしこの城戸が撮影所に君臨しすぎたために、松竹映画は蒲田=大船調というカラーを長らく固守することになり、よって硬直化し、マンネリ化・平凡化し、要するに--
〝きれい事で、生温くて、つまらない〟作品を量産して、日々、威勢を弱めていく。

 日本映画の斜陽化は60年代後半以降に顕著となるが、松竹自体の斜陽化は 『君の名は』 (昭和28-29=1953-54年)の大ヒットの後からすでに始まっていたといわれ、映画の観客数がピークに達した昭和33年(1958)には下り坂を下っていく一方であった。

 松竹が、松竹の映画がそうなる事を内部の人々が気付いていなかったわけはない。映画は、今も昔も時代の流行の先端にあって、よって常に「先に、先に」と次に来るもの(当たる題材)を予見していかなければならない。そうじゃないと衆人の関心を引く、キャッチーで魅力的な作品は生まれない。
 そうした場合、やはり映画会社のトップの感性が柔軟で、かつ好奇心に富んでいる事が求められるのだが、明治生まれのインテリにそれを求めるのは酷である。
 だがこの明治のインテリ(城戸四郎)は、殊更、自分の敷いてきた映画路線に自信を持ち、自分以外の人間がそれを変えようとしたり、矯めそうとするのを許さない。
 よって、こうした硬直した製作者のもとから作り出される映画は、時代遅れで古くさく、マンネリでダサく、要するに観客のメイン・ターゲットである若者や若い女性にアピールするようなものが生まれてこない。






 これら城戸四郎のウィーク・ポイントは、蒲田・大船の佳き時代からすでに周囲の者には知られていたのだが、その存在の大きさや自分に異を唱える者を周到に排除していく工作(権謀術数)を恐れ、その体制を退陣に追いこむことができなかった。城戸は、その昔、松竹の総帥・大谷竹次郎から直々に蒲田撮影所の運営を任された、時の権力者・野村芳亭監督を蹴落として、蒲田の所長になったほどの策士である〔【野村芳亭、知られざる巨人 <その17>】2013年4月6日付、参照〕
 だから、その城戸を追い落とす、となると容易ではない。その言動(反感)や行動(計画)がちょっと睨まれただけでも、格下げになったり、閑職や地方へ飛ばされるから迂闊な事も言えない。

 しかし、こんな巨大な城戸四郎に挑戦した男たちがいた。有名なのはメッセージ色が強い、政治的な内容の、アンチ大船的な作品を作った大島渚監督らの松竹ヌーベルバーグのグループであるが、そのずっと以前、戦前にも城戸が敷こうとしたディレクター・システムや城戸自身(の性格)に反抗して、諸口十九勝見庸太郎などの蒲田のスターが撮影所を去っていく、ということがあった。

 しかし、これから紹介するのは、城戸と同じプロデューサー職、撮影所長にあった、製作畑の人間の話である。
 城戸体制への反抗と挑戦は、城戸が松竹から離れざるを得なかった時期--第2次世界大戦末期と戦後の公職追放--に乗じて現れ、また城戸が在任中の時にもしばしば登場して、城戸の心胆を寒からしめた。
 寒からしめた、はオーバーかも知れない。なぜならそうした心ある松竹人はその都度、城戸によって葬り去られてしまうから。
 
 しかし、自分が先々、更迭もしくは左遷、失脚の憂き目に遭うことが判っていながらも、行動を起さざるを得なかった彼らは、おそらく真に松竹を、松竹映画を愛していた人達であったろう。

 その勇気ある男たちは--

   狩谷太郎大谷博高村潔細谷辰雄三嶋与四治脇田茂・・・

 といった面々。今回はこの「清水宏追放」を機に、この時に大船にいた狩谷太郎を紹介します。 〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
17位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR