Coffee Break - 排除される変革者、松竹を変えようとした人々 <その2>

◆ 国策の戦争映画を敬遠した城戸が窮地に・・・

 とにかく大船撮影所のドンであった 城戸四郎 とは、そういう人物(昨日アップ分)であったから、時局に迎合した戦争を礼賛する国威発揚映画など作りたくはなかった。

 小津や五所といった子飼いの監督達にも撮らせようとしなかった。

 それは態度としては立派だが、この時期、軍関係に撮影用フィルムや機材、セットを作るための資材などすべてを押さえられていた日本の映画会社は、それらを撮影所に廻して貰うためにある程度はお国寄りの姿勢を見せ、ゴマをする よりしようがなかった。
 加えて製作される作品数は減少し、また内容も時局に合わない娯楽的なものは映画化が許可されなかったから、しぜんと勇ましい戦争物や愛国的なテーマのものばかりとなる。
 城戸はそれが嫌だったから、これ見よがしな国策モノには手を染めなかったのだが、それでも 吉村公三郎 など当時の新進監督や二線級の監督には戦争映画を撮らせてはいた。吉村監督の『西住戦車長伝』 (昭和15=1940年)とか、

      ♪ ああ あの顔で あの声で
              手柄たのむと 妻や子が ・・・

 の主題歌「暁に祈る」(作詞・野村俊夫、作曲・古関裕而)が映画とともに大ヒットした 『征戦愛馬譜 暁に祈る』 (昭和15年、佐々木康監督)などがそれである。

 だがそんなものではまだ足りない。ライバルの東宝は、『ハワイ・マレー沖海戦』 (昭和17=1942年)や 『加藤隼特攻隊』 (昭和19=1944年、いずれも監督は山本嘉次郎)などそれこそイケイケな国策の戦争モノを大量に製作・公開して、大いに潤い、よろしくやっている。軍部のウケもいい。
 それに比べて「松竹は何をやっとる、なぜもっとお国に協力した作品が作れないのだ」ときて、「それは城戸四郎がいけない」という具合に、時の撮影所長に対する風当たりは日増しに強くなってくる。
 当時の状況を城戸自身はこう書いている。

 …(略)…松竹内部においても、城戸が時局に乗り遅れるというような批判が出て来て、それが僕の耳にも入ったわけだ。東宝は、海軍と協力して新しい資材を購入しているというのに、松竹の方は少しも見通しがきかない。
 これは城戸のうぬぼれが禍しているという批判がちらちら僕の耳に入って来る。
 僕自身としては確信があったので、いわゆる銃後の健全娯楽映画中心に製作をつづけていた。
                (『日本映画傳 映画製作者の記録』城戸四郎、文藝春秋新社)


 そんな内向きな城戸の背中を押すべく、大阪の松竹本社から送りこまれたのが、狩谷太郎 であった。 〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
403位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
14位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR