人生で一番長~~く居たい場所 <その12>

◆ 江古田にいっぱいあった古本屋さん

 その2月15日放送の 『メレンゲの気持ち』 (NTV)で、石ちゃんがカメラの吉田君と食べ歩いていた店は、ほとんど知らないオシャレな店ばかりだった。オシャレな店なんか、当時の江古田になかったもん。


Sad Cafe
「Sad Cafe」・・・日芸通学中は、その名さえ知らなかった。
  だから入店経験もなし・・・。写真はウェブサイト「江古田日和」さん
  http://www.ekodabiyori.com からお借りしました。多謝。
  Copyright © 江古田日和(えこだびより).


 大学を出て数年経った頃、あるところで知り合った武蔵大学卒のお姐さんにジャズ野郎は、

Sad Cafeって行ったことある? あそこオシャレよね。 でもアンタには似合わないわ

 と屈辱的な言辞を吐かれたけれども、そこで初めて
「そんな店、江古田にあったんだ・・・」
 と思い知るような、オシャレなスポットにはことごとく無縁な男でしたから(今もですけど)。

ウェブの情報だと、「Sad Cafe」の店名は イーグルズ の6枚目のアルバム 『ロング・ラン』 のエンド・チューン 「サッド・カフェ(The Sad Cafe)」 からきているとか。店には入ったことないけど、それくらいはジャズ野郎にも判りやす。

 それはそうと、石ちゃんが食べ歩いていた、見慣れない江古田の店は、きっとジャズめが卒業してから後に出来た店なんでしょうね。でも、紹介こそされなかったが、時々、端々に馴染みのお店が映りこんでて、「あー、まだあるんだなぁ」なんて思って懐かしかった。

イーグルス デジタル・リマスター・シリーズ「サッドカフェ」
▲ 「The Sad Cafe」は本文に書いたように『ロング・ラン』に収録されていますが、
  ジャズめが持ってる音源は、音楽ライターの友人から貰ったマスコミ用サンプル
  CD。その「イーグルス デジタル・リマスター・シリーズ」の最終曲が
  「サッド・カフェ」。


 で、また1980年代の話に戻りますが--

 当時、とにかくこの駅の周辺には古本屋が多くあって、映画の古本を買ったり、古いシナリオ集、評論集なんかをよく立ち読みしたもので、そんなんで2時間でも3時間でも時間が潰せた。

 なんせ金(小遣い)がないもんだから、本が欲しくてもそうは買えない。

 当時、よく買ったのは、店頭に放り出されて山のように積まれていた、10円とか30円、50円、100円の文庫本の類。
 O ・ヘンリー(短編集)とか コレット(青い麦) チェーホフ とか。
 チェーホフっつったら 『かもめ』 でしょう。もちろん4大悲劇の 『桜の園』 『ワーニャ伯父さん』 『三人姉妹』 もいいけれど、やっぱ映画・演劇をやる人(創作をやる輩)は 『かもめ』 だよね。
 『かもめ』の中に出てくる作家志望の青年(トレープレフ)--彼は、自分や自分の周囲に起こる、何を見ても、また体験するどんな事件も騒動も客観視してしまう上に、身内の死さえもネタにできないか・・・と常に作品に使う題材を渉猟し続ける。その事に、苦悶し、孤独の淵にたたずんで、結局、 自殺 してしまう〔数十年前に読んだから、細部はうろ覚えで、おぼつかなくはありますが、確かこんな感じだったんじゃないか、と〕。

 ああ、そうか、物語を創作(つく)るモノ書きってのは、死ぬしかないんだなぁ・・・てな究極的な事を思い知らされて、絶句した覚えがあります。
 「作家、絵描き、デザイナー、そして(当時ジャズめが目指していた)映画監督やシナリオライターなんかもそうなんだろーなぁ」なんてね。
 ・・・懐かしいですねぇ。

O・ヘンリー/かもめ/貧しき人々
▲ 当時、読んでた古本=「O・ヘンリー短編集(一)」(大学時代に買った本を
  未だに持ってる。捨てらんなくて・・・アッ、本の中に名画座・池袋文芸坐
   「ぶんげいしねうぃーくりぃ」 (左上)が入ってた!  このミニ・パンフのコ
  ラムを読むのが愉しみだったんだ) / 「かもめ・ワーニャ伯父さん」 /
  「貧しき人々」(黒澤明監督が〝ドスちゃん〟と呼んだドストエフスキー)
   O・ヘンリー短編集については、来週、「人生で一番長~~く居たい場所」
   の番外編でちょっと語ります。


 で、O・ヘンリーとかこういうのをジャズめは、読みたかったわけではなかったけれど、 「城戸賞」 ってシナリオ賞(コンクール)にその名が残る、かつての松竹会長・ 城戸四郎 が言ったみたいに、
「映画監督になりたいのなら、シナリオを書けなきゃダメだ!」
てな事をまず教えるからね、日芸では。
 日芸ならずとも、映像関係の学校ではどこでもそうなんだろうけどサ。       〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
17位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR