新作プレビュー  『 フライト・ゲーム 』  <前篇>

◆ リーアム&ジャウマの〝アンノウン〟コンビ、再び!

フライト・ゲーム ポスター
▲ 『フライト・ゲーム』 ポスター (C)2014 TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. - STUDIOCANAL S.A.


 まー、とにかくオモロかった。
 期待に反して、というか、あまり期待してなかったのが良かったのかもしれない。テレビCFを見ても分かるように、地上1万2千メートル上空の旅客機内でタイヘンなことが起こるんだが、その趣向が巧いし、描く手際が速くて、緊張しっぱなし。見ている間中、アタマの芯がジンジンいうような、そんな秀作です。
 
 おそらくこの作品でやった、携帯やメールなど最新のITアイテムを使ってたたみかけるように描いていく手法、って今後のサスペンスの流行(はやり)になっていくでしょう。
 でも、この映画くらい、それを巧く使いこなした作品が生まれるか、どうかは判らない・・・そう思うほどに『フライト・ゲーム』の語り口は、お世辞抜きに、巧かった。

 そして監督の ジャウマ・コレット=セラ と主演の リーアム・ニーソン の息がピターッと合っている。コレがあまりにも〝合っている〟ので、二人が最初に組んだ 『アンノウン』 (2011) ってのをDVDで見てみたら、コレがすんごいですな! 

    なんでこんなすんごいサスペンスの傑作を誰も教えてくれなかったんだァーーーッ! 

って見ながら叫びましたもの・・・といって、勝手に映画の情報を仕入れていなかった(疎かった)ジャズ野郎が悪いに決まってるんですが、この映画って 東日本大震災 があった後の公開で、最初の邦題『消息不明〔原題:UNKNOWN〕』が震災で行方不明になった方々を連想させる、という理由で、タイトルが原題の〝アンノウン〟に変えられたりした。ワーナー映画の作品で、ワーナーさんは試写会に呼んでもらえるんだけど、何故かコレは招待が来なかった。ま、そういう事はしばしばあるので別にいいんだけど、あの震災の時期だけにヒッソリ公開され(ヒッソリ中止になっ)たせいかもしれない、同じワーナー作品の(これまた大傑作だった) 『ヒア アフター』 (2011、クリント・イーストウッッド監督)もそうだったから・・・。

 なにが〝すんごい〟って、『アンノウン』はアタマ(オープニング)からお終い(エンディング)までいいんですな。しかも--こういうとちょっと映画通の人は勘違いしちゃうかもしれないけれど-- アルフレッド・ヒッチコック監督の映画 のイメージや〝記憶〟をこんなに巧く劇中に再現したサスペンス映画っていうのは、ちょっと稀有なんじゃないですかね。
 ヒッチコックのイメージとかなんとかっていうと、大体の人は 『サイコ』 のシャワールームの殺人シーン をそれらしく真似て撮ってる、とか、断崖絶壁の上に主人公と犯人がいて格闘しながら落っこちそうになってハラハラさせる、とか、そういう映像的なイメージ(の模倣。ブライアン・デ・パルマ監督がよくやる)を思い浮かべると思うんですが、ジャウマ・コレット=セラ監督(この際、この長い名前を覚えましょう!)のやり方はそうじゃない。
 あくまでも『アンノウン』のプロットを正確に忠実に再現(描写)していって、その過程でヒッチコック映画に出て来るようなシーンやシークエンスにぶつかったら、ちょっとだけソレを匂わせるサインを見せる。そう、ほんのちょっとです。ほんのちょっとヒッチコックの匂いを醸し出す・・・だから、もしかしたらそれはジャズめの穿ちすぎた見方でもって、実際にはヒッチコックの真似でもオマージュでもないのかもしれない。
 しかし、それでも--

● 殺し屋に追われ屋根に逃げたリーアム・ニーソンが、落っこちそうになりながら必死でつかまる= 『めまい』 で同様な目に遭うジェームズ・スチュアート
● リーアムが写真展の会場で女房に詰問する=『めまい』の美術館で運命の女(キム・ノヴァク)を見かけるジェームズ・スチュアート
● フランク・ランジェラが○○時の画面(えづら)= 『海外特派員』 のあるシーンや 『サイコ』 でマーチン・バルサムが△△される時の階段
                         ※○○や△△は、未見の人のために伏せた部分。

 なんてあたりが出て来るのでハッとしますわな。
 その出し方に無理がなく、しかもコレ見よがしにやってないから、真似の仕方が大人です。だからヒッチコック・ファンでもそうと判らないかもしれない。ま、そんな事判らなくても、十分面白いんで、いいんですけどね。

 まー、でも『アンノウン』はリーアム・ニーソンが空港にアタッシュケースを置き忘れて、突然、事件に巻き込まれていく、というノッケ(冒頭)からしてヒッチコックですよね。コレって 、『三十九階段』 『北北西に針路を取れ』 『暗殺者の家』 『知りすぎていた男』 といったヒッチコック十八番の〝巻き込まれ型〟ですから。
 おまけにリーアムの妻が細身のブロンド美人(『北北西に針路を取れ』の エヴァ・マリー・セイント 似)だから、も ろヒッチコック・ヒロイン (金髪で長身でスレンダーで脚のキレイな、知的でホットな美女)ってわけで、ここまでやってて「ヒッチコックに寄せてない」なんて事はない。

 まだ未見の方々のために、ストーリーもなんも一切書きませんけど、絶対見てほしいですね。ジャズめはもうDVDを買う気でいます。

                             アンノウン J写
  ▲ DVD『アンノウン』 価格:1429円(税抜) 発売元:ワーナー ホーム エンターテイメント
             (C) TM & 2014 Warner Bros.Entertainment Inc. All rights reserved.
※映画『アンノウン』の公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/unknown/index.html


 ・・・なんだか『アンノウン』に入れこみすぎて、本題を忘れかけました。次回こそ、そのリーアム&ジャウマの新作 『フライト・ゲーム 』の紹介です。   〔続く〕

■ 9月6日より東京・新宿ピカデリー、
   札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほかにて全国ロードショー
                                 配給:ギャガ ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR