映画の語り部・淀川さんの想い出 < その7 >

◆ テレビ画面では大きく見えたけど・・・

 今は有り難いことに、試写会に呼んでもらって一般の映画ファンより先に新作映画を観ているわけですが、映画を好きになり始めたガキの頃ってのは、そういうもの(タダで映画を観る、それも新作を人より先に観る)に飢えていて、地元で開催される 試写会 なんかにもよく応募しました。抽選で当たったりしたら、それはもう、天にも昇るような心地でしたね。

 試写会ではないけれど、淀川さんみたいにテレビで 映画を解説している人 に会えるっていうのもかなり有頂天な体験だった。淀川さんじゃないけれど、中2の時に007シリーズの第10作 『007/私を愛したスパイ』 (昭和52=1977年)が正月映画として公開された時(昭和52年の年末)、そのキャンペーンで 水野晴郎 さんが来札した。

 その頃のボンド映画はまだユナイト映画、ユナイテッド・アーチスト作品ですよ! 

007ポスター
▲ 第1作『007は殺しの番号(ドクター・ノオ)』から第10作『私を愛したスパイ』までの日本版ポスター。長いことタンスに仕舞ってたので、折れた部分が伸びなくて・・・。このブログ記事を書いた2014年には手元にありましたが、ワケあって、私よりこのポスターを大事にしてくれる方に進呈。今、アタシの許に10枚のボンド・ポスターはありません。


 その水野さんがゲストの映画公開キャンペーンに、ジャズめも参加しました。水野さんの講演の後、握手会(握手してもらいました。肉厚な掌だった)、そして歴代ボンド映画のポスターのプレゼント(だったか、廉価な値段、確か 10枚1千円 での即売だったと思う)という、今じゃ信じられない、夢みたいなプログラムでしたね・・・だからジャズめは正規のルートで 『ドクター・ノオ』 から 『私を愛したスパイ』 までのポスター(10枚!)を手に入れ、今でも愛蔵しているわけですが、その時、初めて間近で見た水野さんはデッカかった! 背丈はそれほどでもないけど、横幅があってテレビで見るよりも大柄で貫禄タップリな感じがした。着ていた背広も覚えてる、確か厚手のツイード。 「水曜ロードショー」 でもよくこのカッコだったから、違和感はなかったけれど・・・。

 片や--間近で見た淀川さんは小さかった! エー、こんなに小柄な人だったの~、って感じでしたね。 【人生で一番長~~く居たい場所 <その14>】(7月4日付、参照) の中でも書いた、銀座の某社でアルバイトをしていた頃、築地にほど近かったその会社の周りを、お昼時か、何かの用事を言いつけられた時に外出した折りに、舗道を歩いていた老人とすれ違った。

          アレェ・・・なんか、どこかで、見たことがあるような・・・。

 すれ違ったその人には、背の高い男の人が脇についていて、その男に半ばサポート(介助)されるような感じで、ゆっくりと築地本願寺の方へ歩いていく。背中を丸めて、トボトボと歩く、その老人の俯いた顔を、遠くながらのぞき込むように見ていたジャズめは、それがあの淀川さんであることに気づいてとても驚いた。

              だって、すんごく小さかったから。

 テレビって映している人を大きく映しますよね。で、実際会ってみると、意外に小さいんでビックリする、ってのはよく聞く話。でも先の水野さんの例もあったから、淀川さんもそれなりの体格だと思っていた。それが・・・。
 かなりお歳を召しているようにも見受けられたし、歩くのが辛そうにも見えた。

 でも、ジャズ野郎が淀川さんを見たのはこの時が初めてじゃありません。ジャズめは札幌の学生時代に、淀川さんを2回ほどナマで見ているのです。〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR