○ 追悼コラム ロビン・ウィリアムズ < 後篇 >

◆ 自殺という自己救済を選んだクラウン ( ピエロ )

パッチ・アダムス J写
▲ DVD 『パッチ・アダムス』 ( 1998年・米、トム・シャドヤック監督 )
  価格: 1429 円( 税抜 )
  発売: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  (C) 1998 Universal Studios. All Rights Reserved.


 そう、ロビン・ウィリアムズはそういう人でしたよ。といっても、一対一でインタビューしたことはないんですが、アレは 『フラバー』 ( 1997年・米 )の時だったか、来日した時、記者会見に行って彼を間近に見たことがあります。

 モー、凄いんだ。出だし(登場)からして ハイ なんだ。何かのモノマネか、劇中の人物になりきった感じなのか、とにかくバババババッと喋りまくって、動き回って、止まらない!
 マシンガントーク が彼一流の芸というかトレードマークなのは判るんだけど、それにしても喋って、喋って、喋くりまくる。それがただただ騒がしい。
 日本のマスコミって、(お決まりの)テレビ・新聞・雑誌の記者さんとか芸能レポーターとかジャズめみたいなどーでもいい映画ライターもいるけれど、いわゆるベテランのエライ先生方(映画評論家)もいるわけで、そういう方々は最初はつき合って笑っているけど、そのうち、ムッとし始める。
 笑わせたり、陽気にふざける部分もあっていいけど、映画の話(作品のテーマとか、こう演じたという演技の話とか、観客にここを見てほしい、といったマジメなお話)はちゃんと話せよ、という雰囲気ってのが自然と漂ってくる。
 「空気を読め」 じゃないけれど、ま、普通は分かりますわな、そういうの。アメリカンとジャパニーズ、民族の違いはあっても、ね。

 ところがロビンは止まらない、オフザケを延々とやり続ける。正直、ジャズめも呆れて、「あーあ、もう帰っちゃおうかな」なんて思ってウンザリしました。

 ただその時、どこかの記者かライターの女性が隣の知り合いに、

 「ねぇ、ねぇ、ロビンって、アレ、病気らしいよ。躁鬱病なんだって。だから喋りが止まらないらしいの」

 って話しているのを聞いてしまった。
 あー、そうか、なるほど・・・そうだよな、いくら陽気なコメディアンったって、あんなにハイなのは「異常」だよな・・・とジャズ野郎は理解しました。

 で、そういうハイとローの落差が激しい症状の人ってのは、ローの時には気分が塞いでメチャクチャ辛いらしい。

 躁鬱病が原因だったかどうか、詳しくは知らないけれど、やはり自殺した上方の落語家・桂枝雀さんもああいう感じじゃなかったのかな。

 人を笑わせる人(芸人)ってのは、仕事の裏側や私生活の部分で孤独になると猛烈に凹んだり、暴力的(加虐・自虐)になったりするらしい。人をワンワン笑わせるパワーは、それが一転してダウンナーな状態になると、その反動でもってグングン落ちこんでいく。
 明と暗 -- その極端な情動の変化に堪えられなくなって、自死を選ぶ ・・・ 聞きかじりの知識ですが、なにかロビン・ウィリアムズもそうした病的な自分(内面)に耐えられなくなって、死を選んだんじゃないかな。
 初期の パーキンソン病 でもあったというが、ソレって脳の病気だから、かつて病んだドラッグやアルコールの影響もあったのかもしれないけれど、彼にはもともと精神的な疾患というものがあったのかもしれない。

 いずれにせよ -- ロビン・ウィリアムズは映画やトークでとても愉しませてくれました。

 それについては「ありがとう!」というしかないし、訃報が出た直後、アメリカでもロビンの自宅やハリウッドの 「ウォーク・オブ・フェイム」 でロビンの手形に花束を備えるファンがいっぱいいた。

 亡くなって、ちょっと時間が経ちましたが、日本のアナタのファンの一人として、謹んで冥福をお祈りします。

              さよなら、楽しい人--
                        さよなら、悲しい人--



              パッチ・アダムス
              Robin Williams   〔 1951 - 2014 〕

     ▲ 『パッチ・アダムス』で小児ガンの少年を癒す破天荒なインターンを演じたロビン。
       (C) 1998 Universal Studios. All Rights Reserved.


P.S.  先日も、ロビンに関するこんな記事がネットに出てました。
    「故ロビン・ウィリアムズ、親友への最後の電話で「I love you」を連発していた。」
      http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0923/tec_140923_0264975319.html


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
17位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR