新作プレビュー  『 アメリカン ・ スナイパー 』  < その 4 >

◆ 主演と製作総指揮を兼務した ブラッドリー・クーパー の 誓い

  結婚式
  ▲ 入隊後、タヤ ( シエナ・ミラー、左 ) と結婚式を挙げるクリス (B・クーパー)
  (C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT
  INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


 「情報めいた事は何も書きたくないんです」・・・なんて言っといて、いつも以上にいっぱい書いてしまいました。もう終りにしたいですナ。でも、あと1ネタだけは、どうしても・・・。

 それは主人公の狙撃兵、精鋭部隊ネイビーシールズきっての優秀な兵士、クリス・カイル を演じている ブラッドリー・クーパー のこと。この人、去年は 『アメリカン・ハッスル』 <2013> でアカデミーの助演男優賞、今年は『アメリカン・スナイパー』で主演男優賞と連続ノミネートですが、一昨年も 『世界にひとつのプレイブック』 <2012> で主演男優賞にノミネートされていて、つまりは3年連続。今年も主演男優の本賞は逃しましたが、優秀ですよね(今回の主演男優賞は『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士を演じたエディ・レッドメイン)。

 最初にノミネートされた『世界に~』は、当ブログ【 2013年1月28・29日付け 】にて、『アメリカン・ハッスル』についてはちょうど1年前の【2014年1月31日、2月2日】で紹介しているので、そちらも合わせてお読みいただきたいんですが、パッと見、いかにも〝アメリカン〟な色男風。彼を一躍売れっ子にしたトッド・フィリップス監督のお馬鹿コメディ『ハングオーバー』3部作 < 2009~2013 >のでセクシーなニヤけ顔が似合ってたから、
「あー、コイツはこの線だな。この線がピッタリだ」
 と思いましたよね。
 〝この線〟ってのは、エグゼな夜遊びシティーボーイとか女をとっかえひっかえする不実なエリート、もしくは色悪なビジネスマンといった役柄です。

 だから今後も〝アメリカ~ン〟な、軽~い男を十八番にしていくんだろう、と思い込んでいた。

 ところが『世界に~』を見て、「おッ・・・!」と思った。統合失調症を患っている青年の役、格好良さとは対極にある役柄に敢えて挑戦してた。その演じ方が実にユニークだった。一口に、統合失調の患者さんって言っても、行動から仕種から一人一人がすべてが違う。精神障害者をステレオタイプな演技ではなく、さんざんリサーチした上で自分なりの〝心の病を患っている人〟を創り上げていた、と思います。

 コレでアカデミー賞にかかった。なのでジャズ野郎は、
「そうか、賞レースに絡みたいから、こういう役にアプローチしたんだ」
な~んて思ってた。

 ところが次の『アメリカン・ハッスル』、略して〝アメハス〟では、髪の毛を気にする、ちょっと間抜けな刑事役を演じて、コレでまたオスカーに。『世界に~』と同じ監督(デビッド・O・ラッセル)のこの作品は、ブラッドリーの役だけでなく、クリスチャン・ベイルといい、エイミー・アダムスといい、ジェニファー・ローレンスといい、出てくる面々がみんな変人、愛すべきヘンテコリンな人達だったから、彼が演じた間抜けな刑事役なんかむしろ目立たない方だったけど、それでも毎日、チリチリにしたパーマヘアを几帳面にセットするあたりのバカげた神経質さには笑った。


  娘と
  ▲ 愛妻タヤとの間にカワイイ娘も生まれて幸福な中、クリスは再び戦場へ。
  (C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT
  INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


 ところがところが、今回の〝アメスパ〟では百発百中の狙撃兵役で〝アメハス〟とは180度違ったシリアスな役。しかも、見てると、その人物カイルがだんだんブラッドリーに思えなくなってくる。兵士役を演るために体重を増やしたらしく、なんというのかな、ただの筋肉質なパワフル・マッチョではなく、レスラーみたいな体型になり、首廻りなんかエラく太い。髭ズラを生やしたその顔は、時折、昨年亡くなったロビン・ウィリアムズにも見えた。プレスシートによると、徹底した肉体改造をして撮影に臨んだらしいが、その体型を維持するために自分の出番がない時も、ミルクセーキや栄養食を摂り続けたとか。

  「…(略)…。撮影最終日には、〝助かった、これでもう食べなくて済む〟と言っていたよ」
                 ( 『アメリカン・スナイパー』のマスコミ・プレスより  ※ )


とは監督イーストウッドの弁。しかも、そのブヨ~い身体で、過酷なネイビー・シールズの養成訓練を受けて、肉体をいじめている。どんだけキツかったか・・・。

 だからあのセクシーなマスクや均整の取れたスタイルが、モサくて、どことなく殺気立った暗い表情とデブな身体に変身。だけど、役者としてのセールスポイントだった容姿をかなぐり捨てて役作りに没頭している姿には圧倒されるし、その気迫が画面から伝わってくる。

 コイツは相当なヤツ <演技者> なのかもしれない、と思い直し、最敬礼しましたね。


 実はこの映画、主人公のシールズ狙撃兵、クリス・カイルの手による原作が出来る前から、映画化が進行していて、撮影に入る前にブラッドリーはイーストウッド監督とともに、カイルの住んでいたテキサスを訪れ、彼の家族に会って交歓した。その時、ブラッドリー・クーパーはある決意をした。

    「僕らはこの映画をクリスの名に恥じないものにすることを…(略)…誓った」
                                    ( 前掲プレス ※ )


      ブラッドリーの誓い、見事に達成されてるんじゃないですかね。


ワーナー映画 『アメリカン・スナイパー』 マスコミ・プレスシート中の記事より引用させていただきました。


  妻タヤと
  ▲ 本国に帰還してタヤと抱擁するクリス。だが彼にとっての < home > は、
  もはや心休まる安らぎの場所では・・・。

  (C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT
  INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


     『 アメリカン・スナイパー 』 公式HP : http:// www.americansniper.jp


■ 2月21日より東京・TOHOシネマズ日本橋、丸の内ピカデリー、
   札幌シネマフロンティア、ユナイテッドシネマ札幌、ディノスシネマズ札幌劇場
            ほかにて全国ロードショー     配給:ワーナー・ブラザース映画 ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

お読みいただき、ありがとうございます! この「巨匠のムチャブリ」シリーズ、実は今村昌平の草稿とあと一人の監督があがっております。また深作欣二と小沢茂弘も資料は揃っているのですが、何分、執筆の時間が取れません。将来的にはアップさせたい、と思っていますので、今後ともよろしく!

「巨匠のムチャブリ」拝読しました。黒澤監督と島津監督を読ませていただきました。面白すぎて寝不足です。素晴らしいコンテンツを公開してくださり、ありがとうございます。お礼申し上げます。他のコンテンツも完読します。

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR