すくり~んエッセイ  名画座という名のタイムマシン

◆池袋・文芸坐までのロング・アンド・ワインディング・ロード <その1>

 今、池袋の東口っていえばビックカメラヤマダ電機 だが、昔、あのあたりには中小の映画館があった。

 大学が江古田にあったから、観に行く映画館(こや)で一番多かったのは池袋界隈の劇場だったけど、西武は「東口」、東武は「西口」にあったから、だからコレを〝東西・出口逆〟と覚えていて、(立教大学のある)西口には確かロマンポルノをやってた「池袋にっかつ」(漢字の〝日活〟じゃなく、ひらがなの)があった。ジャズ野郎がそこに入ったのは、その「にっかつ」が〝最後のロマンポルノ〟と銘打った『ラスト・キャバレー』(昭和63=1988年、金子修介監督)の時だったか(大学出た後ですが)。
 いや、『ラスト・キャバレー』って観たかな? 観た記憶があるような、ないような(根岸吉太郎監督の『キャバレー日記』 〔昭和57=1982年〕 は見てるが)・・・もし観てなかったら、「池袋にっかつ」には入った事ないな(因みにロマンポルノをやめた「にっかつ」はロッポニカをスタートさせるのだが、裕次郎時代はおろかポルノ時代にもあった〝昔日のブーム〟は蘇らず終了)。

 この西口には90年代に入ってシネマ・ロサって劇場が出来て、そのビル(劇場)の前が10代の少女(不良ギャルさん達)の溜まり場になって風紀上どうだとかって事で話題になったけど、その頃にはもう池袋~練馬には住んでいなかったので、よくは知らない。

 とにかく学生時代(80年代)よく行ったのは、同じ池袋でも 「池袋・文芸坐」 (現・新文芸坐) のある東口だった。先にも書いたように、今、ビックカメラがデ~ンとある辺りにいくつか劇場があったんだけど、まず西武線の東口を出て左に行くと、最初に出くわすのが 「池袋東急」 じゃなかったかな。ココでジャズめは大島渚の『戦メリ(戦場のメリークリスマス)』 (昭和58=1983年)を観ましたよ。その次が大勝館だったか、日勝館だったか、なんかそんな名前の松竹映画をかけていた劇場、洋ピン(アメリカやヨーロッパのピンク映画。ピンク映画ってのはポルノ映画の事・・・て解説も、今はしないと判らないでしょうね)をかけてた地下の小さな映画館がいくつかあった。

 そしてウジャウジャとキャバレー、ピンサロ(ピンクサロン。ジャズめは入ったことないからキャバレーとピンサロの違いは分かりません。どちらもフーゾクなんでしょう)、またこの当時流行っていた覗き部屋の類がワンサとあって、そこがマジで嫌だった。
 店の前で捻り鉢巻きした呼び込みのニイちゃん(客引き、ですな)がいつもワンワンやってる。ダミ声の大声を張り上げて、道行くサラリーマンに声を掛ける。声だけじゃない、通行人の腕を掴んで引っ張り込んだり、肩に手を回して引き寄せたり、とやりたい放題だった。

 田舎から東京に出て来たばかりの、二十歳前のいたいけなジャズ野郎にしてみれば、もう、いかがわしいその店先を通るだけでも嫌なのに、どうしたわけか、必ず呼び込みのニイちゃんに捕まえられて、店の入口まで強引に持って行かれそうになる。

 ニイちゃん 「オッ、兄さん、一人?」(と近寄ってきて腕を引っ張る)
 ジャズ野郎 「アッ、ヤメて下さい!」 
 ニイちゃん 「遊んでいこーよぉー、お兄さ~ん」(と馴れ馴れしい) 
 ジャズ野郎 「イヤ、いいです。入る気ないです」
 ニイちゃん 「そんな事言わないでサァ~」
         とこう言いざま、決まってニイちゃん達は、チョンチョンと
         下半身を触ってくる。
 ジャズ野郎 「アッ、金ないッスからッ、イーです!」

なんて言って掴まれた腕や肩をふりほどいて脱兎の如く駆け出し、ようやくお目当ての「文芸坐」にたどり着く。

 大体、毎回こんなふうでありました。           <続く>


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
20位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR