すくり~んエッセイ  名画座という名のタイムマシン

◆ 池袋・文芸坐までの ロング・アンド・ワインディング・ロード  <その2>

 池袋の「文芸坐」ってのは今もある、名画座の老舗も老舗(現在は新文芸坐)。

 かつては「人生坐」って館名で、大島渚監督が松竹を退社するキッカケとなった曰くの『日本の夜と霧』(昭和35=1960年)を敢然と上映した映画館ってことで有名で(って事は後で知ったけど。※1)、今村昌平監督の鬼ような傑作『復讐するは我にあり』(昭和54=1979年)で殺人犯の緒形拳が愛人の小川真由美と戦争映画 『ヨーロッパの解放』 (第三部「大包囲撃滅作戦」、1971)を観に行くシーンで、この文芸坐のエントランスがドーンと出てくる。入口の四角い枠に、アラン・ドロンやカトリーヌ・ドヌーブ、キャサリン・ロスやダスティン・ホフマンなどの顔写真ズラ~ッと張られた、いかにも〝シネマ~〟な感じのファサードが好きだった。

 ・・・で、ジャズ野郎は毎回、フーゾク店のしつこい客引きを振り切ってこの「文芸坐」の入り口に飛び込むような調子で・・・それがシンドかった。そのうち、「文芸坐」に行く時には、東口からストレートにソッチ方向に行くんじゃなくて、通りの向かいにある三越の側に渡ってそこから迂回(立ちそばの「富士そば」なんかがあった方)して、遠回りして「文芸坐」に行ったもの。

 とにかく、あの界隈の汚らしい、場末を絵に描いたようなキャバレー街、フーゾク街はイヤだったネ。映画は観たかったけど、あの中を突っ切っていくのは嫌だった。

 普通ならこんなふうに書いた後、

              「でも今はいい想い出デス!」

 なんて有り体に締めるもんだけど、とてもそんなふうには締められない。いい想い出なわきゃあないんだもん。新宿・歌舞伎町の中を突っ切ってミラノ座や東宝プラザに行くのも苦痛だったけど、あそこはまだ舗道が広いし、劇場に行くのに幾つかルートがある。池袋東口から文芸坐までは、あの細い、ゴミゴミした、ゲロの匂いが漂っているような中を行かなきゃいけない。

                でも、行きましたよ。映画観たかったからね。

黒澤明や今村昌平、川島雄三岡本喜八の映画に出会うために、嫌悪感に耐えて通り抜けた。


         そういう意味じゃ、やっぱり〝いい想い出〟なのかなあ・・・。       <続く>


※1 『日本の夜と霧』上映中止事件  大島渚が脚本・監督した、60年代の安保闘争をめぐる世情不安と学生運動の挫折を鮮やかに叩きつけた政治討論(告発)映画。元来、女性映画がウリのナンパな松竹では通るハズもないこんなヤバい企画を、大島監督とその一味はお堅い松竹映画の上層部( 城戸四郎 )をダマくらかして、当日、撮影する分のシークエンス(シナリオ)をその日その日〝号外(改変もしくは書き直したシナリオ)〟として俳優やスタッフに配ったり、ワンシーン・ワンカットの早撮りで素早く仕上げて、堂々全国公開(昭和35年10月9日)させるに至ったが、その上映4日目に日本社会党・浅沼委員長刺殺事件(同年10月12日)が発生すると、松竹は直ちに同作の上映を中止した。
 表向きの中止理由は「興行不振」だが、浅沼事件を誘発したとの批判を避けるためだった模様(一説にはさる方面から圧力が掛かったとか。最近のテレ朝「報道ステーション」の古賀氏降板騒動じゃあるまいし、そんな事あるわけないよね・・・ン?)。
 とにかくそんな中、人生坐はオクラにされた『日本の夜と霧』を上映し、マスコミや知識人の喝采を浴びたのでありました。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR