新作プレビュー  『 妻への家路 』   < 中篇 >

◆ 〝心の旅路〟を終えても、埋まらない〝空白〟と〝孤独〟

 駅での激走
 ▲ ワンイー(コン・リー)は手作りの饅頭と衣服を渡そうと夫に駆け寄るが、
   駅構内にはすでに当局の張り込みが・・・。
   (C)2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved


 先に〝名もなく、貧しく、美しく〟なんて書いちゃったから、ちょっとした映画ファンなら、松山善三監督の秀作 『名もなく貧しく美しく』 (1961)のような障害者(聾唖)夫婦の物語なのかな、と勘ぐっちゃうでしょうが、そうじゃありません。でもややそれに近い部分はあります。粗筋をば

〔 大学教授のルー・イエンシー(チェン・ダオミン)は、共産党体制に逆らう〝右派〟と目されて逮捕され、家族と引き離されて、地方で辛い強制労働を送っていた。しかし文化大革命まっただ中の1974年にこっそり村を脱走、妻ワンイー(コン・リー)と娘タンタン(チャン・ホゥイウエン)の住む都会に戻ってくる。
 党当局は先回りしてワンイーの自宅に押しかけ、「夫が帰ってきたらすぐに通報せよ」と釘を刺していく。土砂降りの夜、イエンシーは官憲の目をくぐり抜けて、妻子のアパートにやって来て、ドアの下に伝言を残す。

             「明朝8時に、駅の陸橋で」

 夫の待つ駅に向かうワンイー。しかし、そこにはすでに夫を検挙する人員がくまなく配備されていた。再び引き離されるイエンシーとワンイー。
 それから3年後、文革が終わり、ようやく解放されたイエンシーは家族のいるアパートへ向かう。そこで彼を待っていたのは夫の姿を認識できなくなった愛妻の憔悴した姿だった ・・・ 〕



 再会
 ▲ やっと夫と再会できたのに、ワンイーには目の前の人物がイエンシー(チェン・ダオミン)だと
   認識できない。(C)2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved


 〝名もなく~〟もそうだけど、〝妻への家路〟ってこの邦題がミソですよね。これを聞いて、「コレって、きっとアレじゃない?」って考えたアナタは察しが早い。そう、ジャズ野郎もすぐにコレは マーヴィン・ルロイ 監督による往年の名作 『心の旅路』 (1942)にひっかけた題名じゃないか、と思いましたよ。この映画タイトル、原作本(邦題)からしてそうだから、この書名を付けた人がヒネッたんでしょうが、巧いネーミングですよね(映画の原題はただの〝帰来(帰郷)〟=Coming Home 。原作本の中国語の原題は難しい漢字表記なので省略)。

 映画『心の旅路』は戦争で負傷して記憶喪失になった夫(ロナルド・コールマン)の記憶を甦らせるために、妻のグリア・ガースンが夫の秘書になって献身的に仕え、ついに彼(の記憶)を取り戻すまでの感動篇。コールマンは記憶喪失だから、自分の妻が秘書になって甲斐甲斐しく働いてても、その女性が我が妻だとは気付かない--夫の容姿が判らない妻に、夫が自分の手紙を読み聞かせる『妻への家路』と設定が逆ですけど、通底するものがあります。

 この『心の旅路』の、クライマックスに向かう途中で、

             〝豆スープみたいな霧だ〟

 って台詞が出てきますが、これは映画マニアの和田誠さんが自著の名台詞集 『お楽しみはこれからだ!』 (文藝春秋) の中で書いてくれていて、ジャズめもそれで覚えてる。その時はまだ『心の旅路』を観ていなくて、後にこの映画を観た時、この場面にきたら、すかさず声に出して「豆スープみたいな霧だ」って一緒に言ったもの。
 これは、豆スープみたいに、深く煙った濃霧だ、って意味だけど、『妻への家路』にこの霧は出てこない。霧のかわりに出てくるのは、寒々しい冬景色と冷たい雨と雪だけ。

 この寒々しい冬景色と雨・雪は、一定の安定は取り戻したけれども張りと艶を失った、文革後の中国庶民の心象風景のよう。脱色したその風景がレンガ造りの古ぼけた家や煤けたアパート群とともに、いつまでも心に残る。

 そんな街の中で、精神を病んだ妻と、その妻に追放中に自分が書いた手紙を読む〝親切な人〟となって読み聞かせる夫の数十年に渡る交流が淡々と描かれる。ある瞬間には優しくなったり、記憶の一部を思い出したりするが、急に邪険になって夫を「泥棒」「暴漢」扱いして追い払ってしまう妻。彼女は夫を夫だと認識できないから仕方がないのだが、それにしても切ない。切なすぎる。    <続く>

 手紙の存在
 ▲ 地方で強制労働している夫が出した手紙を引っ張り出して読むワンイー。この手紙がワンイ
   ーとイエンシーを結ぶ絆に・・・。左は娘のタンタン(チェン・ホゥイウエン)
   (C)2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

            『 妻への家路 』 公式HP :http://cominghome.gaga.ne.jp/

 ■   3月6日より東京TOHOシネマズ・シャンテほかにて全国で順次公開中、
   4月18日より札幌・シアターキノにてロードショー          配給:ギャガ  ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
夏フェスのお供に甘いスイーツを ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR