新作プレビュー  『 ラン・オールナイト 』   < その3 >

◆ エド・ハリスとR・ニーソン、夜を徹した〝男の闘い〟

            そんでもって最後は エド・ハリス ですか。

 なんだか、随分、お久しぶりな感じだけど、歳をとってさらに渋さが増しました。 うーん、なんだろう、この人の場合はハゲてても、ハゲてなくても、どっちでもかっこいいんだよね。こういう男になりたいよネ(なかなかなれないけれど)。

 エド・ハリスは前の < その2 > のストーリーでも触れたけど、殺し屋ニーソンの親分役で、まあ、いろいろあって、結局・・・・と書き進めちゃうと、ストーリーの美味しい部分をネタバレさせちゃうので書けないけれども(といっても、まあ、判りますよね)、とにかくニーソンと構えるような、そういう状況になっていく。そうなった時のハリスの迫力というか気魄が凄いんだ。マフィアの凶悪な凄味ってのが、ギラッと表面に出てくる。

                    さすが ・・・ と思いました。

 この人がこの手の殺伐系アクションで、こういう鬼神に満ちたツラを見せるのは、フィル・ジョアノー監督の佳作 『ステート・オブ・グレース』 (1991)以来かな、いや10年前の 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(2005、デビッド・クローネンバーグ監督) でも片目の恐ぇ~男を演ってたっけ。

 その頃からエド・ハリスは心身ともにちっとも、なまってない。なまってないどころか、凄味が増している。
 リーアム・ニーソンの殺し屋は「怖い」とは思わなかったけど、エド・ハリスのショーンが怒った時はマジで「恐い」と思った。

 ショーン・ペンとかコリン・ファレル、ダニエル・クレイグなど、そのまますぐにヤクザ役が出来そうなゴロツキ顔っていっぱいいるけれど、とどのつまり、エド・ハリスみたいに普通は温厚そのものってなフツー人タイプには敵わない。こういう知的な感じでグレてるヤツが一番凶暴なんだ。

 だからエド・ハリスとリーアム・ニーソンの対峙ってのは、この映画のひとつのクライマックスなんだけど、それだけじゃない。趣向はまだまだいっぱいあって、こんなにいろんな事件があるってのに、一晩で描ききれるのかよ、って観てて思った。

 とはいえ「陽はまたのぼる」ってわけですよ。どんなに長い夜でも朝は必ずやってくる。
 この、先の見えない、先の読めない、逃走と追跡にも終わりはやって来る。

 その終焉がどんな具合に訪れるのか ・・・ まぁ、それを見ないでは死ねない、ですな。 <続く>


 エド・ハリスと
 ▲ 腹を決めてレストランで向き合うジミーとショーン(E・ハリス、左)
   (C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


    『 ラン・オールナイト 』公式HP : http://wwws.warnerbros.co.jp/runallnight/

■ 5月16日より東京・丸の内ピカデリー、ユナイテッド・シネマ札幌ほか
                    全国ロードショー 配給:ワーナー・ブラザース映画 ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR