巨匠のムチャブリ-野村芳亭、知られざる巨人 その1

◆序文 映画黎明・松竹蒲田の頃<前篇>

 昨日、めでたく「完」を迎えた黒澤明監督の活躍した時代から、ぐっと遡ること数十年。十数年ではありません、数十年です。つまり映画が日本に伝来し、活動写真、もしくはカツドウと呼ばれていた黎明期の事をこれから語ろうと思います。
 「エー、そんな古臭い話なんか御免こうむるわ」などと言わないで、しばしお付き合い下さい。

                      *****

 昭和33年(1958)に年間の映画人口が11億人を突破した黄金期<昭和20年代後半から30年代中期>が日本映画の最盛期、とはよく言われるが、戦前の明治末期から大正、昭和の初め頃はもっとすさまじかった。映画が1本当たれば、その上がり(給料、ギャラ)で監督や脚本家あたりは「家が買えた」なんてのは当たり前で、東西の高額な名画や骨董品がいくらも買えた、というほど儲かったというから、羨ましい限り。

 日本初の映画興行は、明治30年(1897年)に染物屋の店主だった稲畑勝太郎が渡欧先のフランスからリュミエール兄弟が発明したシネマトグラフを輸入し、大阪難波(ミナミ)で公開した事に始まるが、この時、観客に見せたのは景色やスケッチ程度の映像で、しかもほんの数分だった。

 もちろん、フィルムは1本しかないから、これを何度も映写機に掛けて廻しまくる。すると、映画フィルムの縁についている、フィルムを掻き落とすための穴(パーフォレーション)が、映写機の爪でもって映写の度にひっかかれるからボロボロになる。やがて破れ、穴が繋がって縦長の溝になったりすると、もう映写機にかけられない。それを補修してまた無理矢理、映写機にかけて客に見せる・・・といった強引な映写方法でもって廻しに廻した。だがそんな具合に劣化おびただしい映像でも、当時の大衆はこのニューメディアを見ようと殺到した。
 とはいえ、同じ映像を見せられれば、客の方も飽きてくる。だから客が減ってくると、映写機ごと違う土地へ移って上映し、客が飽きて減ってくるまで興行する、そしてまた別の土地へ・・・こうしてこの巡回上映は各地に映画の常設館(当時、劇場や芝居小屋は芝居上演がメイン)が出来てくるまで続くのである。





 あまりにも映画に客が来て、儲かるもんだから、商社は外国からフィルムを買いつけたり、映写機を自社で製造したりする。そして興行する小屋(劇場)にはヤクザが所場代や上がりの分け前をよこせ、と押しかける。
 芝居小屋などの人が集まる場所にヤクザ屋さんが集まってきて、その上前をはねようとするのは、江戸時代からの習わしみたいなものだから、映画もその初期にはさんざん彼らに翻弄される。芸能界が、今もってそうした方々と縁が切れないのは、こうした由来によるわけです。

 そうした映画を手がける中小の商社が集まって日活(日本活動写真株式会社)という日本映画最初のメジャーな映画会社が明治43年(1910)に出来、やがて大正9年(1920)に演劇興行会社だった松竹が映画製作に参入してくる。

 今回の話はここから始まるわけですが、前回の黒澤明の時代や、デジタルシネマでクリアな映像が見られ、またDVDでも3D映像が当たり前のように見られる現代とはまったく違いますから、頭を180度切り替えてついてきて下さい。〔続く〕



<  因業なる溝口健二の映画人生と私生活にゆらいだ、
   創造の炎と赤裸々な痴態の実態を描いた

        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、

             アマゾンkindleストアにて発売中!  >



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
20位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR