すくり~んエッセイ  名画座という名のタイムマシン

◆ 銀座 「並木座」 支配人、ナミキ・トオル の正体

 『攻撃』 の思い出は余分でしたが、とにかくそんな具合で黒澤作品のポスターを入手し、平成15年(2003)に東京から札幌に戻ってきた時にも忘れずに持ってきました。
 札幌に戻って2、3年経った頃、たまたま地元の図書館で映画の本を物色していたら、ある1冊の本を見つけ、それを借りてきた。ず~~と読み進んでいったら、最後の章に並木座のことが書かれてあった。

                   アッ ・・・ と思いましたネ。

 何故なら、その本で取り上げられている、ある映画プロデューサーが並木座の支配人 ナミキ・トオル だった、ってことを知ったから。

 その本とは 『 その場所に映画ありて プロデューサー金子正且の仕事 』 ( 金子正且、鈴村たけし、ワイズ出版 )


            その場所に映画ありて

       金子正且 〔 かねこ・まさかつ。大正7年生、平成19年没 (1918-2007) 〕


 金子さんは東宝のプロデューサーで戦後の映画黄金時代に活躍。東宝のサラリーマン物や青春物、メロドラマを主に担当、成瀬巳喜男監督の後期の作品や岡本喜八監督の非アクション系の作品(『結婚のすべて』『ある日わたしは』『月給泥棒』)、そして〝その場所に映画ありて〟という書名のもとになっている、女性映画の知られざる傑作 『その場所に女ありて』 (1962) を放った鈴木英夫監督の諸作を手がけた、邦画通には忘れられない人であります。

 この本の 第6部【並木座の顛末】 に並木座の事が書いてあり、そこには昭和28年(1953)に開場したこの名画座のことが書かれてあって、印刷屋が入ってたビルの地下1階スペースが空いてその始末に困った不動産屋に泣きつかれた 藤本真澄 (ふじもと・さねずみ。当時、昭和24年〔1949〕に主催した藤本プロを解散して東宝入り。同社プロデューサーから東宝専務、東宝映画社長、東宝副社長)が部下の金子さんに命じて、東宝作品をかける映画館(三番館)をやらせたことが始まりで、やがて東宝以外の映画会社の作品も上映する名画座になっていった、とある。
 並木座は平成10年(1998)に惜しまれて閉館するのですが、その経緯についてはは『その場所に映画ありて』に詳しいので参照のこと。

 ジャズ野郎が「アッ」と思ったのは、つまり黒澤映画のポスターを譲ってくれた、あの時の、並木座の人が、この金子さんだったんだ、って事を発見したからです。

 あー、あの人が金子正且だったんだ ・・・・・ つまり、並木座支配人の ナミキ・トオル (並木透) だったんだ。

 並木座に通った人でナミキ・トオルを知らないなんて人がいたら、そいつはモグリだ。入場料を支払った時、窓口でくれるリーフレットには今週、来週の上映予定が書いてあるのですが、そこに映画業界やその時々の状況を綴ったコラムがあって、その著者がナミキ・トオル。文芸座のリーフレットは、【 文芸坐とて 極楽 < パラダイス > ではない ・・・  < その1 >】 〔 2015年4月8日付 〕 で紹介したように今でも持ってるんだけど、並木座のは・・・いや、確かどっかにある。何かの映画の本に挟んであるハズだけど、今ちょっと見つかりません(※ 1 )。ま、とにかくナミキ・トオルは忘られない名前。

 で、『その場所に~』にはもちろん、金子さんの顔写真も載ってます。でもそれを見ても、あの時、黒澤好きなバカ熱心な若者(わたくし)にポスターをニコニコと快く解説付きで売ってくれた人がこの人だった、という確証が実は持てない。顔もかたちも忘れてしまっているんですよね。
 だから本に載ってる顔写真を見ても判然としないのです。

         この人だったかもしれないし、そうじゃなかったのかも ・・・ ( ※ 2 )

 ま、ココではナミキ・トオル=金子正且に〝会ってた〟ってことにしときましょう。
 ジャズめは東宝映画の一翼を担った敏腕プロデューサーに会っていた。
 それも自分が好きだった 『江分利満氏の優雅な生活』 (1963、岡本喜八監督)や 『続何処へ』 (1967、森谷司郎監督)、そして 『めぐりあい』 (1968、恩地日出夫監督)をプロデュースした人に会ってたんだ、と思うと、やたら嬉しいんですよネ、今になっても。            〔続く〕

※ 1 「並木座ウィークリー」  上映中の作品、または来週の上映予定作品を紹介していた並木座のリーフレットは、「並木座ウィークリー」ですが、コレはいま1冊の本になっている。開館した昭和28~31年(1953~1956年)までのものを集めたもので、その名も「復刻 銀座並木座ウィークリー」( 復刻版銀座並木座ウィークリー編集委員会・編、三交社)で、かなり分厚い本ですが、凄いのは厚さだけじゃない。中のコラムの執筆陣がメチャクチャ豪華。森岩雄、城戸四郎といった東宝・松竹の重鎮から、丸山誠治、中村登といった当時の売れセン監督やスタッフ、森繁久彌、高峰秀子といった当時の人気スター陣が毎回、筆を執っている。因みにこの時期のウィークリーには、ナミキ・トオルは登場していない模様。

※ 2 『その場所に映画ありて』 の 第6部 の中で、金子氏は最初、藤本真澄から「並木座」をやれと言われて、別の人を支配人に置いたらしい。それは映画プロデュースの本業が忙しかったからだが、映画が斜陽になった昭和40年後半になるとまた藤本から「並木座の面倒を見てくれ」と言われて、自分が支配人を務めるようになった、と書かれている。だからポスターを譲ってくれた人はかなりの確立で、金子さん、つまり支配人ナミキ・トオルさんだと思ってるんですがね。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR