巨匠のムチャブリ-野村芳亭、知られざる巨人 その3

◆ 芝居と興行と劇作に精通

 何度も言いますが、野村芳太郎『拝啓天皇陛下様』 (1963)や 『砂の器』 (1974)といった名作を放った監督で、特に松本清張原作モノでは他の追随を許さなかった。助監督の時には黒澤明が松竹(大船)に来て撮った『白痴』 (昭和26=1951年)につき、あの黒澤監督に怒鳴られなかっただけでなく、「日本一の助監督」と褒められた優等生であった。
 野村芳亭は優秀な芳太郎の父親である。ゆえに当然の事ながら、彼もものすごい人物なのである。

 誕生は明治13年=1880年だから19世紀末で本名は野村粂蔵。京都生まれの京都育ちで、父は〝上方浮世絵の最後の輝き〟といわれた二代目・歌川芳圀(本名・野村与七)で、野村家は江戸浮世絵の大家・歌川国芳の流れを汲む由緒ある画系である。
 芳圀は芝居小屋の看板や背景画を描く劇場画家を生業としており、芳亭(芳亭は画号)もそれを継いだため、芝居小屋などへの出入りが多く、芝居好きとなり、演劇関係者との知己も広がった。父が絵師であり、自身も絵を描くから自然と画に対するセンスが磨かれ、歌舞伎や新派など数多くの芝居を見ることによって劇=ドラマに精通していった。つまり監督になるための素養を、芳亭は知らず知らずのうちに培っていったことになる。

 やがて明治の終わりに映画(映写機)が持ち込まれ、カツドウ(活動写真、映画を当時こう呼んだ)に興味を示す。 【野村芳亭、知られざる巨人 その1】で紹介した、稲畑勝太郎がフランスから持ちこんだシネマトグラフを大阪ミナミで本邦初上映した際、その上映を芳亭は手伝っているのです。この時、芳亭17歳。だから芝居好きの上に新しいモノ好きでもあった。好奇心旺盛な人だったってわけです。

 当時の映写機は、上映だけでなく撮影もできる兼用機だったから、芝居好きな旦那衆やひと山当てたいと願う好事家がこれに飛びつき、映画製作や上映会=興行が始動していく。
 やがて日活などの映画会社が出来、日活の経営に参加した実業家の横田永之助から映画製作を依頼されたマキノ省三(京都で千本座という劇場を経営)は猛然と映画製作を始めていくのですが、野村芳亭はこの時よりももっと前から省三とは仲が良かった。芝居の看板や背景画を制作していたから、同じ京都で千本座という芝居小屋を持ち、演出と興業を取り仕切っていた省三とは、仕事を通じての馴染みであり、省三の息子・ マキノ雅弘監督に言わせると、二人は親友だった、という。 
 ある文献によれば、芳亭は日本初の映画上映に参加するほどの大のカツドウ好きだった、とあるのだが、興味は大いにあり夢中で撮影に興じたりもしたが、当初はマキノ省三ほど映画にのめり込まなかったようです。可愛がったマキノ雅弘にこう言ってます。

「わしゃカツドウ嫌いでおとっつあんと別れたが、千本座の舞台の書割絵かきやったんや…(略)…」
                  (『マキノ雅広 映画渡世・天の巻』マキノ雅広、ちくま文庫)


 芳亭が、おとっつあん(省三)と〝別れた〟とは何を指すかというと、それは連鎖劇という、いわゆるショートフィルム製作のことでありました。     〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
夏フェスのお供に甘いスイーツを ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
392位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
15位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR