ある痛切 - 小津安二郎にドヤされた男 -<第14回>

◆ 監督が助監督をドヤしつけるのはあたり前だが・・・

 また、こう思う人もいるかもしれない。
「いくら小津安二郎が名作をいくつも世に放った名匠で、当時の松竹では最ベテランの監督であったとしても、後輩の監督や新人監督、また部下の助監督などを叱ったり、意見したりすることはいくらもあっただろうから、小津さんから見れば弱輩も弱輩の生駒さんが監督会で叱責されたからって、ショックを受けたり、悄然としたりするのは少々オーバーなんじゃないか」--と。

 そうですね、そう考える人もいるでしょうね。
 実際に映画の現場、撮影中なんかはどの監督もピリついてるし、また準備の時に小道具に国宝級の書画や壺などを借りてこい、とか、犬や猫みたいな動物を捕まえてきて撮影中に放せ、なんて無理な注文を言いつけて、それが出来ないと満座の中でののしったり、島津保次郎なんか蹴り飛ばしたりブン殴ったりする。島津ならずとも、京都で時代劇を撮ってた日活(戦前、戦中)、マキノ、松竹あたりの撮影所でもそんな事は日常茶飯事、当たり前のようにあった。


溝口健二というおのこ 大
▲ 『溝口健二というおのこ』 津村秀夫、芳賀書房


 溝口健二なんて人はそういうムチャブリの権化のような監督で、拙著『ラストシーンの余韻』ではオミットしたがこういう話がある。
 溝口は泉鏡花原作で『瀧の白糸』(昭和8=1933年、入江プロ。配給・新興キネマ)を撮ったが、この映画のオープニングは、水芸の芸人・白糸(入江たか子)が乗り合い馬車に乗っていて、苦学生(岡田時彦、岡田茉莉子の父)が操っていたその馬車の車輪が脱落して走れなくなり、それを白糸が笑ったことから諍いとなり、苦学生は馬車を放り出して去ってしまう--というものだったが(それが二人の出会い、恋の始まり)、このファースト・シーンから回想に入るところで、溝口は白いイタチを走っている馬車の前に放って、横切るように走らせてみたい、ともうムチャブリの中のムチャブリといえる要求を言いだして、さんざん助監督を困らせた。

 イタチ、それも白いイタチなんてものは珍しくてそうはいない。イタチを捕まえること自体至難の技で、しかも捕まえたイタチを走る馬車前に放り投げてみたって、おそらくは思い通りのアクションを撮れるとは思えない。なのに溝口は強硬に「それをしたい」「それをヤリタイのだ」とゴネまくり、ヤレなきゃ映画は撮らない、とも言い出す・・・。今ならCGで出来るが、この当時(昭和8年)、本気でやるならもう特撮(合成)しかない。

 結局、イタチは見つからず、キツネかネコを白く塗って代わりにしようとか(そんなムチャな! そんな事したってイタチじゃないってすぐ判る!)、いろいろ模索したようだが、溝口監督の一声で中止になったとか(津村秀夫の『溝口健二という男』より、加筆)。

 そもそも、なんでイタチを横切らせたかったのか(おそらく悲恋に終わる白糸と苦学生の行く末を暗示したかったのだろうが)、その真意は不明である。

     ミゾサン、あんたナニがしたかったんや・・・?  <続く>


『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
     『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
         アマゾンkindleストアから発売中! 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
22位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR