ある痛切 - 小津安二郎にドヤされた男 -<第16回>

◆ 誰もが小津を畏敬し、好きになる (2)


小津監督 大
▲ 小津安二郎監督(1961年6月、東宝本社にて)
出典:ウエブサイト「BOOK asahi.com」より「小津の食卓でバナメイエビを考える」
http://book.asahi.com/reviews/column/2013111500005.html


 『宗方姉妹』の現場で小津安二郎に逆らった下っ端の美術助手・永井健児は映画を離れて、以前やっていた店舗デザインの仕事に戻ったが、翌昭和26年(1951)年8月、海水浴で鎌倉・材木座海岸に行った折り、大船撮影所を訪ねる。そして『宗方姉妹』の時に世話になった小津組の美術監督・浜田辰雄に案内されて、『麦秋』(昭和26年・松竹)を撮影しているステージに連れて行かれる。そこには1年ぶりに聞く小津の声が響いていた。

 挨拶をしようと私が近寄ると、小津は私に気付いた瞬間、(おやっ?)といったけげんな顔をして私を見つめた。そのあとすぐにニタッとしてから、うしろにいた山本〔山本浩三、小津組助監督。渾名は俳号の〝青沈(せいちん)〟〕を振り返って大きな声を上げた。
「おい、〝青枕〟、ストライキのギラギラボク〔永井のこと〕が来たぜ」
 周囲にいたスタッフたちがいっせいに私に振り向いた。山本も私を見て笑顔をつくった。
「どうもご無沙汰しておりまして、お元気そうで何よりです。今日は、突然おじゃましまして……」
 私が挨拶すると、小津が目尻をさげて「よく来たな。元気だったかや。この間、下ちゃん〔『宗方姉妹』の美術監督・下河原友雄〕も来たよ。その時も、みんなでボクの話してたんだ」

 私は急に目頭が熱くなった。
「……先生、あの時は、電蓄なんかのことでご迷惑を……」

いんだいんだ。新東宝じゃあ楽しかったよ。いい思い出になった。ボクも、オレの若い時みたいにいい度胸してたぜ。それはそうと、今日はまさか、松竹へストライキをすすめに来たんじゃあねえだろうな」
 小津はおどけてみせた。…(略)…。
           (『小津安二郎に憑かれた男 美術監督・下河原友雄の生と死』
            永井健児、フィルムアート社) ※〔〕内&下線部、ジャズ野郎



 「別の電蓄をもってこい」という己の要求に逆らった、若輩の、どこぞの馬の骨といった程度の若者を、小津は「おおぉ、よく来た」と言わんばかりに歓迎したというこの件を読むと、私はいつも泣いてしまう。小津にそう言われた永井健児と同じよう、いやおそらく彼以上にオイオイと泣いてしまう。


 人を赦す小津の人間のデカさ、懐の深さ、優しさ、寛容さに打ちのめされるからである。


 〝オレのように心の狭い輩にはとても出来ないことだ。自分に刃向かった若輩を「あの時は楽しかったよ、ありがとう」などと言って笑って迎えたり、もてなすなんてことは・・・〟といつも思ってしまうし、そう思いながらまたオイオイ泣いちゃう。
 
 ボクも、オレの若い時みたいにいい度胸してたぜ。

 というのは、監督に昇進する前、小津は注文したカレーが先に頼んだ自分よりも位が上の監督(牛原虚彦)に配膳されたことに怒って、そのボーイをブン殴ったという逸話があり、若い頃は勝ち気で結構ヤンチャな御仁であった (2013年3月29日付け【野村芳亭、知られざる巨人 その11】 ◆ボーイを殴って監督になった小津安二郎 参照)

 そういうヤンチャな下地がありながら小津は若くして慎重居士といってもいいような落ち着きと威厳、そして茶目っ気(遊び心)を有した。
 若いことから老成していた、と言われている。 <続く>


『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
     『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
         アマゾンkindleストアから発売中!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
10位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR