新作プレビュー  『 LA LA LAND 』

◆ Rhythm & Dancin' - 試写会で踊り出した淀川さん <前編>

汚れた顔の天使・表紙
▲『汚れた顔の天使 ジェームズ・キャグニー自伝』 ジェームズ・キャグニー著
 手元にある1981年版には「訳者・山田宏一」とだけあるが、映画評論家の宇田
川幸洋さんも翻訳に協力していて表紙にお二人の名が載った版もある。また出
版社も「出帆社」とあるものが多いが、手元にあるのは「出帆新社」。同書は19
90年に早川書房から『ジェームズ・キャグニー自伝』として再発売されている。
 書名の〝汚れた顔の天使〟は言うまで
もなく、1938年のキャグニーの名作(マイケル・カーティス監督)から(原書の
タイトルは〝CAGNEY BY CAGNEY〟)。


       来週に迫ったアカデミー賞授賞式にちなんで、オスカーがらみの話を一席。


 ギャング映画で鳴らした往年のハリウッドスター、ジェームズ・キャグニーはもともと街角で芸を見せるボードビル(大道芸)出身で、そのボードビルから舞台に、舞台から映画に進出し、ワル役のみならず、唄って踊れる多彩なエンターテイナーとして活躍、広く映画ファンに愛された。当然、彼はアカデミー賞をもらっていて、1942年の『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ』で主演男優賞に輝いている。

 「ジェームズ・キャグニー自伝」の副題を持つ彼のバイオグラフィー『汚れた顔の天使』(ジェームズ・キャグニー著、山田宏一・訳、出帆新社)にはそのあたりの事が書かれているのだが、ここで紹介したいのはキャグニーの話ではない。この本の後書きである。翻訳者の映画評論家・山田宏一さんが書いている後書き「ダーティ・キャグニー-後記に代えて」を初めて読んだ時、そこに書かかれていた〝伝説〟に思わず胸が高鳴った。

 『ワーナー映画五十年史/映画が私たちを作った』〔★1〕 という、WB(ワーナー・ブラザース)の社史のような未公開のフィルム・アンソロジーがあって、そのささやかな試写会が行われたとき、『ヤンキー・ドゥードル・ダンディー』のジェームズ・キャグニーが見事なタップ・ダンスを披露するシーンを見て、感極まった淀川長治さんが、思わず試写会の椅子から立ち上がって、いっしょに踊り出した、という伝説的なエピソードがある。
 「ほんとうですか?」と淀川さんにお会いしたときにたずねたところ、
 「大げさですよ、そんな。踊り出したなんて? ほんのちょっとですよ」
 とのお答えで、このはげしく完璧な〝同化〟を否定しはしなかった。
(『汚れた顔の天使 ジェームズ・キャグニー自伝』ジェームズ・キャグニー著、山田宏一・訳、出帆新社)
                                     ※〔〕内、ジャズ野郎註。



 マスコミ試写会というのは、ベテラン映画評論家の怖いセンセイや大手新聞社のウルサ型の記者さん、業界のお偉方が集まる厳粛な、ちょっとナーバスな場所である。そんなド緊張ものの所で、映画に感化されて〝踊り出した〟淀川さんを私は一も二もなく尊敬する。

 映画を観ていて、感極まる瞬間というのはいくらでもある。
 まして『ヤンキー~』はミュージカルだ。ミュージカルには唄って踊りたくなるような、ハイ・アンド・ハイな高揚感に突き上げられる場面が付きもの。歌唱シーンやダンスシーンの間はそんな、肌が総毛立つというか粟立つというか、頭の芯がジーンとする、胸ドキドキの、限りなくトランスめいた状態にはなるから、我慢できなくなって踊り出しちゃうのも判るけど、お堅いセンセイ方ばかりのマスコミ試写会ではねー。上映中、席を立つのだって気が引ける。

    なのに淀川さんは踊ったってンだから! 凄いよね。 <続く>


        『 LA LA LAND 』 公式HP : http://gaga.ne.jp/lalaland/



https://youtu.be/lV5XmoWC8Mo

 ■ 2月24日より東京・TOHOシネマズ日本橋、札幌シネマ・フロンティア、
            ユナイテッド・シネマ札幌ほかで全国ロードショー 配給:GAGA ■



★1 『ワーナー映画五十年史/映画が私たちを作った』 は1973年製作。ウエブサイト「KINENOTE」(http://www.kinenote.com/main/public/cinema/detail.aspx?cinema_id=73938)の解説によれば、

「 ワーナー・ブラザース映画創立50周年を記念して、その歴史を約100本にも及ぶ名作のモンタージュで構成したドキュメンタリー。1973年10月3日、東京・有楽町 朝日講堂で行われた「キネマ旬報東京ご愛読者特別試写会」にて上映。(以後、福岡、大阪、高知などで上映)」

 と言うことで淀川さんが参加したのはおそらく東京の朝日講堂だったろうから、〝踊り出した〟とすれば割と大きな会場で、という事になる。映画会社の狭い試写室ではないようです。

                   *****

 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
『 ラストシーンの余韻 』、紙の書籍で発売中!

ラスト表紙200  著者(発行者)・高村英次 価格2100円(税、送料とも込み)

 

 ◇ 廉価な電子書籍版の 『 ラストシーンの余韻 』 はこちらから
   ◆アマゾンKindleストア   AND   ◇楽天ブックスで発売中!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
夏フェスのお供に甘いスイーツを ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
9位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR