緊急コラム 番狂わせとミステイク - 決定! 第89回アカデミー賞   <最終回>

◆ 作品賞を獲得した『ムーンライト』のこと

ムーンライト350
▲高校時代のシャロン(アシュトン・サンダース)。『ムーン
ライト』、公開は3月31日 (配給:ファントム・フィルム)
(C)2016 A24 Distribution, LLC


 それはそうと、作品賞を逃した『LA LA LAND』。2度目の鑑賞でも十二分に感動して、帰り際、久方ぶりにパンフレットでも買ってみようかなと思い、売店に寄ってみたが、な、なんとパンフレットは売り切れていた! エー、マジ?! 公開は先週の金曜日(2月24日)からだよね、じゃ、その金曜、土曜、日曜でバババババッと売れちゃったってわけ?!

 凄い人気だなー・・・ま、それは判らないでもないけれど。

 そんな『LA LA LAND』を蹴落として作品賞を受賞した『ムーンライト』って一体どんな映画なんだ? 

 ・・・フフフ、実は先日、ひと足先に観たのだが、うーむ、確かに素晴らしい。誤解されるのを承知で言うならば、ラストカットなんてトリュフォー『大人は判ってくれない』(1959・仏)だよ。おそらく、虐められた少年の限りなくやるせない切ない心理というものをこんなに見事に描いた作品もないし、しかもそれがホモ・セクシャルに発展していく展開は意外に思えるかもしれないが、映画を観てるとまったく自然なことに思えてくる。

 しかも映画は主人公シャロンの苦痛なドラマを幼少期から始めていて、そのシャロンを<幼少期・青年期・成人後>と3人の別々の人物が演じていくのだが、その誰もが素晴らしい。
 特に素晴らしいのは、青年期、つまりハイスクーラー時代のシャロンを演じたアシュトン・サンダースだが、同じ人物を年齢に応じて3人が演じたから主演男優賞で選ぶとなると分が悪いって事になる。そのせいか、今回、3人のうち誰もノミネートされてない。

 逆に『ムーンライト』で助演男優賞を受賞したのは、その幼少時代のシャロンに優しく接し、いわば彼の〝育ての親〟的な存在となっていくヤクの売人を演じたマハーシャラ・アリ。この人、試写で観た時から「ア、これは獲る」と思ったね(もちろん、受賞が決まったから言うのだが)。ちょっとしか出ないんだが、妙に印象に残る顔なんだよなあ。それに受賞こそならなかったが、主人公のダメ母を演じたナオミ・ハリスも・・・。

 で、(これもまた誤解を恐れずに言うのだが)『ムーンライト』はある面だけ見ると、母親が自分の娘を情け容赦なく殴り蹴りつけて虐め続ける、観ているのが辛い愛憎劇の『プレシャス』(2009・米、リー・ダニエルズ監督)であり、度しがたく暗い人生転落劇でもあるわけで、こうした社会告発的側面を持った深刻な映画って、今までのアカデミー賞ではノミネートされることはあってもオスカーを授かる事はなかった。

 それが、これほどアメリカの映画人、つまりハリウッド人種に好かれる映画はないだろうと思われる『LA LA LAND』を押しのけて受賞する、ってのはどういうことだ? 

 ゴールデングローブ賞にならったのか? 

 確かにドラマ部門は『ムーンライト』で、ミュージカル・コメディ部門は『LA LA LAND』ってのが今回の結果だったが、それにしても解せない。 

 ま、その疑問を晴らすためには、『ムーンライト』を観てもらうしかない。だから是非、ご覧下さい。

 おそらくそこには、我々(日本人)の予想した通りの、〝下流ブラックの見捨てられたような過酷な日常〟と、我々の知らない〝人と人の温かい睦み合い〟がある。

 ・・・胸打たれ、心に染みる作品だった、『ムーンライト』。

       ★『ムーンライト』公式HPhttp://moonlight-movie.jp/

                   *****

 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの確執とともに描いた、
『 ラストシーンの余韻 』、紙の書籍で発売中!

ラスト表紙200  著者(発行者)・高村英次 価格2100円(税、送料とも込み)

 

 ◇ 廉価な電子書籍版の 『 ラストシーンの余韻 』 はこちらから
   ◆アマゾンKindleストア   AND   ◇楽天ブックスで発売中!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
19位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR