市川崑の金田一耕助シリーズ    Trouble with Kindaichi

 ちょうど昨年(2012年)の今頃、CSの日本映画専門チャンネルで市川崑監督の特集放映があり、そこで同監督の十八番というべき、石坂浩二主演の金田一耕助シリーズが連続放映されていました。いわゆる1970年代の“横溝正史”ブームの発火点たる『犬神家の一族』から『病院坂の首縊りの家』までの昭和の第1期(1976~1979年)、その後の『八つ墓村』(平成8=1996年)とセルフリメイクの最終作『犬神家の一族』(平成18=2006年)はシリーズというより単発作品という感じですが、ここをまとめて第2期、または平成版としてもいいかと思います。

 このシリーズはもう何度も見ており、事件の展開も犯人も知り尽くしているのですが、何故か見てしまいます……面白いから。で、見れば見たで、また新たな発見があるのです。
 シリーズ中どれが一番かというと、作品の質的からいっても、まとまりの良さからいっても、また殺し場の見せ方においてもやはり第1作目の『犬神家の一族』(昭和51=1976年)にトドメを刺します。市川崑ならではのケレン味たっぷりの映像表現が観客を圧倒的し、しかもお洒落で繋がりも良い。最近でも、どこかの車のCMで大野雄二さん作曲のテーマ曲「愛のテーマ」が使われていましたね、音楽もそれくらい有名です。

 第2作『悪魔の手毬唄』 (昭和52=1977年)は、物語が複雑なのと登場人物が多いのでその処理に追われ(それはどの横溝作品にも言えますが)、各シーンがパッパッパッと余裕なく進行し、ちょっと舌っ足らずにすら思えるところがある。つまりシークエンスの前後の余韻が少々足りないのです。ゆえに全体的に浅く感じられ、時には紙芝居っぽい感じにすら思える。
 しかし、そうしたシーン展開のめまぐるしさがあっても前作を上回っているのは、謎の連続殺人の本筋に併走した、岸恵子と若山富三郎の悲恋にある。岸恵子は、田舎の温泉宿の女将・青池リカに扮し、地味なまかない姿や割烹着で出て来るのだが、もうこんなに色っぽい女はいない、と思うようなセクシーさである。普通、どんなにきれいな女優でも、モンペを履いた田舎のおばさん姿になると、かなり老けて見劣りしてしまうものだが、岸恵子はそうはならない。逆に不思議と尖った色香が漂ってくる。
 ちょっと手元にその文献(当時の「キネマ旬報」)がないから、不確かですが、後の『細雪』 (昭和58=1983年)で初めて市川作品に出た吉永小百合が、岸恵子みたいに和服を着てみたい、というような事を言ったとか。岸の着方は、和服を前でラフに合わせ、裾の後ろがザックリ開いた感じになっていて、それは女郎の着方なんだ、とかそういう内容だったように記憶しているのですが(そう解説していたのは市川監督か、もしくは質問者の淀川長治さんだったかも)、『悪魔~』で岸恵子はそういう着方をしてないのだけれど、襟元にはいい色気がありますね。

 一方、その青池リカを慕うベテラン警部・磯川役の若山富三郎がこれまた渋い演技でもって唸ってしまう。彼が当時、フィールドとしていた東映ではついぞ見られない、奥の深い慈愛にみちた表情を見せ、ちょっと名優の域である。
 殺人事件が連続するという異常な状況下で、リカと磯川、この二人の距離感が縮まっていくようで、そうはならない。というか、これは磯川警部の一方的な片思いであって、この愚直な中年男の思慕が事件の推移と共にリカとスレ違っていくところが切ないのである。この切ない一点だけは『犬神家の一族』も敵わない。どうしようもなく暗い音楽もいい。

 有名な総社駅のホームにおけるラストシーン--金田一耕助と磯川警部の別れ--にいたっては、何も言うことはありません。列車の戸口に立つ金田一と磯川警部が別れの会話を交わす。磯川警部の後ろ姿が何度か映りますが、この丸い背中にいい情感が出ています。“背中”について昭和の大女優・田中絹代はこう言ってます。

 …(略)…絶えず背中の演技ですよ。それが映画というものの基本だったのです。映画演技は背中にあるとよく言われますが、その演技はなかなかできるものじゃないんです。
  (田中絹代、聞き手・滝沢一『INTERVIEW 映画の青春』京都府京都博物館編、キネマ旬報社)


 若山富三郎は、この後、木下恵介監督の『衝動殺人 息子よ』 (昭和54=1979年)やNHKのドラマ『ドラマ人間模様 事件』 (昭和53~59年)の好演で、それまでのアクション・スター(正確に言うならヤクザ映画のゴロツキ親分役)を脱皮し、仰ぎ見るような本物の名優になっていくのですが、その萌芽はこのホームのシーンにあり。チビたタバコを指でつまんで、まるで煙管を持つような感じで口に持っていく仕草には、初老官吏のいじましさと滑稽味があって、なんとも味がありました。

 あと、事件の背景に、サイレントからトーキーに移り変わる映画界の激変があって、洋画にスーパーインポーズ(字幕) が採用されて、それまで映画スター並みに人気があって花形的な存在だった活動写真(映画)の弁士、いわゆる活弁(サイレント映画の解説者)が廃業に追い込まれるという映画史的情況を描くために、スーパーが初めてつけられた映画『モロッコ』 (昭和5=1930年)の一場面が出て来ます。この挿入の仕方がたまんない。どこかモダンでお洒落で……こういうのをやらせると市川崑は“巧い”。この点では、黒澤明も木下恵介も市川崑に一歩も二歩も譲るような、“旨さ”があります。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
10位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR