謎のボヤケはハレーション?

 ただし先の【ボヤケの謎】で書いた「獄門島リテイク説」は、自分で提起しておいて何ですが、まったく当てにはなりません。というのは、この中央がボケやた望遠レンズでの映像は、この後の金田一シリーズにも出てくるからです(!)。もしも、このボヤケが入った望遠レンズの画がNGだったなら、二度と出てこないハズですが、これがちょいちょい顔を出してくる。

 特に、金田一シリーズ第1期の最終第5作『病院坂の首縊りの家』(昭和54=1979年)では、題名の“病院坂”という長い坂道(東宝砧撮影所がある成城のそばの岡本町で撮影)をテクテクと上り下りする金田一耕助やそこを下ってくる人力車を捉えた超ロング・ショット等において、そのボヤケが散見できます。だからこれはもう“わざと”このボヤケ・カットを使っている事が明白、ゆえにこれは“効果”なのでしょう。

 余談ですが、ジャズ野郎も学生時代に16㎜の自主映画を撮った経験がありまして、その時、セットの芝居を望遠レンズで撮るという黒澤作品の“故事”に倣って、わざわざ望遠レンズをもってきて外景シーンを撮った事がありますが、確かに“長い玉(長焦点レンズ)”を使うと中央あたりがややボヤけたような記憶もあります。だからボヤケは望遠レンズの特性なのかもしれませんけれど……ただ私めの場合は、撮ったキャメラマンの腕が悪かったからだろう、と今も思ってますが。いや、あれはもしかすると、ハレーションが入り込んだのかも……とすると『獄門島』や『病院坂の首縊りの家』のボヤケもハレーションか。

 いずれにしても、監督の市川さん、撮影した長谷川清さんも亡くなってますから、ここのところを確認できないのが残念です。市川崑関連の書物も漁って調べていますが、なかなかそこまでは書いてない。どうでもいいといえば、どうでもいい部分ではありますが…。

 誰かご存知ならば、教えて下さい。
              ↓
              ↓
※ とかつて書きましたが、最近読んだ 『映画撮影とは何だ』(平凡社) の 映画キャメラマン・五十畑幸勇 へのインタビューの中にこの答えと思しい記述がありました。以下に。

〔市川監督は〕 望遠が好きで、フル・ショットで撮ります。その時の人物の配置が絶妙なのですね。望遠レンズの被写界深度に入っていればパン・フォーカスに近くなり、黒澤さんはそのままカチッと撮り、ハイキーに近い映像が好きですが、市川さんの場合、絞らずに前後をボカす。開放にして柔らかく軟調で撮る。
  (『映画撮影とは何か キャメラマン四○人の証言』 山口猛・編、監修・佐々木原保志、平凡社)

〝市川さんの場合、絞らずに前後をボカす〟・・・というわけで、ジャズ野郎が気になっていたボヤケは、効果、つまりわざとああいう画面を好んで入れていた、という事のようです。永らく市川組付きで『おはん』で撮影監督としてデビューし、以後の市川作品を担当した五十畑キャメラマンの証言だから、間違いない、でしょう。


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
24位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR