松竹の監督系譜-蒲田(大船)調の行方 <その2>

◆ 川島組に入って優秀さを発揮  

 野村芳太郎と川島雄三の縁を取り持ったのは、当時、チーフ助監督だった 西河克巳 である(下記で引用した自著の中で、西河さん本人がそう言っているのだから「間違い」はない・・・ホントを言うと、こういう本人発言には結構「間違い」もあるのだが・・・)。
 当時、川島監督は 『シミキンのスポーツ王』 (昭和24=1949年)の後、約1年干され、次に撮った 『夢を召しませ』 (昭和25=1950年)でまた干される、という状態であり、松竹上層部から“問題児”扱いされていた。川島は、例えば会社から渡されたシナリオを全く違うストーリー(プロット、あるいは原作まで変えて!)に改変したり、当時コメディに傾倒していたから、話の合う助監督の 柳沢類寿 と組んでは映画に下らないギャグや身内(川島組スタッフ)しか分からない楽屋ウケのジョークを盛り込み、おふざけタップリの、ほとんど支離滅裂なナンセンス映画を撮っていたからだ。

西河 ほされていた川島雄三が復帰第一回の『天使も夢を見る』という作品に取りかかろうとしていたんです。ところが、復帰の条件に
「助監督の柳沢類寿と野口博志をはずして撮れ」というのがあった。
川島の失敗を会社のほうでは柳沢と野口のせいにしたわけですね。
「あの二人がついているから、いけないんだ」と。
西河 …(略)…それで川島に、〔助監督に〕野村芳太郎はどうだとすすめたんです。川島はイヤだというんですね。野村芳太郎君は特別な助監督で、なにせ撮影所の真ん中に銅像が立っている人の子供でしょ。
 父親の芳亭さんが所長でしたから、いろんな意味で敬遠されていたんです。でもぼくとは、ぼくが観光映画を撮ったとき助監督だったんで、親しかったんです。
 それで、スタートはぼくがヘッドにつくから、と言って川島を説得し、野村君がひきつぐというかたちで始めたんですが、ところがこれが意外に、ウマがあったんですね。それから川島雄三が日活にかわるまでは、ズーッと野村君でやりました。


 川島は、この後、昭和29年(1954)に映画製作を再開した(後に裕次郎ブームで隆盛する)日活に移籍して松竹を去るのだが、芳太郎は川島作品 『天使も夢を見る』 (昭和26=1951年)から川島組に加わって川島に付き、映画作りのノウハウや映画監督としての〝身過ぎ世過ぎ〟を会得したと思われる。

 野村芳太郎君という人は、大変な能吏なんです。川島雄三みたいなダラダラした人には、非常によかったんですね。それ以後川島雄三は〔松竹大船で〕年に何本も撮るという。プログラムピクチャーの代表選手みたいになるわけですが、それは、野村君にとっても大変よかったわけですね。川島のデタラメといいますか、才気横溢といいますか、それが彼にとって良かったようですね。川島が松竹をやめた後、野村君が川島路線を受けついでいます。触発されたんでしょうね。川島の影響は強かったんでしょうから……。
    (以上『西河克巳映画修業』西河克巳・権田晋、ワイズ出版) ※〔〕内、ジャズ野郎註。


 西河監督のコメントから察するに、撮影所内での野村芳太郎はルーズさがなく、頭脳明晰で、臨機応変に現場処理をする助監督だったという事になる。しかも芳太郎は、松竹キネマ創業からの大監督でかつては所長も務めた人の息子でありながら、偉ぶったところがなく慎ましかった という。これはつまり「金持ちのお坊ちゃんで性格が良かった」というわけだから、世間にはなかなかいないタイプの逸材であったということである。

 また、昔から撮影所に住んでいてカツドウヤ気質なるものに通じていた芳太郎だから、
「将軍さんの息子を鼻に掛けるようなことをすれば、徹底的に苛められる」
と撮影所人種の心理が読めていて、自重する事を心掛けていたのかも知れない。

 ともかくその逸材の、本来本流にいるべき野村芳太郎は、皮肉なことに当時の大船では本流からアブレた、いわば傍流にあった川島組につくのである。
 では、その松竹の本流とは何か・・・それは次号(明日)を待て。 〔続く〕


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

軽~い気持ちで見たいものです。

お返事ありがとうございます。どうやら『ラストスタンド』、気に入っていただけたようですね。あまり目くじらを立てず、優しい気持ちで映画を見たいものです。入場料を払って見る場合、そうもいかないですが・・・。おそらく、次の新作アップ(紹介)は、スタローン+ウォルター・ヒル(久々のヒル・アクションです)の『バレット』。でも、『ラスト~』と比べて、アレなんで、紹介しようか、どうしようか、今、思案中です。同様に、木下恵介監督の若き日を描いた『はじまりのみち』も・・・とにかく木下の『海軍』は見たくなりました。

サトーくんが褒めてたので「ラストスタンド」観ました。さすがです。今年のあくしょんものは今のところ『アウトロー』とコレですよね。

The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
駆け足でやってきた秋、甘味満喫 ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
20位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR