新作プレビュー  『終戦のエンペラー』

◆〝耐え難きを耐え、忍び難きを忍んだ〟一枚の写真の物語

 〝エンペラー〟とは、日本の天皇、つまり太平洋戦争で日本の敗戦をラジオで呼びかけた昭和天皇のことで、この映画はその昭和天皇がいかにして〝戦犯〟を免れたか、を描く大作です。天皇の戦争責任とか、進駐軍がいかに日本を占領統治し、戦後の日本の道筋をつけたか、という小難しいテーマは評論家センセイに任せますが、そういう事よりもジャズ野郎は『真珠の首飾りの少女』(平成16=2004年)で注目された ピーター・ウェバー 監督(イギリス人)が、つまり外国人が日本の終戦をどのように描くのか、それに興味があって試写を見たわけですが・・・。

 こういう事を言うとアレですが、史実に基づきながらフィクションを織り交ぜて慎重に描いていく語り口はまるで「NHKスペシャル」のようで、判りやすい。フィクションというのは、〝天皇が戦争を始めた首謀者である〟という事実がないことを調べさせられる、フェラーズ准将(マシュー・フォックス)と日本人女性・アヤ(初音映莉子)のロマンスの事ですが、こういう甘い話もないと終戦直後の話だけに映画全体が殺伐とした暗いムードで塗りつぶされてしまうから、まぁ、アクセントとしては必要かもしれません(進駐軍の米兵に身体を売って稼いでいた日本女性の娼婦街なんか出て来ますが、そのバラック内部の装飾などがどことなく中国っぽくて・・・奇異な感じがしましたが)。

 しかし、建国以来初めての敗戦、というショックに直面した当時の日本の状況は、もっともっと混迷と混乱、失望と悲惨と飢えに満ちていたハズだから、こんなにスッキリと語られる物語ではなかったのでは? という気もする。
 とはいえジャズ野郎は戦後18年も経ってから生まれた〝戦争を知らない子ども〟でやんすから、まぁ、そんなにエラソーなことも言えない。実際、終戦についての映像的イメージは、当時の記録映像や日本の戦争映画に依るものでしかないわけで、この当時の事は関連書などを読んで追想するしかない。
 
 そんな物識らずのジャズめが見ながら思ったのは、先日の〝従軍慰安婦〟発言で物議を醸した方とか、今も米軍基地に苦しめられている沖縄の人達、または中国、韓国といった〝今そこにある適性国家〟の人達はどのように、コレを見るかなぁ、という事。
 特に、クライマックスの、というか、この一枚の写真のためにこの映画が作られたわけですが、例のマッカーサー元帥と昭和天皇の2ショット写真。コレが撮られるまでの山あり谷ありの軌跡が、『終戦のエンペラー』のストーリーなんですが、要するに天皇がマッカーサーに言う〝私はどんな責任も負う、その代わり日本国民を助けて下さい〟という意味の心情吐露--コレ、日本人なら泣けますが、中・韓の国民はどう感じるのか・・・ただの責任逃れ、と見るか、泣き落としと見るか・・・それを考えると気が重くなる。

 戦争は攻めた側と攻められた側じゃ、感じ方が180度違うのは当たり前で、それが180度もうひと回りして、同じ観点に立って、ようやく互いの心情がわかり合えるみたいに思います。実際、アメリカと日本はそんな感じになってるわけですが(完全にそうなってるワケじゃないけど)、中・韓ともそうなる日が来るのかな・・・なんて見ながら思いましたね。

 あと、途中で、天皇の敗戦の詔(みことのり)を録音した〝玉音盤〟を巡って、日本軍の青年将校がクーデターを起こし、皇居を占拠する、という大宅壮一のルポ 『日本のいちばん長い日』 で詳述された有名な事件がチラッと描かれます。
 コレは昭和42年(1967)に 岡本喜八 監督によって、東宝創立35周年記念大作として映画化されていて、ジャズ野郎が最も好きな(岡本)映画です。皇居内に侵入した反乱軍の手を逃れ、すったもんだの果てに放送局に届けられた玉音盤。コレを放送で流そうとする(昭和20年)8月15日の正午直前、その玉音放送を護衛した 井川比佐志の中尉 が、突然、いきり立って軍刀を振りかざし、

「終戦の放送などさせてたまるか! 奴らを皆叩き斬ってやるッ!」

と叫んで放送スタジオに乱入しようとする。即座に中尉は周囲の兵に制止される。と、中尉の手から軍刀がもぎとられ、それが廊下にカタンと堅い音をたてて落ちた瞬間、画面は時計にきり変わって、正午を示す時報がポ~ンと鳴り響く・・・この一瞬の快感ったらない。

 ジャズ野郎はこの一瞬を見るために、上映時間2時間38分の『日本のいちばん長い日』のビデオを、終了と同時に巻き戻して頭から見直しました。同じ作品を見終わって、すぐにまたド頭から見直す、という〝連続2度見〟をした作品は、この『日本のいちばん長い日』だけです。ま、『終戦のエンペラー』とは関係ないですが(それに井川比佐志の中尉の件は『終戦~』には出てきません、念のため)。

 ただ〝終戦の放送などさせてたまるか!〟という想念(思い)は、当時の日本国民の素直な心境-〝やっと戦争が終わった、よかった〟-とは背離しつつも、確かにこの8月15日にはあった。
 その8月15日が今年もやってくる。その日を迎える前に・・・『終戦のエンペラー』は、我々が見ておくべき映画、ではあるかもしれない。

          ■  7月27日より全国一斉ロードショー  配給:松竹  ■


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


新作プレビュー 『31年目の夫婦げんか』

◆ 熟年から老年へ--♂(オス)も♀(メス)もともに悩む・・・

 〝宇宙人ジョーンズ〟ことトミー・リー・ジョーンズと、〝鉄の女〟サッチャー元英国首相役でのオスカー受賞の記憶も新しいメリル・ストリープが、夫婦ってのも凄いが、この二人が慢性化した夫婦生活を改善しようと〝けんか〟しまくるアメリカン・コメディ。

 夫婦げんか、と言ったって 『ローズ家の戦争』 (1989年)みたいに暴力的なバカ騒ぎ(バトル)をやるわけじゃ、ありません。子供も育て上げたベテラン夫婦、でもその日常生活は無味無臭、無刺激の〝空気〟みたいな関係・・・。メリル扮する妻ケイは、まだセックスをしたいのだけど、夫の アーノルド (トミー・リーね)の方はアッチの元気がないから、ソファにひっくり返ってゴルフ番組なんかを見ている方が(体力を使わないから)いい。
 ケイはそんなエッチも、刺激も、愛もない日常がたまらなく嫌! だから嫌がるアーノルドをひっぱって、1週間の 〝カップル集中カウンセリング〟 (まぁ、愛の「合宿免許」みたいなもんですか)に連れて行く。

 ココで出て来るのが、アイツです、 スティーヴ・カレル ! スティーヴ・カレルで分かんなきゃ、〝40歳の童貞男〟クンですよ。あのお目々パッチリな、清廉潔白ヅラがなんとも可笑しいこの人が、
「…で、昨日、私が言った通り、オーラルSEXしてみましたか?」
なんて際どくカウンセリングしちゃうところが、超可笑しい!
 〝40歳の童貞男〟のどことなくマヌケな、クソまじめキャラで売ってるカレルは、本来ならカウンセリングされる側で登場してくるハズなのに、そこを逆手にとってのこのキャスティング! 見事です。ジャズ野郎はこの人が出て来るたんびに笑ってました。

 笑えるといえば、トミー・リーですな。もう精力が減退して、ものぐさなオヤジに堕したアーノルド--始終、〝股間を押さえてうな垂れる〟みたいなショボくれたポーズが可笑しいし、カレルに性的な質問をされて激怒しちゃったりするあたりの大人げなさ&情けなさには失笑。初老オヤジ(熟年オヤジとは呼べません)のモノ哀しさがよく出てる。
 この映画の試写を観た翌日が 『終戦のエンペラー』 の試写会ですよ。で、見たら、なんとトミー・リーは(〝男の中の男〟の )マッカーサー元帥 をやってんですからね! まー、さすがに〝役者〟でやんす。

 アーノルドは、妻のケイにこういうエッチをして欲しいと要求するけど、ケイはどうしてもソレは嫌だ、と拒否したり、いわゆる「老年からの幸福なSEX講座」みたいな部分もあって、なかなか生々しいのだけれど、これはそれこそ同世代の老年世代が見ても楽しいし、中年の方々はもちろん、20代や10代(PG-12って鑑賞制限されてますが)の若い人が見ても楽しめるように出来てるように思う。
 セックスをネタにして笑わせるけど下品に扱ってはいない。それよりも、今は自由にやれてる事(?)も年を取れば、こうなっちゃうんだゾ、みたいな教育的な面(?)もあるし、それじゃあ、結婚って何? 愛情って何? といったところにまで手が届いている。
 こういう題材を扱って、こんな風に描けるのがアメリカ映画の大らかさ、知性ですな(監督は 『プラダを着た悪魔』 〔2006年〕の デヴィッド・フランケル 。優秀ですね、この人)。

 加えて、メリル・ストリープがなかなか〝可愛い〟。ジャズ野郎は、長編テレフィーチャー 『ホロコースト/戦争と家族』 (昭和53=1978年)あたりからこの人を見てますが、演技は巧いかもしんないけど、美人だとか可愛いとか思った事は一度もなかった。
 でもこの映画の中のメリルは、年甲斐もなく〝萌え〟ちゃってイイんですよね。この歳になっても、まだちょっと〝ときめきたいの〟てな感じで頬を赤らめたり、自分で自分を慰めちゃうあたりの〝楚々〟(?)とした感じが、なんか可愛いんです。エロくはない、可愛いんですわ。
 あんな国家を代表する女首相を演っておいて、ここでは夫を取り戻そうとするけなげな主婦役ですもんね・・・やっぱメリルも〝役者〟だわ。

■全国順次公開中 ◇札幌では8月31日よりシアター・キノにてロードショー 配給:ギャガ  ■


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





新作プレビュー  『 ブロークン シティ 』

◆ 大都会の邪悪なプリンス(市長)を虫ケラ探偵が蹴り上げる!

 CIAやNSA(国家安全保障局)、もしくは警察絡みの陰謀・汚職モノは、少なくても毎年1、2本は公開されているけれど、この『ブロークン シティ』は筋立てから何から、どこか 〝懐かしい〟 感じ。懐かしい、ったって〝古い〟ってわけじゃない。そういうジャンルをよく手がけていた シドニー・ルメット 監督の警官(検察)モノや内幕暴露映画の匂いがするんですよね。だから、見ていて「あー、こういうの、久しぶりだな」って気になる。
 先にも言ったように、毎年、コレと同種ジャンルの作品は公開されているんで、久しぶりもなにもないんですが、その〝懐かしさ〟は採り上げるジャンルの共通性ではなくて、きっと不正(悪)を憎む正義感の熱さ、その熱量がルメット作品と同じ、ってことだと思うんです。

 都会派サスペンスらしく、お話は コンプリケイテッド --こみ入ってて、複雑である。

 レイプ犯を射殺した警官のビリー(マーク・ウォールバーグ)は、その犯人が未成年の黒人だったから射殺の合法性を巡って裁判にかけられる。結局、無罪になるが、ニューヨーク市長のホステラー(ラッセル・クロウ)に説得され、警官は辞めることに。
 7年後、浮気調査で糊口をしのぐようなケチな私立探偵に堕ちたビリーは、市長選のまっただ中、ホステラーに極秘に呼び出される。彼の依頼は、市長夫人、つまり彼の妻・キャサリン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)に浮気の疑いがあるから、その現場を押さえて相手の男を突き止めろ、というもの。たったそれだけの事なのに、調査費は超高額! 普通なら「コレ、ちょっとおかしいゾ?」と勘ぐるところだが、ビリーの探偵事務所が金欠で左前だって事が、この依頼シーンの前にちゃんと描かれている。だからビリーが市長からの浮気調査を二つ返事で引きうける〝心理〟に無理がない・・・今ハリウッドで注目されている、この映画の脚本家 ブライアン・タッカー は、弱冠25歳だそうだが、最近は玄人のシナリオライターでもやらない、前フリや前セツの〝コマ〟をちゃんと振っておいて話を進めておる。なかなか優秀ですな。

 で、ビリーはキャサリンの浮気相手を突き止めるのだが・・・とこの先を話しちゃうと映画を見る愉しみがなくなるので止めますがが、まぁ、二転三転。ビリー、アンタ死ぬ気かい? ってトコまでグイグイ押していく。監督はジョニー・デップの『フロム・ヘル』(2001)、デンゼル・ワシントンの『ザ・ウォーカー』(2010)を手がけた アレン・ヒューズ 。ルメット監督のようなシャープさがあり、またルメット監督になかった「権力の暗部をモヤモヤと匂わせる、思わせぶりな余韻」もやはり、ない(!)。
 そう、明晰なんですよね、とにかく。だから「暗部のモヤモヤ~」が好きな人には、この明晰さは、どう映るか。

 しかしワルの市長ホステラーを演ってるのが、身ぶりがデッカい ラッセル・クロウ ゆえに「明晰」にしかならないってトコもある。タフな善的ヒーローも、ワルな暴君マッチョも演じられるクロウだから、そのワル(悪行)はいくら裏に押し隠そうともクリア(明晰)に前面に出て来ちゃう・・・。しかも今回のクロウはやたら堂々としていて、まさに悪の権化的なムード。ちょっと大げさに言えばマーロン・ブランドみたいな感じです。
 対するビリー役の マーク・ウォールバーグ も最近、良かですね。デビュー当時は線が細いと思ったが、『ザ・ファイター』(2010)あたりから、〝男〟を演じるツラに翳りと本気が混じってきた。今回の役柄(落ちぶれた探偵役)、ジャズ野郎はとってもイイと思うんで、是非ともコレ、シリーズ物にして欲しいですね。探偵事務所の紅一点、秘書の ケイティ と込みで。

 このケイティを演じているのは アロナ・タル といって、『メンタリスト』『モンク』『スーパーナチュラル』などのテレビドラマに出ていたキュートなブロンド美女、ちょっとスカーレット・ヨハンソン似。
 タル演じるバイトの女子大生みたいなケイティが、恋人に去られ、窮地に陥っていくビリーを側面から支えるんだが、その〝やる気があるんだか、ないんだか〟な態度と、〝でもビリーには尽くす〟といった恋愛関係の(まだ)ない、つかず離れずの関係がささくれた ニューヨークの裏街に光を差している かのようで、なにかとっても良かったネ。

■ 10月19日より新宿バルト9、ユナイテット・シネマ札幌ほかにて全国ロードショー 
                                     配給:ショウゲート ■



< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





新作プレビュー  『 42  世界を変えた男 』(1)

◆ 人種差別という<イジメ>に立ち向かった、魂の物語!

 本日10月25日から11月4日まで、【名作・迷作探訪】の連載を中断し、〝秋の新作プレビュー・ウィーク〟と題して、お気に入りの新作2本をご紹介。まずはコチラ・・・。

                  *****

 毎年、 4月15日 になると全メジャーリーガーは同じ背番号のユニフォームを身につける。その番号 - 42 -。
 その日は、アフリカ系アメリカ=黒人が初めてメジャーリーグのグランドでプレーした日であり、その黒人選手 ジャッキー・ロビンソン を讃えるための記念日である事は日本でもよく知られている。ロビンソンの話はそれほど有名なんで、伝記映画が出来た、と聞いた時は「今さら映画化?」という気もしないではなかったが、人種差別に立ち向かった男の忍耐と闘魂の物語だから、見れば、そりゃ、胸熱くなる話ばっかで、もう何回泣いたか・・・。

 それは起こるべくして起こったのであり、誰かが傷つかなければならなかったのだ。

 から始まる作家 ウィルフリッド・シード のコラム 「 一番、セカンド …… ジャッキー・ロビンソン 」( 常盤新平訳、『「エスクァイア」 アメリカの歴史を変えた50人 (上) 』 新潮社) の中に、ロビンソンが下部リーグからブルックリン・ドジャーズに昇格した当時の状況がこんな風に書かれている。

 南北戦争後の南部諸州再統合以来の反動的な運動によって、爪はじきされ、踏みつけにされ、殴られ、唾を吐きかけられながら、ジャッキーはキリストに似た我慢のこころをもって黒人選手の重荷を一身に背負った。百人のハンク・アーロンが素質を開花させることができるくらいの苦労に、二年以上も耐えた。その間、彼は私たちにとって公民権運動そのものだった。  

 文中の〝ハンク・アーロン〟をまさか知らない人はいないと思うが、しかし、今の若い人達は田中角栄も知らないっていうから、ちょっと説明しとくと、今、ソフトバンク・ホークスの球団会長である〝世界のホームラン王〟、王貞治さんがホームランの世界記録(打った本数)を塗り替えるまで、その座にいた人。いや、アメリカではおそらく今でも〝世界のホームラン王〟扱いされているのがアーロンで、そのアーロン百人分の苦労をロビンソンはたった一人で耐え忍んだ、というわけである。『 42 』で描かれるのは、その〝傷つかなければならなかった誰か〟の壮絶なる苦闘のドラマである。まずは粗筋をば--。

〔 第二次大戦が終結した1945年、ブルックリン・ドジャースのやり手会長ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、グランド内での黒人差別の撤廃と観客数の増加を目論み、足の速い黒人選手ジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)を黒人リーグから傘下のマイナー・チームにひっぱってくる。当時は、黒人は白人と同じ職場で働いてはいけない、同じ施設を使ってはいけない、といった人種隔離策を公認したジム・クロウ法が、南部には厳然としてあった(1876-1964年、施行)。
 しかし、リッキーは敢えてロビンソンをメジャー・リーグの大舞台に立たせるために、彼を加入させたのだ。バッターボックスに立つ前から、敵・味方より強烈なブーイングを浴び、わざと顔にビーンボールを投げられ、ロッカールームでも差別的扱いと言辞を浴び続けるロビンソン。
 2年後、その活躍が認められて、ドジャースに昇格し、黒人選手として晴れてエベッツ・フィールド(ドジャースのNY時代の本拠地スタジアム)の土を踏むのだが、そこでも観客や敵チームから猛烈なヤジとブーイングを浴び、チームメイトからも白眼視を受ける。
 しかしロビンソンは、リッキー会長から厳命された〝やり返さない勇気〟の心を忘れずに、ダイアモンドを駆け回る。そんなロビンソンの姿に、チームメイトの一人一人が考えを変え、彼と心を合わせていく・・・ 〕


 なんだかストーリーを書いてるだけで泣けてきますな。
 ロビンソンを演じる チャドウィック・ボーズマン は、容姿がロビンソンとクリソツってことで抜擢された若手の俳優さんですが、その芸歴のスタートは演劇畑で、そこで劇作も演出もやってきた才人。本格主演は今回が初めてですが、〝やり返さない勇気〟を黙々と演じてます。ロビンソン本人よりも、ちょっとだけハンサムですけどね。  〔続く〕

■ 11月1日より東京・丸の内ピカデリー、札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか全国ロードショー 配給:ワーナー・ブラザース映画 ■


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >





新作プレビュー  『 42  世界を変えた男 』 (2)

◆ ロビンソンをいきなり殴りつけたリッキー!

 『 42 』はメジャー初の黒人大リーガー、ジャッキー・ロビンソンの苦闘の物語と同時に、彼をメジャーに引っぱってきた偉大なる会長 ブランチ・リッキー の挑戦の物語とも言えます。リッキーとドジャースについては映画評論家の 川本三郎 さんが見事な解説を書いております。

 ドジャースはニューヨークの下町のチームだった。同じニューヨークに本拠地を持つヤンキースがマンハッタンのWASPに人気があったチームとすれば、ドジャ-スはアイリッシュや黒人らマイノリティに支持されていた。組織的な常勝チーム、ヤンキースが巨人とすれば、ドジャースは阪神のような存在だったといえばいいだろうか。
 
 そう、ドジャースは今でこそロサンゼルス・ドジャースだが、もともとはニューヨークはブルックリンにあった下町のチームであり、ドジャースの〝DODGER〟はブルックリンを走る路面電車にぶつからないように〝身をかわす人(トローリー・ドジャース)〟からきている・・・と、こういう細々したことを書いているとキリがないのでやめますが、そのリッキーを映画ではあの ハリソン・フォード が演じてます。うーん、どうでしょう、太っ腹なリッキーに見えますでしょうか? (ついでにハリソン、本作の製作にもかんでます) 

 ブランチ・リッキーはジャキー・ロビンソンのその過去に注目した。そして一九四五年の八月、球団事務所にジャッキーを呼んだ。面接試験である。

 文中の〝その過去〟とは、テキサスで白人兵士とケンカしてブタ箱にぶち込まれたロビンソンの武勇伝のこと。普通、そうしたトラブル持ちの選手は敬遠して、より穏健な人材を選ぼうとするものだが、そこは過去に監督も経験しワールドシリーズを制覇したリッキーだ。むしろそうした血の気の多い人物の方が、世間の囂々たる非難や迫害に耐え得る肝っ玉を持っていると読んで、ロビンソンに白羽の矢を立てた。
 リッキーは〝面接試験〟でロビンソンに差別的な発言や嫌がらせに、暴力で応じないこと(やり返さない勇気)を切々と解き、その終わりに--

 そしてブランチ・リッキーは椅子から立ち上がるとジャッキー・ロビンソンのところにいき、自分を見下ろしている黒人の大男の右頬をいきなり殴りつけた。
 殴られたロビンソンはにやりと笑っていった。
「私には頬がもうひとつあるのをお忘れですか」。
 それでジャッキー・ロビンソンのドジャース入りが決まった。
                    (以上、『スタンド・アローン』川本三郎、ちくま文庫)


 引用しておいてなんだが、この〝殴る〟件は映画には出てこない。出てこないのに何故紹介したか、というとお話として面白いからである。それに、『 42 』について書いてるのになんですが、ジャズ野郎は劇中で描かれるロビンソンの苦闘をあまり紹介したくないのです。
 なぜならば、そのロビンソンの物語は、その目で、スクリーンで、実際に見てほしいから・・・なんです。

 監督は、クリント・イーストウッドの『ブラッド・ワーク』(2002)、『ミスティック・リバー』(2003)のシナリオを書き、秀作『L.A.コンフィデンシャル』(1997)でオスカーを受賞し、時々監督もする ブライアン・ヘルゲランド が担当。今も全米各地に残る1940年代当時のクラシックなスタジアムをロケ場所に使っているから、

               ♪ 私を野球に連れてって ・・・♪ 

 といったレトロなイイ雰囲気が出ています。       〔続く〕

■ 11月1日より東京・丸の内ピカデリー、札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか全国ロードショー 配給:ワーナー・ブラザース映画 ■


< 『祇園の姉妹』や『浪華悲歌』で日本映画にリアリズムを打ち立て、
  『西鶴一代女』『雨月物語』などの名作を放った溝口健二の人生を、
  伊藤大輔・小津安二郎・黒澤明などのライバル監督&スタッフとの
  確執とともに描いた、
        『 ラストシーンの余韻 』 〔電子書籍版〕、
                アマゾンkindleストアから発売中! >


The Food Court ♪

いっぱい食べるキミが好き~ ♪♪♪

SPORTS & CASUALS ♪

いっぱい遊ぶキミが好き~♪♪♪

お役立ちエリア ♪

ナイスな便利グッズ&サービスをご提供!

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

『 ラストシーンの余韻 』 発売中!
映画ライター・高村英次、初の書き下ろし長編 『 ラストシーンの余韻 酒乱と失態、女難と頑迷、監督・溝口健二の狂おしき人生 』

高村英次

Author:高村英次
電子書籍版はアマゾン Kindleストア 及び 楽天ブックスから、紙の書籍版は製本直送.comより発売。直近の各コラムの末尾にある発売告知から販売サイトに遷移、またはポップアップ画面が出ますので、そこで購入できます。 

< プロフィール >
血液型:A型
趣味:サイクリング&ウォーキング&クッキング、デジカメでの写真・動画撮影
好きな場所:札幌ドーム、中島公園、中央図書館、豊平川
好物:コーヒー、ジンギスカン、スープカレー、ラーメン、「ロイズ」のソフトクリーム、「シャトレーゼ」のアイスバー・ピュルテ(塩キャラメル味)、びっくりドンキー、はま寿司、セイコーマート

My Blog Visitors
CAT TIME !
Calendar

Le TAO ♪
春の光だ、マチに飛び出せ! ・・・ ルタオです ♪♪♪
FC2 ブログランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
映画
229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
8位
アクセスランキングを見る>>
リンク
最新記事
松尾ジンギスカン ♪
北海道の郷土料理にしてベスト!
カテゴリ
月別アーカイブ
リーズナブルな旅をご案内 ♪
書を捨てよ、旅へ出よう~ ♪
Amazon DVD RANKING
イチバン人気の映画をチェック!
検索フォーム
最新コメント
MAIL BOX
名前はハンドル名でOK、文面は公開しないので、お気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
QRコード
QR